(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

辻潤『絶望の書』を読む(“絶望”という仮面)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナキスト、ダダイスト、エゴイスト、ニヒリストといったら、何か穏やかからぬ感じであるが、 この本の著者の辻潤には、そのどれもが当てはまりそうだ。 正直かなり怖い。 それに、書名からして 『絶望の書』 とくる 。 相当暗くて、相当やばそうだ。

と、だから、用心して読み始めたのだが、これがなかなか面白い。英語やフランス語や漢文や不明言語やらが入り乱れ、駄洒落あり、おちょくりあり、むろん哲学っぽいのもあれば、宗教っぽいのもあれば、文明批評っぽいのもある。 ゴッタ煮な感じでやや難解だが、頷かされる箇所も多い。

それで、書名にある 「絶望」 であるが、の 「絶望」 とは何だったか?

彼の年譜を見ると、最愛の妻(伊藤野枝)に逃げられたとか、酒に溺れたとか、精神を病んで奇行が多かったとか、監禁されたとか、そして最期はシラミにまみれての孤独死だ。 の絶望を裏付けるものはたくさんある。

しかし、の文はこんななのだ。

・・・自分にとって、生きているということは恥をさらすということにしか過ぎない。またぞろ、かくの如き文集を出す所以である。この書を読んで読者はしばらく自己の優越を感じ給え。著者にとってそれはいささかの慰めとなるであろう。自分はキャメレオンであり、マソヒストであり、なんでありかんである。なんてんかんてんところてんである。てんとして恥ずるところを知らざる猿でもある。・・・(『絶望の書』 序文より)

彼は 「絶望」 をあたかも弄んでいるかのようだ。 さらには、

・・・その阿呆の代表みたいな顔をして生きているのが、自分という人間なのだ。これは洒落でも皮肉でもないのだ。小利口な奴等なら、世間にはウジャウジャと腐る程、転がっているのだ-----偶には自分のような阿呆のひとりや二人位いたって人類の名誉なりにはこそすれ、少しも恥辱にはならないと思っている。僕は自分を阿呆だときめているわけでもなければ、卑下して自分を阿呆と称しているわけでもない-----寧ろ僕は自分の阿呆を誇りとさえしている位である。・・・

という下りを読むと、彼の自信のほども伝わってくる。 その感は本書を読み進めるうちに強まった。

社会から認められれば、社会に縛られてしまう。 は、「絶望」 とか、「恥」 とか、「キャメレオン」 とか、「マソヒスト」 とか、「猿」 とか、「阿呆」 とかと自分を表現して、バカにする人にはバカにしてもらって、かけがえのない自分を守ったのだ。 アホになって、戦争にはいっさい加担しなかった。

彼の 「絶望」 は仮面であり、それは彼の戦略だった。


『絶望の書』 について

辻潤の46歳頃の著作。昭和5年出版。

辻潤 『絶望の書・ですペら (講談社文芸文庫)』
辻潤 『絶望の書・ですペら (講談社文芸文庫)』

辻 潤について

辻潤 辻潤  ※この写真の著作権の保護期間は満了しています。出典:ウィキペデイア/辻潤→ 

浅草生まれの少年は、尺八に熱中
明治17年10月4日(1884年)、浅草で生まれた思想家。祖父は浅草蔵前の札差(旗本・御家人の代理として禄米を受け取る仕事。 金貸しなどもした)で資産があった。 4〜5人のお手伝いさんにかしずかれ、当時では珍しい幼稚園にも通う。 祖父の財は尽き、明治25年(8歳)、父親の仕事の関係で三重県津に転居。 隣に尺八の名人が住んでいて興味を持つ。 教会の日曜学校にも通った。 明治27年(10歳)、東京に戻る。 開成中学に入学。 斉藤茂吉と同じクラスだった。 翌年退学。 尺八の初代荒木古童に入門し、腕を磨く。 この頃より、清少納言、滝沢馬琴、幸田露伴泉鏡花などを読んだ。『徒然草』を愛す。

語学を身につけ、身を立てる
明治32年(15歳)、給仕をしながら国民英学会英文科に学ぶ。 内村鑑三の著作や、聖書や洋書に親しむ。 「平民新聞」 や北村透谷の著作も読んだ。 小学校の教師、英塾の教師、夜学の教師、家庭教師を勤めながら、翻訳に励む。

伊藤野枝との出会いと別れ
明治42年(25歳)から東京巣鴨に住み、翌年、ロンブローゾの 『天才論』 を訳了。 明治44年(27歳)、上野高等女学校の英語教師になった。そこで、生徒の伊藤野枝に出会う。 翌年から同棲、翌々年、長男のまことが生まれた。 近所の福田英子の紹介で、アナキストの渡辺政太郎にも出会っている。 大正4年(31歳)、婚姻届けを出すが、翌大正5年、野枝渡辺から紹介された大杉栄の元に去る。

浅草時代
東京北稲荷町(現・東上野。一部浅草地域)に住み、 「英語、尺八、ヴァイオリン教授」 の看板を掲げています。浅草の 「グリル・茶目」(黒瀬春吉が経営)といった酒場に入り浸り、浅草で活躍する役者や音楽家とも親交。 浅草観音劇場での常磐楽劇団の舞台に立つこともあった。この頃、佐藤惣之助武林無想庵谷崎潤一郎佐藤春夫、宮島資夫らと知り合う。

