{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

異分野交流(大正7年2月3日、当地(東京都大田区山王一丁目)の長谷川潔邸に15人の芸術家が集う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長谷川 潔邸に集った面々 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『長谷川 潔の世界(上)渡仏前』(有隣堂)

 

大正7年2月3日(1918日。 当地の長谷川 潔邸(東京都大田区山王一丁目)に、若い芸術家15名が集いました(上の写真)。

邸内に稲荷社を建てるので集まってね(以下、「稲荷まつり」)、というのが名目だったようですが、そうそうたる顔ぶれです。この後、文化面で重要な仕事を残していく人たち。

興味深いことに、洋画家もいれば日本画家もいて、詩人も歌人も美術評論家も音楽評論家もロシア文学者も浮世絵研究家もいます。当時、異分野の芸術家たちが盛んに交流したようです。

日夏耿之介(27歳)と柳沢 たけし (28歳)と長谷川 潔(26歳)文芸同人誌「仮面のメンバーで、大田黒元雄(25歳)と長谷川は大正4年から大正6年まで当地(東京都大田区山王一丁目)で催された「ピアノの夕」のメンバー小林古径(34歳)川端龍子(32歳)長谷川は大正5年から当地の「望翠楼ホテル」(東京都大田区山王三丁目)で催されていた美術展「木原会展」のメンバーです。堀口大学(26歳)は「望翠楼ホテル」に逗留しており、そこで「木原会展」のメンバーと親しくなったようです。長谷川はどの会にも参加していて、「稲荷まつり」の会場が長谷川邸というのが象徴するように、長谷川が彼らを結びつける役割を果たしたんだと思います。

上の写真でそれぞれがあっちこっちを見ているのが面白いです。集いつつも、一つの考えに簡単には くみ しないぞといった強い意思が感じられます。芸術論が激しく交わされたのではないでしょうか。

中原中也

異分野の芸術家の交流が盛んだった当時をふりかえって、長谷川が次のように書いています。

・・・当時私の居をかまえていた大森の山手は、画家、文士、詩人、歌人、音楽家などが騒然と起居往来する一個のパルナス的中心であった・・・

と。パルナス(Parnassus)とは、アポロとミューズの魂が宿るとされるギリシャ中部の山で、文人らが神聖視したところ。転じて、「文壇」や「芸術界」を指すようです。「我らが芸術界の急先鋒」との自負はあったのでしょう。

こういった異分野交流の結実なのでしょう、この大正7年前後に、異分野のコラボレーションが強く意識された作品が複数生まれています。

上の写真にも写っている日夏耿之介も堀口大学も、第一詩集の装丁を長谷川に託しています。日夏の第一詩集『転身の しょう 』は大正6年発行で、堀口の第一詩集『月光とピエロ』は大正8年。詩人が装丁をアーティストに単に依頼するというのではなく(今は編集者任せの詩人が多い?)、両者(詩人とアーティスト)が対等に一冊の本を作り上げるといった意識だったのではないでしょうか。

長谷川は文芸同人誌「聖杯」の表紙絵制作で版画家としてのキャリアをスタートさせています(大正2年21歳)。

------------------------------------------------------

北原白秋

北原白秋(33歳)も「稲荷まつり」に参加していますが、10年前(明治41年)から明治43年まで「パンの会」という異分野の交流会を牽引していった経験が白秋にはあり、アドバイザーとして誰かが連れて来たのかもしれません。

「パンの会」の様子。右で三味線を弾いているのがこの絵を描いた木村壮八で、その左で頬づえついているがの谷崎潤一郎で、その左で立ってスピーチしているのが小山内 薫とのこと ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 出典:『明治文学アルバム(新潮日本文学アルバム 別冊)』 パンの会」の様子。右で三味線を弾いているのがこの絵を描いた木村壮八で、その左で頬づえついているがの谷崎潤一郎で、その左で立ってスピーチしているのが小山内 薫とのこと ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 出典:『明治文学アルバム(新潮日本文学アルバム 別冊)』

------------------------------------------------------

小林古径 川端龍子

「稲荷まつり」に参加した日本画家の小林古径川端龍子は、当時の院展派の急先鋒といっていいでしょう。7ヶ月後の同年(大正7年)9月、和辻哲郎(29歳)が「東京日日新聞」で二人を取り上げています。旧態依然とした日本画壇にあって二人は異彩を放っていました。

