{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

文士村の誕生と終焉(大正12年3月16日、尾崎士郎が東京都大田区に来る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尾﨑士郎宇野千代が家を構えたあたり。馬込文士村は彼らの住まいを中心に形成された

 

尾崎士郎 宇野千代

大正12年3月16日(1923年。 「東京朝日新聞」が、尾﨑士郎(25歳)の当地(東京都大田区)入りが報じています。

現在の京浜急行「大森海岸駅 map→」近くの宿に落ち着いたようで、前年(大正11年)から、宇野千代(25歳)と同棲していたので、彼女も一緒だったでしょうか。

二人はこの時点では同年齢ですが、宇野が明治30年生まれで尾﨑より1つ年上。1つ年上といっても生まれたのはわずか数ヶ月の差です。が、当時はそれだけでも“大問題”だったようです。尾﨑は新聞で「年少文士」「若い燕」(大正3年、平塚らいてふが5歳年下の画学生・奥村博史と事実婚。奥村は書簡で自分のことをツバメにたとえた)とからかわれています。この頃の尾﨑はまだプロレタリア作家(左派の作家)と目されていたので、たたきやすかったのかもしれません。

「大森海岸駅」近くの宿を出た二人は、臼田坂下の宿 「寿館」に移動、その後 「大森と蒲田の間にある、鉄道線路のすぐ脇の家」に移り(この家で、朝鮮に逃げる途上の平林たい子(17歳)を一晩かくまった)と転々とし、 見かねた「都新聞」学芸部長の上泉秀信(26歳)が、自身が借りている家の隣(東京都大田区南馬込四丁目28-11 map→)を二人に紹介。 二人は農家の納屋を手に入れ、引っ張ってきて住み始めます。

・・・私たちはそこへ、家とも言えない、おかしな家を建てた。大根畑の中にあった農家の納屋を、ただ同然の金で買いとり、上泉の借地の続きに、ほんの五十坪(165平方メートル)ほどの地所を借りて、そこまで納屋を曵いて来て、明かり取りの窓をつけ、三畳ほどの土間を残して、六畳の畳を入れた。原住民の住むような小さな家を建てたのであった。
 二人の寝起きするのも、書き物をするのも、食事をするのも、同じ六畳の畳の部屋だけで間に合う。焜炉は軒下に持ち出して煮炊きする。その最低限度の生活を、少しも不便とは思わなかった。・・・(中略)・・・どんな生活でもあれ、その家の中で始まるものを私は、愉しい、と思うのであった。・・・(宇野千代『生きて行く私』より)

二人とも人付き合いが良く、作家仲間やら編集者やら小説家の卵やらが日々日夜を問わず訪ねてくるようになり、それを歓待。ある者は居候し、ある者は近所に住み始め、しだいに周辺に文学的コミュニティが生まれてきます。後年(昭和45年)、榊山潤(70歳)が当時の当地を回想して『馬込文士村』を書き、以後このコミュニティーは“馬込文士村”と呼ばれるようになります。

宇野には北海道に残して来た夫がおり尾﨑との住まいを「国民新聞」は“愛の殿堂”と皮肉りました。あらゆる噂がそこから発信されるという意味で“馬込放送局” とも呼ばれます。関東大震災から2年した大正14年、JOAK(NHKラジオ第一放送)が 愛宕山 あたごやま (東京都港区)に開局され話題になった頃です。

・・・そのおかしな家は、馬込の往還から少し入った、ちょっとした坂の途中にあった。窓には青いカーテンがかけてあるので、夜になると、そのカーテンを透して、青い灯影が遠くからも見えた。私には一人の友だちもなかったが、尾﨑にはたくさんの友だちがあった。あとで気がついたことであったが、尾﨑には社会運動をしている仲間の友だちが、たくさんあった。それらの客の素性に対して、私は何の警戒心も持たなかった。客は誰でも宜かった。客の顔を見ると、私はすぐに酒を買いに走った。・・・(宇野千代『生きて行く私』より)

------------------------------------------------------

と、尾﨑宇野のまわりに人が集い、人が人を呼んで、毎夜の文学談義、雀卓を囲んで、ダンス会もよく開かれました。そういった楽しげな“馬込文士村”でしたが、4年ほどして昭和2年くらいになると、陰がさしてきます。

川端康成は19歳頃から湯ヶ島に逗留するのが常でした。彼の『伊豆の踊子』は湯ヶ島体験が元になっています。昭和元年暮、結核を患った梶井基次郎(25歳)が療養先に選んだのが川端(27歳)のいる湯ヶ島でした。梶井の病気見舞いと卒論制作のために「青空」の同人の三好達治(26歳)・淀野隆三(22歳)もやって来ます。昭和2年には、川端のすすめで尾﨑(29歳)宇野(29歳)広津和郎(35歳)萩原朔太郎(40歳)も湯ヶ島入り、コミュニティが生まれます。

そんなコミュニティの中で、梶井宇野に熱烈に惹かれていきます。梶井は結核を患っていましたが元気に振るまい、また、感情を隠そうとしませんでした。毎晩のように自身が泊まっている「湯川屋」から宇野が泊まっている「湯本館」へ通って来ます。

二人の仲睦まじさを見せつけられては、宇野の夫の尾﨑は面白くありません。尾﨑宇野の間はすでにぎくしゃくしていましたが、梶井とのことがあって尾﨑宇野を見限ったというところでしょうか。昭和2年9月8日、宇野を湯ヶ島に置いて、一人、尾﨑が当地に戻ってきてしまいます。 一人戻って来た尾﨑を見て彼の取り巻きが、 「宇野がおかしい」と盛んに噂し、ますます二人の間がおかしくなっていきました。