ダダイズムへの接近、そして渡欧
大正8年(35歳)、無想庵のすすめで、比叡山の宿坊に入り、そこで翻訳に励む。 “白蛇姫”(野溝七生子のこと。の 「永遠の女性」)と出会う。 下山後は、大阪、東京上落合、川崎、早稲田裏、本郷、麹町などを転々とする。大正10年(37歳)、マックス・シュティルナーの 『自我経』 (「唯一者とその所有」)を完訳、改造社から発行。 大正11年(38歳)、高橋新吉を通じてダダイズムを知る。 翌年、の編集による 『ダダイスト新吉の詩』 (中央美術)が発行された。 大正14年(41歳)、喘息の発作に襲われるが治療費がなく、見かねた人たちで 「辻潤後援会」 が結成される。 昭和3年(44歳)〜昭和4年にかけ約1年間、「読売新聞」の文芸特派員としてパリに滞在。 息子のまことを伴った。

漂白の末、死去
昭和7年(48歳)、この頃から過度の飲酒が原因で精神に異常を来す。その奇行が新聞のゴシップ記事になった。 警察に保護されたこともある。 友人知人の家を転々としながら、雑誌などに寄稿・訳載。

昭和19年(1944年)、東京上落合のアパートの一室で死去。 警察医は狭心症としたが、餓死ともいわれている。 満60歳。 墓所は東京駒込染井の西福寺( )。

高木護 『辻潤 ―「個」に生きる (たいまつ新書) 』 玉川信明 編 『辻潤 ―孤独な旅人』
高木護 『辻潤 ―「個」に生きる (たいまつ新書) 』 玉川信明 編 『辻潤 ―孤独な旅人』
深作欣二監督『華の乱 [DVD]』。有島武郎の情死*の経緯など。与謝野晶子、与謝野鉄幹、松井須磨子、大杉栄、辻潤、辻まことが登場。出演は、吉永小百合、松田優作、池上季実子、緒形拳、風間杜夫ほか 深作欣二監督『華の乱 [DVD]』。有島武郎の情死の経緯などを描いた映画。門付け(家の前で尺八を吹いて物乞いする)と息子のまことが出てくる。出演は、吉永小百合、松田優作、池上季実子、緒形拳、風間杜夫ほか

辻潤
・「今の日本に於いて最も興味のある存在である」 「現代のおかしげなキリスト」(萩原朔太郎

・「残された辻まことを翻訳などで育て、尺八を吹いて町を歩き、戦争に一切加担しないまま昭和十九年に餓死している。ダダイスト辻潤は私が思うに大杉よりはるかにすぐれた文章家であり、いまも若者の共感をよんでいる」(森まゆみ)

・ 「彼の私淑してゐると云ふスチルネルあたりの自由主義が悪く影響して、自堕落な、安易な、一種のデカダンであるらしく見えました」(野上弥生子)


辻潤と馬込文学圏

大正6年頃(33歳頃)、佐藤惣之助の紹介で、神奈川県川崎の砂子に住む。 大正13年頃(40歳頃)、当地(東京都大田区蒲田)の松竹蒲田撮影所の裏辺りに住む。 戸締まりをせず真夜中でも来客を拒まなかったことから 「カマタホテル」 と呼ばれた。 室伏高信中原中也などの来訪もあったもよう。

パリから帰って来た昭和4年頃(45歳頃)から萩原朔太郎と行き来する。昭和5年(46歳)、萩原と雑誌 「ニヒル」を創刊、3号まで出したQPの辻潤研究/年譜→

昭和9年(50歳)、当地の 玉生 たまにゅう 夫妻宅に居候。 佐賀、小田原住まいをへて、昭和10年(51歳)、息子のまことがいる「霜田アパート(現・南馬込三丁目)」に、愛人の松尾としと居着く。 その後、しばらくは下宿屋「東館(現・南馬込二丁目)」で暮らし、放浪を経て、昭和14年(56歳)、再びまことのアパート(新井宿二丁目1647。 現・山王四丁目26番 map→)に身を寄せた。近くの添田知道尾侮m郎を訪ねることもあった。尺八片手に門付けするようになるのもこの頃から。 奇行が目立つようになり、大森警察署に保護されたこともあった。まことの友人の竹久不二彦がもらい受けにいったという。

『馬込雑筆』 なる一文がある(「無風地帯」の終刊号 昭和12年 53歳)。

作家別馬込文学圏地図 「辻潤」→


参考文献

● 『絶望の書(辻潤著作集1)』(オリオン出版社 昭和44年発行)序文、P.15 ● 『年譜(辻潤著作集 別巻)』(オリオン出版 昭和45年発行)※年譜、 『辻潤をめぐる杯』 (添田知道) ●:『辻潤 「個」 に生きる』 (高木護 たいまつ社 昭和54年発行) ● 『大田文学地図』 (染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年発行) P.101 ● 『辻まことの芸術』 (宇佐見英治編 みすず書房 昭和54年発行)※p.61所収 「おやじについて」 (辻まこと) ● 『萩原朔太郎(新潮日本文学アルバム)』(昭和59年発行) P.74 ●『美は乱調にあり』 『諧調は偽りなり』 (瀬戸内晴美 文芸春秋社 昭和41年発行)  ● 『最新大森区明細地図』(東京日日新聞 昭和10年発行)


参考サイト

●辻潤のひびき/ 辻潤年譜→ 萩原朔太郎 「辻潤と低人教」(辻潤 『ぼうふら以前』 の跋文)→ ●QPの辻潤研究/年譜→  ●アナーキー・イン・ニッポン→ ●文学者掃苔録図書館/辻潤→ ●松岡正剛の千夜千冊/『南天堂』 寺島珠雄→ ●ウィキペディア/辻潤(平成24年9月29日更新版)→



※当ページの最終修正年月日
2017.12.9

この頁の頭に戻る