{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

ダンス人間模様(昭和3年11月26日、室生犀星、萩原朔太郎の妻からダンスを教わる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「馬込文士村レリーフ」より。大森駅(東京都大田区大森北一丁目6-16 map→)の中央改札を出て西口(山側)を出ようというとき正面に見えてくる坂道の途中にある。正面を向いている男性は、萩原朔太郎か?

室生犀星 萩原朔太郎 芥川龍之介

昭和3年11月26日(1928年。 室生犀星(39歳)の日記に次の一節があります。

・・・夕飯に萩原を招ぶ、後に萩原の家に行き奥さんからダンスを習ふ、生まれて初めてなり、ダンスをするごとに二階すこしく動く、辞退してもダンスをせねばならず、奥さんに乞ひてビールを飲み、元気をつける・・・

文中の「萩原」は萩原朔太郎(42歳)です。2週間ほど前(11月10日)、東京田端から当地(東京都大田区山王四丁目4-13 map→)に越してきた犀星は、そうそうに当地のダンス流行の洗礼を受けたのでした。

日記のこの数行が小説になると、以下のようになります。「松平」が犀星で、「織本」が朔太郎で、「 劉子りゅうこ」は朔太郎の妻の稲子いなこ です。

・・・松平は踊ることが出来ないしそんな気にもならなかつたから、何度もかへろうとしたが、織本は皆が間もなく集まるから踊るのを見物してゐたつていいのだよと言ひ、細君の劉子は英語をしやべるやうな声で、松平さんみたいにくすぶつてゐたつて何んにもならないわよ、今夜いらつしつたからには踊らせないで帰さないから、そのつもりでゐらつしやいと言つて、松平の手を取つて無理に引立てようとした。
「教へてあげるからお立ちなさいよ、ダンスなんてそりや簡単なものよ。」
「僕はだめ。全くだめ。」
松平は手首を握られてゐるが立たうとしなかつた。
「そんな気の小さいことを言ふもんぢやないわ、男らしく女に手を取られたら立つものよ。」
 織本は笑つて劉子はおれとはうまいんだから、立つだけ立つて習つて見たらどうだいと、織本らしい放任主義めいた暢気のんきな顔つきで つた。
「でも僕には踊る気がないんだから駄目さ。」
 松平は身もだえをして見たが劉子は少し痛いくらゐ手首に絡みついて、放す気色けしきがなかつた。
「立たなきやだめよ、どうしても踊らせて見せるわよ。」
 劉子は夫の織本にわざと笑つて見せたが、織本はただ をかしさうにくくつと笑つた。松平はどうしても劉子が手を放してくれないので、ちつと執拗しつようさがこぢれていやな気にもなつたが、やつと面倒臭めんどうくさ さうに立ち上つた。
「では少し……」
「ほら、おいやではないんでせう。」
 劉子はあたくしのお腰に右の手をかけるのよとか、あたくしが足を引いたらあなたの足を前に出すのよとか、大胆にあなたの好きなやうに進んでいらつしやいとか・・・・(室生犀星『青い猿』より)

その後、芥川龍之介(没後1年)と思しき「秋川」が訪ねてきて、場がしらける様子が書かれています。有名作家にマジに見つめられて皆萎縮してしまうのでした。芥川が自殺する昭和2年、暇乞いに朔太郎の家を訪れるとダンス会が開かれていたというは事実のようです。犀星はその時のことを織り交ぜたのでしょう。

犀星の小説『青い猿』の挿絵より。踊る人たちの足を凝視するは芥川? 絵は恩地孝四郎 ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 ダンスする犀星を描いた須山計一の漫画。「魚眠洞」は犀星のこと ※出典:『萩原朔太郎(新潮日本文学アルバム)』
犀星の小説『青い猿』の挿絵より。踊る人たちの足を凝視するは芥川? 絵は恩地孝四郎 ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 ダンスする犀星を描いた須山計一の漫画。「魚眠洞」は犀星のこと ※出典:『萩原朔太郎(新潮日本文学アルバム)』

この頃、全国的にダンスがブームで、当地の作家たちも夢中でした。

衣巻省三(28歳)が当地(東京都大田区南馬込四丁目31-6 map→)に住むようになったのが大きいでしょう。彼は東京目黒のアパート「恵比寿倶楽部」にいた大正10年頃から日本社交ダンスの草分け池内徳子からダンスを教わり、当地に来てからも彼女の出張レッスンを受けるほどでした。妻の光子とは帝国ホテルのダンスパーティーで知り合いました。稲垣足穂(27歳)や今井達夫(24歳)もダンスをこなす「モダンボーイ」。足穂は、池内が大正12年に開設した東京西巣鴨の「ダンシング・パビリオン」に住み込んで手伝ったりもしています。

