大森ホテル

大森ホテル

大正11年、現在の山王公園の場所(山王三丁目)に開業。バンガロー風の洋式木造2階建てだった。客室は35で、収容人数は60名。ベランダ、花園、ピアノが設置され、各部屋に給湯設備、洗浄式浴室トイレ、網戸があった。徳田秋声山田順子川端康成本田増次郎らも投宿。堀辰雄が結婚式後宿泊し、南川潤が結婚式場に使った。敗戦後、GHQに接収される。参考サイト:北さん堂/東京大森ホテル→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:本田増次郎Web記念館→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→