伊藤野枝

伊藤野枝

いとう・のえ。明治28年福岡県今宿生まれの婦人解放運動家。上野高等女学校時代から辻潤の薫陶を受け、女性解放誌「青鞜」に関わる(後に発行人)。大正3年(19歳)、米国の女性アナキスト・フェミニストのエマ・ゴールドマンを訳し、大きな影響を受ける。大正5年足尾鉱毒事件を知り、実践的な大杉栄と行動をともにする。大正12年(28歳)、憲兵に虐殺された。7人子がおり、辻まこともその一人(辻潤との子)。参考サイト:ウィキペディア/伊藤野枝→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/伊藤野枝(平成25年3月9日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→