みんなでダンスしようと言い出したのは、宇野千代(30歳)です。 宇野主導の“最初のダンス会” は、宇野尾﨑士郎が住む家(東京都大田区南馬込四丁目28-11 map→)で開かれました。川端康成(29歳)の秀子夫人も参加しているので、川端夫妻が当地に来る昭和3年5月以降のこと(犀星の初ダンスの半年ほど前か)。それまでも開かれていたダンス会が宇野の掛け声で盛大になったのでしょう。会場を衣巻の家の光子夫人の10畳のアトリエに移し、朔太郎の家でのダンス会も合流。朔太郎の家では畳の上でダンスしたので、衣巻の家は(板敷だった?)快適だったようです。

衣巻家でのダンス会にしげく通ったのは、朔太郎の妻の稲子と妹の愛子(後に佐藤惣之助、三好達治の妻となる)佐藤(37歳)、広津和郎(36歳)、志賀直哉(45歳)も参加したようです。朔太郎にいわせると、妻が違う男性とダンスするのを見るのは適度な嫉妬心が喚起され夫婦生活の良い刺激になるとのこと(笑)。

当地でダンスが盛んだったのは、朔太郎が当地に来た大正15年から、朔太郎夫妻がダンスが原因で不和になる昭和3年までの3年間ほど。※ここまでの年齢は上の犀星の日記が書かれた昭和3年11月26日時点のもの

萩原葉子 国枝史郎

当地ゆかりの人でダンスといえば、萩原葉子国枝史郎を第一に挙げなくてはなりません。

萩原葉子は、子どもの頃、両親(朔太郎と稲子)がダンスに熱中したことで辛い思いをしたはずです。昭和4年、稲子(29歳)が、朔太郎(43歳)と自分(9歳)と妹の 明子あきらこ を置いて、ダンス仲間と出奔してしまうのですから。しかし、両親に連れられていった池内の「ダンシング・パビリオン」の記憶などが、後年、甘美に甦ったのでしょうか、昭和40年頃(葉子45歳頃)から突然ダンスに情熱を傾け始めます。

中年から始めたので、おさらい会では、若い女の子たちに囲まれ、相当浮いたようです。葉子が舞台に上がると、娘の演技を見に来た若いお母さんたちの間にかすかな嘲笑が起こったとか。親不孝を自認していた息子の萩原 朔美さくみ さん(映像作家・多摩美術大学名誉教授)はその場に居合わせ、「初めて母親を応援しよう」と思ったそうです。人の目を気にせず、一心に打ち込む母親の姿に心打たれたのでしょう。

葉子は、昭和50年(54歳)にはスペインにわたり本場のフラメンコのレッスンを受け、昭和55年(60歳)にはカルメン役で舞台に立ち、昭和57年(61歳)には 梅丘うめがおか (東京都世田谷区 map→)にダンススタジオつきの家を建て、昭和60年(64歳)には 『ダンス入門』を発行、昭和61年から翌年にかけて(65歳〜67歳)にはカルチャーセンターで指導に当たっています。ダンスが彼女の人生を支えました。

国枝史郎は、当地(東京都大田区)住んでいた昭和11(49歳)、ダンス教師の資格を取り、翌昭和12年には日本橋蛎殻町かきがらちょう Map→にダンス教習所を開いています。ダンスに関する文章も残しました(『国枝史郎伝奇風俗/怪奇小説集成』(長編ダンス小説『 いのち のタンゴ』を収録)Amazon→)。国枝は昭和18年(56歳)に死去しますが、夫人も相当踊れたようで、戦後直後の昭和21年、三島由紀夫(21歳)が国枝夫人からダンスを教わっています。

永井良和『社交ダンスと日本人』(晶文社) 萩原葉子『ダンスで越えた私の人生』(海竜社)
永井良和『社交ダンスと日本人』(晶文社) 萩原葉子『ダンスで越えた私の人生』(海竜社)

■ 馬込文学マラソン:
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→
宇野千代の『色ざんげ』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→
三好達治の『測量船』を読む→
志賀直哉の『暗夜行路』を読む→
稲垣足穂の『一千一秒物語』を読む→
萩原葉子の『天上の花』を読む→
国枝史郎の『神州纐纈城』を読む→
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

■ 参考文献:
●「馬込文士村(7-8)」(谷口英久)※「産経新聞」平成3年1月15日、1月18日) ●『大田文学地図』(染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年発行) P.48-49 ●『青い猿』(室生犀星 春陽堂 昭和7年発行)P.73-90 ※国立国会図書館デジタルコレクション→ ●『昭和初年のインテリ作家』(広津和郎 改造社 昭和9年発行)P.248 ●『父・萩原朔太郎(中公文庫)』(萩原葉子 昭和54年初版発行 昭和61年7版参照)P.105-108 ●『馬込文学村二十年』(今井達夫 鵠沼を語る会 平成24年発行)P.18 ●『萩原葉子(作家の自伝78)』(日本図書センター 平成10年発行)P.268-272 ●『死んだら何を書いてもいいわ 母・萩原葉子との百八十六日』(萩原朔美 新潮社 平成20年発行)P.124-130 ●『馬込文学地図』(近藤富枝 講談社 昭和51年発行)P.72 ●『三島由紀夫研究年表』(安藤 武 西田書店 昭和63年発行)P.57

※当ページの最終修正年月日
2020.12.10

この頁の頭に戻る