大森駅

大森駅

JR東日本京浜東北線、東京〜横浜間の駅。日本初の鉄道開通(新橋〜横浜)後、保線作業員の詰所だったが、4年後の明治9年6月12日、駅となる。翌明治10年、当駅近くでモースが貝塚を発見。駅周辺には多くの作家・芸術家が住み、芸術村の雰囲気を持つ。明治34年〜昭和12年、隣接して京浜急行(海森線)の「大森停車場前駅」があった。参考サイト:ウィキペディア/大森駅→

写真は昭和7年頃の大森駅駅舎 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『大田区史(下)  原典:『新東京大観』

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→