堀口大学

堀口大学

ほりぐち・だいがく。明治25年東京都本郷生まれの。父の堀口 九萬一くまいち が外交官だったため、若い頃から南米・ヨーロッパと日本の間を行き来する。詩集『月光とピエロ』、名訳とされる訳詩集『月下の一群』など。他にエッセイ・評論なども多数。馬込文学圏の望翠楼(山王三丁目)に逗留中、佐藤春夫とともに関東大震災に遭う。昭和56年(89歳)死去。参考サイト:ウィキペディア/堀口大学→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/堀口大学(平成27年1月12日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→