翌昭和3年正月、梶井が、尾﨑宇野広津などに会いに当地を訪れます。梶井は短い期間に広津に長い手紙を4通も出しており、「馬込の決闘」(後述)のあとにも尾﨑に心のこもった長い手紙を書きます。人を疑うことを知らず、人から拒絶されることなどには思いが及ばないのでしょうか、尾﨑の感情にも疎く、当地では、なんと尾﨑宇野夫妻の家に泊まったようです。

梶井尾﨑が火花を散らすのは、衣巻省三(27歳)の家(東京都大田区南馬込四丁目31-6 map→)で催されたダンスパーティーにおいて。名づけて「馬込の決闘」。

そのときのことを尾﨑は次のように書いています。

・・・しかし彼が落ちつくにつれて、わたしの心は俄かにいきり立ってきた。わたしは正面から彼に対してぢりぢりと攻勢をとりはじめた。わたしの表情の中からすぐに、彼も一つの感情を読みとったらしい。・・・(中略)・・・わたしはぢっと彼の顔を見た。そして眼を--すると彼の表情の中にひとすぢの軽侮の情が、光のごとく走り去った。
 「おお!」と、わたしは低く叫んで立ちあがった。胸の底で何か一つの堅い殻がぱちん!とはじけるやうな音を聞きながらわたしは右手に握りしめた煙草を火のついたままふりかざして、一気に彼の面上に叩きつけた。燃えさしの煙草は彼の額に当たって、テーブルの上に落ちた。彼は、しかし、冷やかな手つきで、今、眼の前に落ちた煙草をつまみあげた・・・(尾崎士郎『悲劇を探す男』より)

その後、尾﨑は、家にほとんど帰らなくなります。翌昭和4年には新しい恋人(後の清子夫人)ができ、宇野も新しい恋人東郷青児(32歳)と暮らし始めます。南馬込四丁目の家は主がいない状態となります。

尾﨑宇野夫妻は“馬込文士村”の中心だったので、彼らが去って求心力を失ったかのように、当地から次々と他の作家も去っていきました。昭和4年7~8月には萩原朔太郎(42歳)が郷里の前橋に去り、同年9月には川端康成(30歳)が東京上野の桜木に去り、同年、三好達治(29歳)間宮茂輔(30歳)も去り、翌昭和5年には広津和郎(38歳)も去って、昭和6年には牧野信一(34歳)榊山潤(30歳)も去ります。

この昭和6年に“馬込文士村”の一つの時代が終わります。

上:梶井基次郎、下左:尾﨑士郎、下右:宇野千代。梶井は宇野と尾﨑に好意を持った。宇野はそれに応えたが、尾﨑は嫌悪。梶井の出現が、“馬込文士村”の終焉を加速させた ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『梶井基次郎(新潮日本文学アルバム)』、『馬込文士村ガイドブック(改定版)』、『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』
上:梶井基次郎、下左:尾﨑士郎、下右:宇野千代梶井宇野尾﨑に好意を持った。宇野はそれに応えたが、尾﨑は嫌悪。梶井の出現が、“馬込文士村”の終焉を加速させた ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『梶井基次郎(新潮日本文学アルバム)』、『馬込文士村ガイドブック(改定版)』、『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』

ただしこの昭和6年には、山本周五郎(28歳)が当地入りし、尾﨑も当地に戻って来ており、やや硬派になって“馬込文士村”は“空想部落”(尾﨑の小説のタイトル)の観をていして復活。

都築久義 『評伝 尾崎士郎』 宇野千代 『生きて行く私 (角川文庫)』
都築久義 『評伝 尾﨑士郎 宇野千代 『生きて行く私 (角川文庫)』
榊山潤『馬込文士村』 『梶井基次郎(新潮日本文学アルバム)』
榊山潤『馬込文士村』 梶井基次郎(新潮日本文学アルバム)』

■ 馬込文学マラソン:
尾﨑士郎の『空想部落』を読む→
宇野千代の『色ざんげ』を読む→
榊山潤の『馬込文士村』を読む→
川端康成の『雪国』を読む→
萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→
三好達治の『測量船』を読む→
間宮茂輔の『あらがね』を読む→
広津和郎の『昭和初年のインテリ作家』を読む→
牧野信一の『西部劇通信』を読む→
山本周五郎の『樅ノ木は残った』を読む→

■ 参考文献:
● 『評伝 尾﨑士郎』(都筑久義 ブラザー出版 昭和46年発行)P.111-117、P.127-137 ●『生きて行く私(中公文庫)』(宇野千代 平成4年発行) P.115-126、P.136-144 ●「梶井基次郎からの便り」(おざき俵士)※「わがまちあれこれ(10号)」(城戸昇編 あれこれ社 平成8年発行)P.22-25 ●『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』(平成5年発行) P.26-27、P.105 ●『馬込文学地図』(近藤富枝 講談社 昭和51年発行) P.100-105 ●『馬込文士村の作家たち』(野村裕 自費出版 昭和59年発行)P.193 ● 『梶井基次郎(新潮日本文学アルバム)』(昭和60年発行) P.108 ● 『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(東京都大田区立郷土博物館編・発行 平成8年発行) P.12-13、P.92

※当ページの最終修正年月日
2018.4.23

この頁の頭に戻る