{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

新文学の2潮流(大正13年4月24日づけの高見 順の日記より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高見順

大正13年4月24日(1924年。 高見 順(17歳)が、芸術至上主義の詩人に対する反感を日記に吐き出しています。

・・・北原白秋、西条八十、日夏耿之介、川路柳虹、(野口米次郎)、白鳥省吾、・・・(中略)・・・(萩原朔太郎)、佐藤惣之助、百田宗治、三木露風、生田春月
 右の者 詩を文字の遊戯・官覚の遊戯・情緒の遊戯とまで堕落せしめたる罪により詩人の仮面の使用を禁ず。

若い高見にとって詩は、「切実な現実生活の表現」でなくてはならず、芸術至上主義などは民衆の生活から離れた抽象的で気取った言葉の羅列であり、「くたばっちまへ」なのでした。

数年前から大杉 栄(死後1年)の『自叙伝』やクロポトキンの『相互扶助論』『パンの略取』を読み、大正11年、有島武郎(44歳)が自ら所有する広大な有島農場(北海道狩太村 map→。有島記念館( map→)あり)を無償で小作農に提供したことに痛く感動した高見です。

上の日記が書かれた大正13年は、プロレタリア系の作家が結集して文芸誌「文芸戦線」が創刊された年で(6月創刊)、まさにプロレタリア文学の勃興期にあたり、高見に限らずとも多くの作家がその影響を受けました。芸術至上主義の芥川龍之介までが、社会主義関係の洋書をむさぼり読んだのも大正13年頃。

プロレタリア文学のプロレタリアは労働者のこと。今までの文学は、書生や学生や教師や小金を手にした作家やらが主人公で、油や泥にまみれて働く労働者や社会の底辺にいる人々を直視した作品は限られていました。「文芸戦線」の作家たちは、後者の人々の生き様を表現の中心に据えたのです。大正3年に勃発し、最終的に900万人以上の死者を出した、まさに“人間の愚かしさ”の象徴「第一次世界大戦」(終結は大正7年)。それを食い止めることができなかった旧来の文化・思想・芸術への不信と絶望から、共生・共産・平等を謳う社会主義(マルクス主義、共産主義、アナキズムなど)への期待が世界的に高まっていました。

葉山嘉樹 小林多喜二

文芸戦線」を代表する作家の葉山嘉樹は、労働運動や日本共産党とのかかわりから投獄されていましたが、大正12年、獄中で『淫売婦』Amazon→を書き、大正14年(葉山31歳)、「文芸戦線」に発表、小林多喜二(22歳)らに衝撃を与えました。葉山はこの小説で、性欲と正義感の間で揺れ動く労働者を生々しく描き出しています。そして、悲惨の背景には巨大な“社会悪”・・・プロレタリア文学は 燎原 りょうげん の火のように広まっていきました。

------------------------------------------------------

横光利一 川端康成

かたや、「文芸戦線」創刊の4ヶ月後の同年大正13年10月、それに対抗するかのように芸術派の文芸誌「文芸時代」が創刊されます。こちらには、横光利一(28歳)川端康成(25歳)らが名を連ね、詩的表現を大胆に小説に持ち込み、実験的・先鋭的な作品を並べ、新感覚派と呼ばれて、こちらも脚光を浴びます。旧来の私小説的リアリズムとは一線を画し、旧来の芸術至上主義を継承するというよりは、むしろそれらと対峙。「文芸戦線」と同様、旧来の“知性”に対する不信と反感があり、ダダイズムや未来派や表現主義といった新しい芸術思潮の影響が感じられます。

文芸時代」創刊号に掲載された横光の『頭ならびに腹』青空文庫→は、そのユニークなタイトルといい、奇抜な一節といい、世に“新感覚”を大いにアピールしたことでしょう。冒頭はこんな感じです。

真昼である。特別急行列車は満員のまま全速力で駆けてゐた。沿線の小駅は石のやうに黙殺された。・・・・

文芸戦線」の葉山らも新感覚派のテイストを取り入れ、横光も、マルクス主義の歴史観を取り入れた『静かなる羅列』青空文庫→という面白い小説を書いています。両誌は対峙しながらも、お互いに影響しあって、新文学(モダニズム文学)を盛り上げていったのです。高見は「文芸時代」の熱心な読者でもありました。

