(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

間宮茂輔の『あらがね』を読む(非人間的労働現場で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉱山での地獄絵巻──落盤事故。 坑道に閉じこめられた人たちを救い出すのは難しい。 運良く助け出されても、不具になる者もあれば、恐怖によって発狂する者もあった。

しかも、人間関係がやり切れない。

会社側は存続させるという譲れない一条があるにしても、だからといって人道に反していいはずはない。
事故で働けなくなった者を切り捨てていいものなのか?
被害者を利用してうまい汁を吸うということがあっていいものか?
泣く者をさらに鞭打って点数を稼ごうという奴らは許されようか?

『あらがね』 には、こんな一場面がある。

・・・所長達が見てゐると意識して、飯場頭や巡視等は猛り立つた。
「騒ぐと承知せんぞ。」
「このあま!」
四號飯場の小頭で池田といふのが、先頭に立つてゐる若い女房をいきなり足搦みにかけて投げ倒した。半ば仰向けにひつくり返つた女房は腰を激しくくねらせたかとおもふと、力を極めて跳ね起きた。
「畜生めッ!」
組み着くと同時にまた投げ出された。・・・

被害者の家族を投げ倒す管理者たち・・・。

この鉱山に、はるばる東京から曽根という青年がやって来る。 労働の中に真実を求めて、大学を中退して、理想に燃えてやってきたのだ。

曽根青年は、現場の矛盾を目の当たりにし、憤り、そしてそんな中でも健気に生きる人々に熱く共感していく。 彼らとともに懸命に働き、懸命に恋し、懸命に学び、そして成長していく。

曽根青年は、著者の間宮茂輔自身がモデルであろう。


『あらがね』 について

落盤事故(大正7年に発生した筑豊炭坑での事故がモデルか)とそれに伴う労働争議を題材にした間宮茂輔(39歳)の小説。昭和13年小山書店から出版された。昭和6年から昭和12年にかけて、 「前線」 「人民文庫」 に分載されたもの。地方産業の現実を描く 「産業文学」 の先駆とされる。 芥川賞の有力候補になったが、なぜか受賞せず。大政翼賛体制が浸透しつつあり、労働争議をテーマにした本作は、到底受け入れられるものでなかったか。

間宮は、同年(昭和13年)、 『続・あらがね』 (同じく小山書店)も出している。こちらは、満州事変と日中戦争後の鉱業の爆発的伸張期を背景にしており、労使の対立はほとんど描いていない。

■ 作品評
・ 作者が、云ふに云はれぬ人生の荒浪に揉まれ、芸術の鍛錬を怠らなかつた賜物(宇野浩二

・心を打ついろいろの場面がある(広津和郎

・この長篇力作は、十分表彰に価し、注目さるべき(川端康成

・真実を書こうとしている意気込をスタイルに感じて心を引かれた(小島政二郎

間宮茂輔 『あらがね』(民衆社版)
間宮茂輔 『あらがね』(民衆社版)

間宮茂輔について

間宮茂輔 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『馬込文士村 〜あの頃、馬込は笑いに充ちていた〜』(東京都大田区立博物館)
間宮茂輔 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『馬込文士村 〜あの頃、馬込は笑いに充ちていた〜』(東京都大田区立博物館)

差別に反感を覚える
明治32年2月20日、東京の軍人(大佐)の家で生まれる。 姉が1人と6人の弟妹がいた。 弟妹の面倒をよく見る行儀のいい少年だった。 幼少時は父親の転勤に伴って、旭川や門司や住吉(兵庫)などを転々とする。 祖父母が特定の地域に住む人達を差別するのに強い反感を覚えた。 対戦国ロシアの捕虜兵たちの優しい面持ちも幼い心に焼きつく。

慶応大学を中退して久根鉱山へ
慶応大学普通部(中等科)に進み、英語教師井川滋(「三田文学」 の編集に携わった人)の影響で文学に興味を持つ。 回覧雑誌 「独法師(ひとりぼっち)」(後に同人誌 「ネスト」 に発展。 与謝野寛の指導を受ける)を作る。 また、遠い親戚の堺 利彦から送られてくる冊子をむさぼり読む。 父親に文学の道を反対されて退学。 株屋に勤めるが、金の話ばかりなのに幻滅、5ヶ月で退職して、大正7年(19歳)、トランク一つ下げて天竜川上流の久根鉱山(静岡県磐田郡佐久間町)入りした。 上司の実弟がたまたま相馬泰三で、知遇を得る。相馬を通じて、広津和郎葛西善蔵を知る。 鉱山の不当な首切りに怒りを覚え、思いを綴ったパンフレットを鉱夫長屋などにばらまく。 発覚して鉱山を後にする。足掛け3年、久根鉱山にいた。