------------------------------------------------------

大田黒元雄

やはり「稲荷まつり」に参加している大田黒元雄(25歳)は、当地の自宅(東京都大田区山王一丁目)で2年間ほどサロンコンサート「ピアノの夕」を開催していましたが、それは前年の大正6年に終了、この頃は、評論誌「音楽と文学」を創刊。『音楽夜話』など音楽関係を中心に演劇関係、舞踏関係の本もすでに複数世に出していました。「稲荷まつり」のあった2ヶ月後の同年(大正7年)4月には広田ちづゑと結婚、その1~2ヶ月後の同年(大正7年)5月31日に来日したプロコフィエフと当地で親交しています。まだ25歳頃ですから、やっぱりすごいです。

------------------------------------------------------

柳沢健 北村初雄
柳沢 健

柳沢 健が写真に写っているので、彼が見出し、合同詩集も出した北村初雄の姿を探してみましたが、いません。北村日夏堀口とも関係があり、「稲荷まつり」の数日前白秋にも紹介されていました(大正7年1月13日)。年譜を見たら、柳沢が「文章世界」で北村を取り上げるのが、「稲荷まつり」があった1ヶ月ほど後で(大正7年3月)で、合同詩集が編まれるのが9ヶ月後くらい(大正7年11月)。まだ、会に参加するほどではなかったのでしょうか。会のあった翌日(大正7年2月4日)、柳沢はハガキを出し「稲荷まつり」の様子を北村に伝えています。

きのふの雨で空気が濡れて、けふはいい気持ではありませんか、一日の仕事がいま終りました、卓上を綺麗にして、このハガキを書いています。軟らかい夕空が、窓の上にあります。しずかになった局内。
 堀口君が十八日の春洋で渡米することを、きのふ大森でききました。さみしくなります。・・・

------------------------------------------------------

「稲荷まつり」は芸術家たちの異分野交流という潮流の一つの頂点と言えますが、その10ヶ月後の同年(大正7年)12月、中心にいた長谷川が、第一次世界大戦が終わったのを機に、飛ぶようにフランスに立ってしまい(米国経由)、さてはて・・・

ゴードン・ミラン 『マラルメの火曜会 〜神話と現実〜』(行路社)。訳:柏倉康夫。マラルメのパリのアパートに集った若き芸術家たち。東京田端の芥川龍之介邸の日曜の面会日で、小島政二郎が想起したのは「マラルメの火曜会」だった ゴードン・ミラン 『マラルメの火曜会 〜神話と現実〜』(行路社)。訳:柏倉康夫。マラルメのパリのアパートに集った若き芸術家たち。東京田端の芥川龍之介邸の日曜の面会日で、小島政二郎が想起したのは「マラルメの火曜会」だった

■ 馬込文学マラソン:
北原白秋の『桐の花』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→
小島政二郎の『眼中の人』を読む→

■ 参考文献:
長谷川 潔の世界 上 (渡仏前) (横浜美術館 叢書そうしょ2) 』猿渡さわたり 紀代子 有隣堂 平成9年発行)P.50、P.55-77、P.113-123、年譜 ● 『北原白秋(新潮日本文学アルバム)』 (編集:山本太郎  昭和61年発行)P.38-41 ● 『堀口大学 ~詩は一生の長い道~』(長谷川郁夫 河出書房新社 平成21年発行)P.235-242、P.254-255 ● 「馬込文士村(1) 馬込文士村誕生の背景」(馬込文士村継承会 平成24年発行)P.26 ● 『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(東京都大田区立郷土博物館編・発行 平成8年発行) P.18、P.56 ● 『大田黒元雄の足跡 ~西洋音楽への水先案内人~』(東京都杉並区立郷土博物館 平成21年発行)年譜 ● 『詩人 北村初雄』(安部 宙之介 ちゅうのすけ   木犀 もくせい 書房 昭和50年発行)P.43、P.142

■ 参考サイト:
東京紅團/パンの会を歩く(1)→ ● 稀覯本の世界/文学資料/パン大會 案内通知→ ●ウィキペディア/・パンの会(平成24年8月23日更新版)→ ・パーン(ギリシア神話)(平成25年1月25日更新版)→ ●青空文庫/パンの会の回想(木下杢太郎)→ ●DEPPA少年の日記/マラルメの「火曜会」の存在を知ってコミュニティを思う→

※当ページの最終修正年月日
2021.1.25

この頁の頭に戻る