北園克衛

北園克衛

きたぞの・かつえ。明治35年三重県生まれの詩人・造形作家・デザイナー。シュールリアリズムから出発し、文字・行・連の形状を利用した前衛詩、写真による詩(プラスティック・ポエム)など独創的な詩を書いた。日本におけるエディトリアルデザインのリーダーとしても原弘と並び称される存在。主宰誌の「VOU」を没年まで発行した。昭和9年から馬込文学圏(南馬込五丁目)に住む。昭和53年(75歳)死去。[馬込文学マラソン]『北園克衛詩集』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:新潮日本文学アルバム『山本周五郎』

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→