{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

多面性(昭和22年1月15日、『ヴィナスの誕生』上演される)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

秦豊吉

昭和22年1月15日(1947年。 東京新宿の映画館「帝都座(現在、デパート「新宿マルイ 本館」(新宿区新宿三丁目30-13 map→)があるあたりにあった)の5階の小劇場で、「本邦初の本格的ヌードショウ」が催されました。敗戦から約1年半。これもまた新しい時代の1ページ。

「ヌードショウ」といっても、『ヴィナスの誕生』というヴァラエティショーのほんの一場面で、長くても30秒ほど。名画に扮して、額縁の前に上半身裸の女性が立つというもので「額縁ショウ」 と呼ばれます。 「これは芸術なので許してね」という作戦でしょうか。ショーには歌やコントやダンスもありましたが、やはりお目当ては「額縁ショウ」!?

このショーを企画したのが、当地(東京都大田区山王一丁目)にいた秦 豊吉(当時55歳)です。 東宝の社長を補佐することもあったに、東宝が開設した帝都座5階の小劇場の企画が一任されたのです。

「額縁ショウ」の様子。ヌードといっても薄い布で体を覆っていた。劇場には定員の5倍の観客が押し寄せ、階段にまで長蛇の列ができ、ステージの端にまで押し出される人もいた・・・ 。写真の出典:『行動する異端 秦豊吉と丸木砂土』 (TBSブリタニカ) 「額縁ショウ」の様子。ヌードといっても薄い布で体を覆っていた。劇場には定員の5倍の観客が押し寄せ、階段にまで長蛇の列ができ、ステージの端にまで押し出される人もいた・・・ 。写真の出典:『行動する異端 秦豊吉丸木砂土』 (TBSブリタニカ)

の来歴をみると、多面性が浮かび上がってきます。

帝大法科時代から独語習得に力を入れ、大学2年のとき訳したハウプトマンの『馭者ヘンシェル』が舞台協会の上演台本に採用され、4年のとき訳したゲーテの『若きエルテルの悲しみ(若きウェルテルの悩み)』が新潮社から出版され、独語翻訳家として活躍し始めます。大田黒元雄らの「音楽と文学」の同人でもありました

ところが、大正6年(25歳)、帝大卒業後あっさりと、三菱商事の社員となって、実業の世界に入ります。3年後(大正9年。28歳)にはドイツのベルリン勤務となりました。

昭和4年、秦(37歳)に再び翻訳魂が甦ります。『西部戦線異常なし』という世界中でブレイクしていた反戦小説の独語版を、仕事の関係でプレゼントされたのです。秦は三菱商事の仕事もこなしながら、それこそ寝食を忘れて、これを翻訳。日本にも『西部戦線異常なし』のブームをもたらしました。昭和8年、秦は欧米劇界視察で外遊のおり、スイスで著者のレマルクと面談しています。

翻訳にしても、実業にしても、どちらかといえば“お堅い”世界ですが、そこで活躍していた人が「本邦初の本格的ヌードショウ」を企画したのです。

丸木砂土(マルキ・ド・サドのもじり)という名で、“エッチな本”もたくさん書いています。『好色独逸女』、『女性西部戦線』(『西部戦線異常なし』のもじりか)、『夫婦愛し方読本』などなど。

のこの多面性は、柔軟でタフな性格と体力、旺盛な好奇心があってのものでしょうが、成り行き上そうなった面もあります。が渡った頃のベルリンは国際的な歓楽都市で、そこに6年半滞在し、日本からの客を遊び場に案内しているうちに“色の世界”にもすっかり詳しくなったとか。三菱商事を退社して東宝に転職したのが昭和8年(41歳)です。

周期的に別人格に入れ替わる人物が登場する『友田と松永の話』(『谷崎潤一郎(ちくま日本文学全集)』Amazon→に収録)という谷崎潤一郎の小説があります。がモデルではないかと推測されています(森 彰英氏)。

秦豊吉

と一高で同期だった山本有三も、文学だけでなく、教育でも、政治でも活躍しました。山本の行った教育は今からしても相当斬新なものでしたし、戦後、山本が取り組んだ「国語の民主化」はかの時代にあって極めて 喫緊きっきん な問題でした。時代の要請があって彼の才能が多方面で発揮された感がありますが、彼の中では、教育であれ、政治であれ、同じ“言葉の問題”だったかもしれません。