男木島燈台へ
東京に戻って牛込抜弁天(東京都新宿区)に下宿。 「ネスト」 に書いた 『彼と弟』 が葛西善蔵に認められる。 その後、久根鉱山の退職金が尽き、瀬戸内海の黒木島(おぎじま)燈台で働く。 ここで最初の本格的な小説 『或る鉱山にて』 を書くが、金に困っていた相馬に盗用されてしまう。 島で関係を持った娘と娘との間にできた子をおいて上京。 大正12年(24歳)、学友の紹介で広津和郎芸術社に入り、社の仲間と神楽坂の下宿屋 「神楽館」 に寝泊まりする。 新潮系の同人誌 「不同調」 に参加。 当時同棲していた堀江貞の山谷・吉原時代を描いた 『抜けて出る』と、近代化の波に揉まれて没落していく網元を描いた 『朽ちゆく望楼』で広く認められた。 この頃から作品に社会性が強まる。 読売新聞に文芸時評 「初秋文壇処女月評」 を連載。

共産系の運動に関与
昭和5年(31歳)、葉山嘉樹(36歳)の自宅を訪れ 「文芸戦線」に加入、演劇部に入って脚本を書いたり俳優をしたりした。 しかし1年後、ナップ(機関誌 「戦旗」)に理解を示し第二次文戦打倒同盟(機関誌 「前線」)を結成するまでになる。「文戦」 脱退後はコップ(ナップが再編成されたもの)の小林多喜二の誘いは断わり、「非合法だったころの日本共産党」と関係が深かった労働組合「全協」の中央本部に入る。 その頃、福田トクと結婚。共産党に関わったかどで昭和8年から昭和11年までの約3年間下獄。 6カ所の留置場をたらい回しにされたが、協力者の名も運動の内容も明かさなかった。 運動からの離脱を誓わされて出獄した時は、歩けないほど衰弱していたという。

『あらがね』を書き、生産文学の先駆となる
昭和12年(38歳)、自らの鉱山体験を下敷きに 『あらがね』 を書く。 政治的記述が巧みに避けられていたが、米騒動の場面が検閲にひっかかり再び短期間下獄。 昭和17年(43歳)、海軍の報道班員として東南アジアの島々を巡ぐる。 『無花果の家』 など恋愛小説も書いた。

戦後の窮状
戦後、新日本文学会の発起人からは外されたが(海軍報道班に所属したためか)、その財務を担当。 トク夫人とその間にできた二子と別居し、田端に一人住んだ。 小林多喜二の 『党員作家』を意識して書かれたと思しき 『党生活者』(昭和33年) は日本共産党を内部告発したもの、『鯨工船』(昭和34年)も小林の 『蟹工船』 を意識したのではないだろうか。

日朝協会、日本原水協に関わる。 広津和郎の死をきっかけに書いた 『広津和郎 この人との五十年』(昭和44年 70歳)が最後の作品になる。

昭和50(1975)年1月12日、満75歳で死去。当地(池上一丁目)の池上本門寺に葬られる( )。

当地(東京都大田区池上一丁目)の本門寺にある父母の墓に間宮も葬られた。トクとの間に生まれた第1子も入っている。此経難持坂(しきょうなんじざか)を上がって右手にある長栄堂の裏手 当地(東京都大田区池上一丁目)の本門寺にある父母の墓に間宮も葬られた。トクとの間に生まれた第1子も入っている。此経難持坂(しきょうなんじざか)を上がって右手にある長栄堂の裏手

間宮茂輔と馬込文学圏

大正15年初冬(27歳)、尾侮m郎(28歳)のすすめで当地(南馬込3-8-9)に、カフェ 「プランタン」 で知り合った堀江貞と住む(参考:『馬込文士村の作家たち』)が住んだ南馬込四丁目あたりに住んだとする資料もある。

同時期(大正15年)、関係が深い広津和郎間宮広津主宰の芸術社の社員だった)も当地入りしている。広津邸に居候していたんだろうか?

この頃、読売新聞に文芸時評 「初秋文壇処女月評」 を連載。 また、 「新潮」 に 『抜けて出る』 や 『朽ちゆく望楼』 を書き、間宮の文学的躍進期と言える。 昭和4年の秋(30歳)まで住み、同じく馬込文学圏の大岡山に移転。 その頃、葉山嘉樹に会い、プロレタリア運動に深く関与していく。

大岡山から根津(東京本郷)をへて、昭和6年頃、馬込文学圏(池上本門寺裏のアパート)に戻るが、しばらくして下谷稲荷町(東京上野の近く)のアパートに転居。

作家別馬込文学圏地図 「間宮茂輔」→


参考文献

●『六頭目の馬〜間宮茂輔の生涯』(間宮武 武蔵野書房 平成6年) P.172、P.184-189 ●『広津和郎』 (間宮茂輔 理論社 昭和44年) P.96 ● 『大田文学地図』 (染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年) P.32、P.62、P.64 ● 文壇資料 『馬込文学地図』(近藤富枝 講談社 昭和51年) P.30-31 ● 『馬込文士村の作家たち』(野村 裕 自費出版 昭和59年) P.173-176


参考サイト

芥川賞のすべて/候補作家の群像/第6回/間宮茂輔→
鉱山探訪/中部地方の鉱山/久根鉱山→
ウィキペディア/男木島→
ウィキペディア/日本共産党(平成26年1月1日更新版)→


※当ページの最終修正年月日
2019.3.8

この頁の頭に戻る