{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

夥しい人がお国のために無駄に死んだ(昭和4年10月5日、日本語版『西部戦線異状なし』が発行される)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「西部戦線異状なし」より。突撃して来る敵兵を機関銃で撃ち殺していく場面。鉄条鋼に残る手から思わず目を逸らす「僕」。負傷して一時帰還した「僕」は語る、「最初の砲撃で目がさめた」「戦死は汚くて苦しい」「何万人が国のために無駄に死んだ」と・・・ ※「パブリックドメインの映画(根拠→)」を使用 出典:映画「西部戦線異状なし」

レマルク
レマルク

昭和4年10月5日(1929年。 レマルク(31歳)の『西部戦線異状なし』の日本語版が発行されました。雑誌しか出していなかった中央公論社が、「中央公論」500号記念で出した初の単行本だそうです。

原作の方は、同年(昭和4年)1月に発行され、半年ほどで、フランス、英国、米国などで200万部以上売れ、日本語版も2週間ほどで25刷し、半年で20万部ほど売れます。マルクスの『資本論』をかじり始めていた梶井基次郎(28歳)も読み、痛く感動しています。

小説の主な舞台は、第一次世界大戦(大正3.7.28-大正7.11.11)下の「西部戦線」。ベルギー南部からフランス北東部にまでわたって、ドイツと連合国(フランス、イギリスなど)が対峙したところです。双方に塹壕が掘られ、双方に大量の犠牲者を出しつつも終戦時までほぼ膠着しています(ドイツの東側にも「東部戦線」があった)。

物語は、学校の教師から、祖国ドイツの防衛のためと「愛国心」を吹き込まれた少年たちが兵士に志願するところから始まります。

意気揚々と兵舎に向かう少年たち(マスコミによって全国民に「愛国」が吹き込まれていたので、志願兵はモテモテ)でしたが、直後から幻滅が始まります。彼らの班の班長は町の気のいい郵便屋・ヒムメルストースでしたが、彼は人が変わったように少年たちを鬼のように鍛える(いじめる)のでした。「場」が人を変えてしまいます。そして、最初の砲撃で目を覚めますが、あとの祭り。最後まで志願に躊躇していた気のいいベエムが、真っ先に目を打ち抜かれ、のたうち回って死んでいきました。英国製の上等な長靴がご自慢のケムメリヒも、靴を履く脚を失います。戦争がなければ友だちにでもなれそうな敵国の兵士を一人、また一人と殺してゆく・・・、地獄。

何もいいことのない戦争を目の当たりにして、彼らも戦争について考え始めます。

・・・「だがまったく滑稽だなあ、ようく考えてみると」とクロップは言葉をつづけて、「おれたちはここにこうしているだろう、おれたちの国を護ろうってんで。ところがあっちじゃあ、またフランス人が、自分たちの国を護ろうってやってるんだ。一たいどっちが正しいんだ」・・・

・・・「大がい何だな、一つの国が、よその国をうんと侮辱した場合だな」・・・(中略)・・・「そんならおれたちはここで何にも用がねえじゃねえか」とチャアデンは答えて、「おれはちっとも侮辱されたような気がしてねえものな」・・・

・・・「憲兵のよ、警察のよ、税金のよ、それが貴様たちのいう国家だ。そんなことの学科なら、真っ平だ」
「そりゃあ、うまいことを言ったぞ」とカチンスキイは言って、「貴様初めて本当のことを言ったぞ。国家というものと故郷というものは、こりゃ同じもんじゃねえ。確かにそのとおりだ」・・・

・・・「そんなら一たい、どうして戦争なんてものがあるんだ」
と訊いたのはチャアデンだ。
 カチンスキーは肩をそびやかした。
「なんでもこれは、戦争で得をする奴らがいるに違えねえな」
「はばかりながら、おれはそんな人間じゃねえぞ」
と歯をむき出したのは、チャアデンだ。
「貴様じゃねえとも。ここにゃ誰もそんな奴あいねえよ」
「そうしてみると誰だ」・・・(秦 豊吉 訳『西部戦線異状なし』より)

ケムメリヒの長靴をもらって得意げに履いていたミユツレルも照明弾を食らい死去。クラスで志願した7人の内、「僕」(パウル・ボイメル。入隊時18歳)だけが生き残ります。が、彼も、戦場で、好きだった蝶にふと手を伸ばし瞬間・・・。

人がバタバタ死んでも、全体としての戦況に変化がなければ、司令部への報告は「異状なし 報告すべき件なし」(小説のタイトルになっている)なのでした。国家が第一とされるとき、人一人の命などはかぎりなく軽いようです。

第一次世界大戦では、1,600万人以上の死亡者(戦闘員900万人以上、非戦闘員700万人以上。戦傷者、行方不明者を含めると4,000万人近く(3889万人ほど))が出ました。

第一次世界大戦中の大正5年頃、「戦争を止め得ない芸術などクソ食らえ」と言わんばかりに、“「反芸術」を標榜する芸術運動”(ダダイズム)がヨーロッパ・米国を中心に起きます。

秦豊吉

この『西部戦線異状なし』の日本語訳には、当地(東京都大田区)が深く関係しています。日本語訳したのが、当地(現在の「クラルテ山王」(東京都大田区山王一丁目25-7 map→)あたり)に住んでいた37歳の秦 豊吉は三菱商事の社員で、「大森ホテル」(現在の「山王公園」(東京都大田区山王三目32-6 map→)の場所にあった)に宿泊していたドイツのパイロットを毎日飛行場まで送っていたようです。そのパイロットからドイツ語版の『西部戦線異状なし』をプレゼントされ、その一冊が日本語版の原本になりました。秦はこの訳業を、本業の三菱商事での仕事もこなしながら4ヶ月ほどでやっつけています

