{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

飛び出す女たち(大正11年4月12日、宇野千代、上京する) (大正11年4月12日、宇野千代、上京する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京に出てきた宇野千代 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『馬込文士村ガイドブック(改定版)』

 

大正11年4月12日(1922年。 宇野千代(24歳)が、札幌から東京に出てきます。 夫には 「東京へ着いたら、すぐ折り返し帰って来る」 と告げ、洗濯ものや洗いものもそのままにして出てきました。

前年の大正10年、宇野(23歳)は 『脂粉(しふん)の顔』 で 「時事新報」 の懸賞小説で3,120編中1位になりました。2位が尾﨑士郎で、選外に横光利一がいました。その時の賞金(200円。昭和元年頃の1円を現在の3,000円とすると60万円ほどか)に味をしめ、宇野は昼夜分たずに書くようになり、次作の 『墓を発(あば)く』 がたちまち書き上がります。

宇野はそれを 「中央公論」 の名編集長・滝田樗陰ちょいん (39歳)に送りました。 宇野は北海道に渡る前、東京本郷の燕楽軒えんらくけん で給仕をしてましたが、その時、滝田は店の向かいの中央公論社から毎日食事に来て、いつも50銭のチップを置いていってくれたんだそうです。 そんなよしみがありました。

宇野は 『墓を発く』 にも自信がありましたが、滝田からは何の連絡もありません。 しびれが切れ、宇野は様子を聞きに東京まで出てきたのです、洗いものもそのままにして。

その時のことを、宇野は次のように書いています。

・・・東京へ着くと、私は真っ直ぐに、本郷の中央公論社へ行った。 滝田樗陰は社にいた。 三階まで駆け上がったので、私は息が切れた。 「あの、あの、私のお送りした原稿は、着いてますでしょうか。 もう、お読みになって下すったでしょうか」 と言うその私の言葉も終らない中に、樗陰は、そのときすぐ目の前に積んであった、六、七冊の雑誌の一冊を手にとって、ばさりと、私の眼の前に投げ出し、 「ここに出てますよ、原稿料も持って行きますか」 と、まるで怒ってでもいるように言ったものであった。
 忘れもしない、それは大正十一年の四月十二日であった。 「中央公論」 の五月号に、私の小説 『墓を発く』 が載っている。 私はぶるぶると足が慄えた。・・・(宇野千代 『生きて行く私』 より)

宇野が人気作家のチケットを手にした瞬間です。滝田の新人発掘の手腕には定評があり、彼が取り上げた作家は必ずや大成するとまで言われたようです。

・・・眼の前に投げ出された、このおびただ しい札束は何であろう。あとで正気に帰ったとき、その札束が私の書いた原稿百二十二枚の報酬である三百六十六円だと知ったとき、私は腰も抜けるほどに驚いたものであった。
 私は樗陰に礼を言うのも忘れて、表へ飛び出した。「そこいらを通っているみなさん、あなた方は何にも知らないでしょうけれど、私はいま、その先の中央公論社から、もの凄い原稿料をもらって来たばかりの、偉い女流作家なのですよ」と、大声で叫び出したいのをこらえて、走って行った。・・・(宇野千代 『生きて行く私』 より)

賞金に続いて初めての原稿料を得て、宇野は、喜びのあまりその足で、岩国の母親と弟妹のところへ飛んでいきます。彼女はもう、夫のいる札幌へは戻りませんでした。

その後宇野は、懸賞小説で2位だった尾崎士郎と知り合い同棲、二人して、当地(東京都大田区南馬込四丁目 28-11)にやって来ます。札幌を飛び出して東京に出て来た年の翌年(大正12年)の3月頃。

辻村もと子

辻村もと子(34歳)も、昭和15年7月、11年ともに暮らした東大経済学部出身の経済人の夫の元を飛び出しました。村岡花子(47歳)が見つけた当地のアパート・大野荘(東京都大田区中央二丁目 1。現在、マンション「MIMOZA」「メイヒルズ若山」が建っているあたり map→)で一人暮らしを初めます。持って出たのはダンボール箱の本と必要最小限の日用品だけ、嫁入り道具の箪笥や、父からの土地や家の権利書などもみな置いてきたとのこと。「性格的にも思想的にもまったくあわない」夫とは、もはや話し合いの余地などなく、一刻も早く飛び出したかったのかも。