大田南畝 平賀源内
平賀源内

時代の要請といっても、狂歌三大家の一人の大田南畝が、突然別人のようになって幕臣として励むようになるのは、切迫した政治的な理由からでした。

多芸の人・平賀源内(植物学、地質学、医学、句作、戯作、、洋画、発明、焼き物、商売などに通じた)は好奇心の塊で、長崎に遊学して蘭学・医学・油絵・鉱山の採掘精錬技術を学び、湯島の聖堂に寄宿して儒学や漢学も学び、学ぶだけでなく極めて実践的でもありました。鉱床を発見・開発したり、産物や薬や絵暦の博覧会(展示会)をして商品を広めたり、ブローカー的な役割も果たしたりもしたようです。エレキテル(静電気発生装置)を復元したことでも有名です。浄瑠璃作家としても活躍しました(福内鬼外の名で書いた)。当地(東京都大田区)の新田神社にまつわる新田義興の伝承を脚色した『神霊矢口渡』が大ヒットし、当社の再興にも寄与したとのこと。当社の神職が源内に作品を依頼したという説もあります。源内が考案した当社の矢守を破魔矢の起源する説は、そこらへんの事情と関係しているのでしょうか。

北園克衛 宮沢賢治

北園克衛は詩人またはデザイナー・アーティストとして知られていますが、彼の名刺の肩書きには「ライブラリアン(図書館員)」とありました。昭和10年(33歳)、「日本歯科大学」(東京都千代田区富士見一丁目9-20 map→)の図書館に就職し、没年(昭和53年。75歳)まで勤め上げています。図書館長だったこともありました。食い扶持が確保できていたから、世に媚びることなく(売らんかなにならずに)、我が道を行けたのでしょうね。

宮沢賢治も、詩人・童話作家といった一面だけで語れる人ではありません。

様々な理由で、一時期、他の職業を掛け持った作家ならいくらでもいますが(夏目漱石芥川龍之介三島由紀夫間宮茂輔などもそう)、石坂洋次郎は15年近くも女学校・旧制中学校(教え子に「むのたけじ」がいる)の教師をしながら書いていたし、井上 靖も15年間くらい大阪毎日新聞社に務めながら書いていました。小関智弘さんなどは、なんと51年間も旋盤工をしながら書いておられました。

森 彰英『行動する異端 ~秦豊吉と丸木砂土~』(阪急コミュニケーションズ) 『みんなで読もう山本有三』(笠間書院)。編:三鷹市山本有三記念館
森 彰英『行動する異端 ~秦豊吉丸木砂土~』(阪急コミュニケーションズ) 『みんなで読もう山本有三』(笠間書院)。編:三鷹市山本有三記念館
『平賀源内 〜エレキテルをつくった天才発明家〜(学習漫画 日本の伝記)』(集英社)。監修:永原慶二、著:蔵持重裕、イラスト:古城武司 スティーヴンスン 『ジーキル博士とハイド氏 (岩波文庫) 』。善良な紳士のジキル博士は、快楽追及のみに生きる凶暴なハイド氏でもあった。精神病理学的な多面性
『平賀源内 〜エレキテルをつくった天才発明家〜(学習漫画 日本の伝記)』(集英社)。監修:永原慶二、著:蔵持重裕、イラスト:古城武司 スティーヴンスン 『ジーキル博士とハイド氏 (岩波文庫) 』。善良な紳士のジーキル博士は、快楽追及のみに生きる凶暴なハイド氏でもあった。精神病理学的な多面性

■ 馬込文学マラソン:
『北園克衛詩集』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→
間宮茂輔の『あらがね』を読む→
石坂洋次郎の『海を見に行く』を読む→
井上 靖の『氷壁』を読む→
小関智弘の『大森界隈職人往来』を読む→

■ 参考文献:
●『行動する異端 ~秦 豊吉丸木砂土~』(森 彰英 TBSブリタニカ 平成10年発行)P.7-16、P.39-45、P.65-69、P.131-137 ●『大田文学地図』(染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年発行)P.120-121 ●『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(編・発行:東京都大田区立郷土博物館 平成8年発行)P.82 ●『山本有三(新潮日本文学アルバム)』(昭和61年発行)P.44-48、P.70-77 ●『カバンのなかの月夜 〜北園克衛の造型詩〜』(監修:金澤一志 国書刊行会 平成14年発行)P.130-133

※当ページの最終修正年月日
2023.1.16

この頁の頭に戻る