4年後の昭和8年には、は、スイスのアスコナmap→という町まで著者のレマルクに会いに行っています。レマルクはドイツ人ですが、『西部戦線異状なし』を書いた3年後の昭和7年、右傾化したドイツを去ってスイスに移住しました。昭和8年ナチスが政権を握ってからは彼に対する攻撃は激化、著作は焼かれ、ドイツ国籍は剥奪され、妹は強制収容所で虐殺されています(日本はそんなナチスと手を組んだのですね)。レマルクは昭和14年米国に亡命し、終戦後の昭和22年には米国に帰化しました。

日本語訳が出た昭和4年の11月には早々に舞台化もされています。脚本は1万字以上が伏字となりますが、その部分で俳優は口をぱくぱくさせるだけでしたが、割れんばかしの拍手と歓声があったそうです。満州事変の2年前までは日本人も、こういった厭戦感情に共感できたのですね。

レマルクの「西部戦線異常なし」の舞台。劇団「築地小劇場」による本郷座での12日間の公演では、連日、客が電車通りにまであふれた ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『築地小劇場史』(水品春樹)
レマルクの「西部戦線異常なし」の舞台。劇団「築地小劇場」による本郷座での12日間の公演では、連日、客が電車通りにまであふれた ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『築地小劇場史』(水品春樹)

小説が書かれた年の翌昭和5年、米国で映画化されます。全篇、爆弾の落下音と爆発音、銃の発射音がシュッシュッと鳴り続け、その不気味さに神経がぴりぴりしてきます。これほど戦場の恐ろしさの表現に成功した映画も少ないのではないでしょうか。第3回アカデミー賞最優秀作品賞と最優秀監督賞を受賞。映画も大ブレイクでした。もちろん「アメリカ国立フィルム登録簿」にも登録されています。

世界は、第一次世界大戦で懲り懲りしたはずなのに、21年後の昭和14年には再び大戦を引き起こしてしまいます。そして、今だに、世界のどこかでドンパチがあって、戦争などやりたくない人たちの命も日々失われています。「〜ファースト」と声高にいう人がいる内は戦争はなくならないでしょうね。

レマルク『西部戦線異状なし (新潮文庫)』。翻訳:秦 豊吉。両足を失った人、失血死しないよう腕を噛み続ける人、頭を失う人など、リアルな戦争はけっして美しくない 映画「西部戦線異状なし」 。監督:ルイス・マイルストン。主演のリュー・エアーズは、以後、戦闘行為を伴う兵役と、好戦的な映画への出演を拒否した
レマルク『西部戦線異状なし (新潮文庫)』。翻訳:秦 豊吉。両足を失った人、失血死しないよう腕を噛み続ける人、頭を失う人など、リアルな戦争はけっして美しくない 映画「西部戦線異状なし」 。監督:ルイス・マイルストン。主演のリュー・エアーズは、以後、戦闘行為を伴う兵役と、好戦的な映画への出演を拒否した
山上正太郎 『第一次世界大戦 〜忘れられた戦争〜 (講談社学術文庫)』。人類初の「総力戦」(国民の心理を含め国力の全ての提出を要求する戦争)であり、未曾有の惨禍を残した第一次世界大戦。飛行機や飛行船による世界初の都市爆撃が行われ、毒ガスも使用された(毒ガス兵器はのちにジュネーヴ協定で禁止されたが、日本とドイツは第二次世界大戦でも使用)。現在のパレスチナ問題の遠因もこの戦争にあった(「フセイン・マクマホン協定」と「バルフォア宣言」の矛盾) 山上正太郎 『第一次世界大戦 〜忘れられた戦争〜 (講談社学術文庫)』。人類初の「総力戦」(国民の心理を含め国力の全ての提出を要求する戦争)であり、未曾有の惨禍を残した第一次世界大戦。飛行機や飛行船による世界初の都市爆撃が行われ、毒ガスも使用された(毒ガス兵器はのちにジュネーヴ協定で禁止されたが、日本とドイツは第二次世界大戦でも使用)。現在のパレスチナ問題の遠因もこの戦争にあった(「フセイン・マクマホン協定」と「バルフォア宣言」の矛盾)

■ 参考文献:
●『詳説 世界史研究』(山川出版社 平成20年初版発行 平成27年10刷参照)P.455-459 ●『行動する異端 〜秦 豊吉丸木砂土〜』(森 彰英 TBSブリタニカ 平成10年発行)P.95-107 ●『梶井基次郎(新潮日本文学アルバム)』(昭和60年発行)P.87 ●『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(編・発行:東京都大田区立郷土博物館 平成8年発行)P.82

■ 参考サイト:
●ウィキペディア/・第一次世界大戦(令和2年9月8日更新版)→ ・西部戦線異状なし(令和2年9月11日更新版)→ ・西部戦線異状なし(映画)(平成26年8月15日更新版)→ ・エーリッヒ・マリア・レマルク(平成27年9月22日更新版)→ ●中央公論新社/会社概要/小史→

※当ページの最終修正年月日
2022.6.10

この頁の頭に戻る