------------------------------------------------------

文芸時代」は、「文芸戦線」の勢いの前では影が薄く、32冊出して昭和2年5月に終刊します。

大正14年には、室生犀星(36歳)を慕う堀 辰雄(21歳)らが「驢馬」を創刊、こちらも、を除く中野重治(24歳)、窪川鶴次郎(23歳)といった主要同人が左傾、12冊出しただけで昭和3年5月に終刊します。

同じ大正14年の7月、「新潮」の編集長・中村武羅夫(38歳)を中心に、尾﨑士郎(27歳)岡田三郎(35歳)間宮茂輔(26歳)、佐佐木 茂索もさく (30歳)といった当地(東京都大田区)にゆかりある作家が中心になって「不同調」を創刊。雑誌名が表すように、新興主流の「文芸戦線」「文芸時代」にも、菊池 寛(36歳)の「文藝春秋」にも与せずといった文芸誌。旧来の自然主義文学の信奉者が多く、新しい潮流の中で埋もれそうな“自然主義の巨匠”徳田秋声の支援などもしています。そして、一人一党主義を謳い、バラエティに富むメンバーが集りましたが、潮流を作るまでにはいたらず、昭和4年、44冊出して終刊。

文芸時代」「驢馬」「不同調」は、「文芸戦線」の対抗勢力になり得なかったといえるでしょうか。芥川龍之介の自死が、「文芸時代」終刊の2月後というのも象徴的です。

------------------------------------------------------

話が前に戻りますが、大正6年11月7日、ロシア革命が勃発(ロシア第二革命。十月革命。ユリウス暦だと10月25日だった。この日偶然、山川夫妻が当地(東京都大田区)に居を構えている動乱を避け、プロコフィエフが米国へ移住、途中2ヶ月間ほど日本にも滞在)、大正11年、史上初の社会主義国家・ソビエト連邦(ソ連)が誕生します。日本でも社会主義に対する関心がたかまり同年(大正11年)、(第一次)日本共産党が結成。当局は天皇を中心とした国体の保持に危機感を持ち、列強とともにロシアに干渉しますが失敗に終わり(シベリア出兵。大正7年~大正11年)、国内では社会主義者への弾圧を強めていきます。大正14年、治安維持法が成立、昭和3年3月15日には、社会主義者とそのシンパ、労働組合員ら約1,600名一斉検挙するという「三・一五事件 Wik→」が起きます。小林多喜二は、そのおり、警察官(特に、特別高等警察官(特高))によってなされた残虐な拷問の様子を『一九二八年三月十五日』に生々しく描き出しました。

「三・一五事件」のあった昭和3年3月、「驢馬」の精神的支柱だった犀星が「情熱の射殺」という詩のなかで、「恐ろしいことになるので/仕方なく引金をひいて/自分の中にある情熱を射殺した」と書いています。これは犀星の敗北宣言でもあり、ギリギリの抵抗でもあったのでしょう。

そして、昭和6年9月18日、満州事変が勃発。翌昭和7年、内部のゴタゴタもあったりして「文芸戦線」も廃刊します。

荒俣宏 『プロレタリア文学はものすごい (平凡社新書)』 『新感覚派文学集(日本現代文学全集67)』(講談社)
荒俣 宏『プロレタリア文学はものすごい(平凡社新書)』 『新感覚派文学集(日本現代文学全集67)』(講談社)

■ 馬込文学マラソン:
高見 順の『死の淵より』を読む→
北原白秋の『桐の花』を読む→
萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→
川端康成の『雪国』を読む→
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
堀 辰雄の『聖家族』を読む→

■ 参考文献:
●『詩人 高見 順 その生と死』(上林猷夫<かんばやし・ みちお> 講談社 平成3年発行)P.76-82 ●『新潮 日本文学小辞典』(昭和43年初版発行 昭和51年6刷参照)P.617-618(「新感覚派」の項)、P.1003(「不同調」の項)、P.1018(「文芸時代」の項)、P.1019-1020(「文芸戦線」の項)、P.1237(「驢馬」の項) ●『評伝 室生犀星』(船登芳雄 三弥井書店 平成9年発行)P.236-239

■ 参考サイト:
・ ウィキペディア/●シベリア出兵(平成29年3月30日更新版)→ ●社会主義(平成31年2月19日更新版)→ ●十月革命(平成31年1月18日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2019.4.24

この頁の頭に戻る