{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

すぐ動く(宇野千代、東郷青児のガス心中未遂を取材する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇野千代東郷青児と住んだ淡島(東京都世田谷区)の邸宅で ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』

 

波多野秋子

昭和4年3月30日(1929年。 東郷青児(33歳)が海軍少将の令嬢と、当地(東京都品川区大井六丁目)の自宅寝室で、ガス心中を図ります。未遂でしたが、 東郷は有名な新進画家だったのでマスコミが大きく取り上げました。

かたや、宇野千代(32歳)は、その頃、 『罌粟けし はなぜ紅い』という小説を書いていて、心中の場面を書くのに手こずっていました。そこで、ふと、最近、東郷らが心中しようとしたことを思い出します。その直後、宇野はもう電話の受話器を手にしていました。

・・・「もしもし、こちらは宇野千代ですけれど、いま書いている小説の一こまに、ガスで情死する男女のことを、どうしても書かなくてはならないんです。それで、ほんとにお願いしにくいことですけど、そう言うさし迫った場合に男はどうするものか、電話で話して頂けないでしょうか」「え、電話でそれを話すんですか。それは無理ですよ」。屈託のない東郷の声が返って来た。
 「どうですか、実は今夜六時に、大森駅前の『白夜びゃくや』と言う酒場で、仲間と一緒に集まることになっているんです。かったら六時に、そこまで来ませんか」と言うではないか。
 宜かった。あれこれ考えたりしないで、東郷に電話して宜かった、と私は思った。・・・(宇野千代『生きて行く私』より)

宇野は『白夜』で東郷と会い、その足で東郷の家に行って、二人は同棲し始めます。宇野は東京都世田谷の家に行ったように書いていますが、まずは心中未遂のあった品川区大井の家に住み、しばらくして、東京都世田谷の 淡島あわしま map→に二人の家を新築して住んだんだろうと思います。大井の家にはまだ血痕のついた蒲団が残っていたようです(心中のとき首を切ってからガスを放った)。

・・・夜が更けて、さあ寝よう、と言うときになって、「こんな蒲団ふとんしかないが」と言って、押し入れから出して来た蒲団には、血痕がこびりついて、がりがりになっていた。二人の男女の頸から流れ出した夥しい血のかたまったものだと分かったとき、私はそれを気味が悪いと思っただろうか。そうは思わなかった、と言ったら、人は信じるだろうか。・・・(宇野千代『生きて行く私』より)

東郷から聞いた話から 『 罌粟 けし はなぜ紅い』 の心中の場面が書かれ(昭和5年)、さらには、東郷の心中を主題材にした小説『色ざんげ』 を宇野は書き上げました(昭和8~10年)。

宇野千代と東郷青児 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』 宇野千代東郷青児 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』

『色ざんげ』は「私の書いたものの中で、一番面白い」 と宇野が自讃する作品。東郷が心中を図った家は大井六丁目ですが、 『色ざんげ』では当地の大森(東京都大田区)になっています。

・・・「これで何にも忘れものはないね、」僕らはしばらくの間抱き合ったままだまっていた。するとそのとき隣室にかけてある鳩鳴き時計がぽっぽっと四つ鳴った。こんな場合に聞く時計の音は何か追い立てられているもののように聞える。何時死なねばならぬというきまった時間はないのであるが、何となく急き立てられるような気がするのだ。「じゃあ好いね?」そういう自分の声に僕は始めてぞっと背中に水を浴びたような気持になった。つゆ子は眼でうなずいた。・・・(宇野千代『色ざんげ』より)

-----------------------------------------------

宇野の「すぐ動く」は実に鮮やかで、滝田樗陰に送った原稿の返事がないと心配した刹那、北海道の家の洗い物もそのままにして東京に出て来て滝田を訪ね、第1作目(懸賞小説は除く。『墓をあばく』)の原稿料が入るや実家の家族を喜ばせるために山口県岩国に飛んで行き、尾崎士郎との出会いから同棲に至る様もまさに電光石火でした。

「すぐ動く」ことは、必ずしも望むような結果になるとは限らず、宇野は多くの出会いと同じくらいのたくさんの別れも経験したんだろうと思います。涙をなるべく避けなるべく波風立てずに生きていくか、それとも宇野のようにたくさんの涙を流しながらも、これぞと思う状況に自らを投げ込んでいくか、どちらが良いとか悪いかとかではなく、誰しもどちらかを選択できるってこと。

