三島由紀夫

三島由紀夫

みしま・ゆきお。大正14年東京四谷生まれの小説家。学習院高等科、帝大法科に学ぶ。19歳で『花ざかりの森』を上梓。以後、『仮面の告白』『金閣寺』『豊饒の海』など構築的、唯美的な小説・戯曲を書く。日本浪漫派。2度ノーベル賞候補になる。昭和43年、私的軍隊「盾の会」を結成。昭和45年(45歳)、自衛隊で演説後、割腹自殺。昭和34年より馬込文学圏(南馬込四丁目)に住んだ。[馬込文学マラソン] 三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/三島由紀夫(平成25年7月28日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→