小説一つで生きて行く覚悟が彼女を強くしたのでしょう。さっそく、長年の夢だった若き日の父・直四郎を題材にした小説に着手。2年後(昭和17年)『馬追原野』が上梓されます。

辻村が住んだ大野荘があったあたり
辻村が住んだ大野荘があったあたり

------------------------------------------------------

北川千代

北川千代(33歳)が、足尾銅山の鉱夫・高野松太郎と当地(東京都大田区大森西一丁目)に来て「高野養兎研究所」を開くのが、昭和2年。北川も夫(江口 渙。7年間夫婦だった)の元を飛び出して当地に来た一人です。経済的には苦しくなりましたが、共に生活を作っていく喜びの中で、作家としての自覚を高めていきました。

北川千代 柳原白蓮 江口章子

伊藤野枝(21歳)が辻 潤(31歳)の元を飛び出したのが大正5年4月で、柳原白蓮(36歳)が伊藤伝右衛門(60歳)の元を飛び出したのが大正10年10月で、江口 章子あやこ (32歳)が北原白秋(35歳)の元を飛び出したのが大正9年5月で、波多野秋子(29歳)が夫の元を去ったのが大正12年6月で、上田稲子(29歳)が萩原朔太郎(43歳)の元を去ったのが昭和4年・・・。理解し合えれば夫の元を飛び出す必要などないでしょうが、それが難しいときは、その決断も必要でしょう。男性がそうであるように、女性も一人でも生きていける力と覚悟を身につけていったほうがいいと思います。「飛び立てない」「なにがあっても飛び立たない」と足元を見て、なめてかかってくる輩もいるかもしれませんし。

『流転の歌人 柳原白蓮 〜紡がれた短歌とその生涯〜』(NHK出版)。写真と短歌で白蓮の生涯をたどる。選歌:馬場あき子 伊藤詩織『Black Box』(文藝春秋)。司法とメディアの壁を問う勇気ある一冊*
『流転の歌人 柳原白蓮 〜紡がれた短歌とその生涯〜』(NHK出版)。写真と短歌で白蓮の生涯をたどる。選歌:馬場あき子 伊藤詩織『Black Box』(文藝春秋)。司法とメディアの壁を問う勇気ある一冊*

■ 馬込文学マラソン:
宇野千代の『色ざんげ』を読む→
尾﨑士郎の『空想部落』を読む→
辻村もと子の『馬追原野』を読む→
辻 潤の『絶望の書』を読む→
北原白秋の『桐の花』を読む→

■ 参考文献:
●『生きて行く私(中公文庫)』(宇野千代 平成4年発行)P.97-102、P.110-114 ●『評伝 尾﨑士郎』(都築久義 ブラザー出版 昭和46年発行)P.94 ●『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』(昭和58年発行) P.16-17 ●『辻村もと子 人と文学』(加藤愛夫 いわみざわ文学叢書刊行会 昭和54年発行)P.202 ●『村岡花子と赤毛のアンの世界』(責任編集:村岡恵理 河出書房新社 平成25年初版発行 平成26年5刷参照)P.218-219 ●『覚めよ女たち ~赤瀾会の人びと~』(江刺昭子 大月書店 昭和55年初版発行 昭和56年2刷参照)P.201-211  ●『北川千代 ・ 壷井 栄(日本児童文学大系22)』(ホルプ出版 昭和53年初版発行 昭和54年2刷参照)P.456-459、P.461

■ 参考サイト:
東京紅團/・宇野千代の東京を歩く→ ・中央公論社の足跡を歩く→
文京ふるさと歴史館/春日通り周辺「春日通り」→
●ウィキペディア/・第一勧業銀行(平成25年3月23日更新版)→ ●YAHOO!智恵袋/昭和初期の金銭 昔の二百円て今でいうといくらくらいの価値にあたりますか?→

※当ページの最終修正年月日
2021.4.11

この頁の頭に戻る