理詰めや損得勘定ではとうてい結論がでないことも多々あり、そういった場合、人は自分の考えから一人で「飛ぶ」しかないのだと思います(もちろん「飛ばない」選択もあり)。難しいことは分かりませんが、哲学で、「 投企とうき 」とか「アンガージュマン」とかいうのはそういったことではないでしょうか。

山岡鉄舟 三島由紀夫 林芙美子
山岡鉄舟

山岡鉄舟が東軍の使いとして西軍のただ中にほぼ単身で飛び込んでいったのも三島由紀夫が東大全共闘のただ中に単身飛び込んでいったのも林 芙美子が昭和6年から7年にかけて単身、片道切符でシベリア鉄道でパリに渡ったのも、どの時点かで(おそらくは比較的“すぐに”)「飛んだ」んだと思います。

こういった大きなこと、または長期にわたることでなくとも、日々、「すぐやった方がいいこと」の連続とも言えます。ヒルティが次のように書いています。ヒルティ(カール・ヒルティ。1833-1909)は、スイスの政治家・法学者・文筆家で、以下で引用した『幸福論』は代表作。とても大事なことを言っているようだし、著作権の保護期間も満了しているので、紙面が許す限り引用します。 訳者は草間平作。

・・・まず何よりも肝心なのは、思いきってやり始めることである。仕事の机にすわって、心を仕事に向けるという決心が、結局一番むずかしいことなのだ。一度ペンをとって最初の一線を引くか、あるいは鍬を握って一打ちするかすれば、それでもう事柄はずっと容易になっているのである。ところが、ある人たちは、始めるのにいつも何かが足りなくて、ただ準備ばかりして(そのうしろには彼等の怠惰が隠れているのだが)、なかなか仕事にかからない。そしていよいよ必要に迫られると、今度は時間の不足から焦燥感におちいり、精神的だけでなく、ときには肉体的にさえ発熱して、それがまた仕事の妨げになるのである。
 また他の人たちは、特別な感興のわくのを待つが、しかし感興は、仕事に伴って、またその最中に、最もわきやすいものなのだ。・・・(中略)・・・だから、大切なのは、事をのばさないこと、また、からだの調子や、気の向かないことなどをすぐに口実にしたりせずに、毎日一定の適当な時間を仕事にささげることである。・・・(中略)・・・諸君にとってもっとも容易なものから始めたまえ、ともかくも始めることだ、と。こうすれば完全に体系的にやらないためにあるいは仕事の順序の上で廻り道になるかも知れないが、その欠点は時間が得られるということで償って余りあるくらいである。・・・(中略)・・・もちろん仕事は、特に精神的な仕事はなおさら、丁寧にすべきである。が、しかし、何一つ言いおとさず、読み残さぬというように、全部を尽そうと思ってはならない。・・・(中略)・・・あまりに多くを望む者は、今日では、あまり成績のあがらないのが普通である。・・・(中略)・・・力を節約しなければならない。そしてこれを実行するには、とくに無益な活動に時間を費さない心掛けが必要である。われわれが無益な活動のために、どれだけ多く仕事の興味と精力とをそがれているかは、ちょっと口に言えないほどだ。・・・(ヒルティ『幸福論』より)

ヒルティ『幸福論 (第1部) (岩波文庫)』。訳:草間平作 塚本 亮『すぐやる人の「やらないこと」リスト』(河出書房新社)。令和2年発行
ヒルティ『幸福論 (第1部) (岩波文庫)』。訳:草間平作 塚本 亮『すぐやる人の「やらないこと」リスト』(河出書房新社)。令和2年発行

■ 馬込文学マラソン:
宇野千代の『色ざんげ』を読む→
尾﨑士郎の『空想部落』を読む→
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

■ 参考文献:
●『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』(平成5年発行)P.28-35、P.40 ●『生きて行く私(中公文庫)』(宇野千代 平成4年発行)P.111-120、P.148-151 ●『幸福論(岩波文庫)』(昭和10年初版発行 平成20年92刷参照)P.24-29

■ 参考サイト:
Masaya Saitou's Nature Explorer/品川・大井・入新井/地名変遷→ ●美作(みまさか)/少し 「東郷青児」 のことを書いてみます→ ●東京紅団/野口冨士男の鈴ヶ森散歩(ポプラハウス編)→ ●ウィキペディア/・林 芙美子(令和2年2月28日更新版)→ ・カール・ヒルティ(令和2年3月26日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2020.3.30

この頁の頭に戻る