(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

石坂洋次郎『海を見に行く』を読む(凄まじい夫婦喧嘩)*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

題名がロマンチックなわりに、最初から激しい。

登場する夫婦は、当地(東京都大田区)の本門寺の近くに住んでいる。 子どもも一人いる。夫はまだ大学生で、この三人家族は、親からの仕送りで生活している。 妻もずいぶん若いようだ。

この夫婦が始終喧嘩している。 凄まじい悪態の応酬はとどまることがない。 書き出しからこんな調子。

トゲの多い小魚を上手に食べる女は世帯持がよろしい、とみて来たような嘘を言つてのける奴だ、馬鹿奴。
 で、今朝もまたふくれつ面だ。
 祖末な束ね髪、禿げあがつた額、とがつた鼻、耳だけは肉が厚くずい分と大きい。それで、皿小ばちがいつぱい散らかつたチヤブ臺を胸にひきよせて、子供が食べ残した煮魚の骨をしやぶつて居るのだ。ひどい舌なめずりだ。 ・・・

これは、夫の目から妻を書いている。ずいぶんこき下ろしたもんだ。

妻だって黙ってはいない。 方言丸出しで 「フン、いいふりばかり吐いで何だベエ。言われて口惜しいんだら、かがや子供をやしなつてみせればええ、大学生ア」 と言い返したり、 「まあ、どうしよう・・・・・・ハルキチ、父さんがまた落第するよ、二度だと、私は面目ない・・・・・」 と聞こえよがしに子どもに話しかけ、えんえんと泣き出す。 さらには夫の実家から仕送りされてきた1円札を吹いて飛ばしたりするのだ(笑)。

で、この夫婦はなぜこんなにもいがみ合っているのか?

実は、この新婚の家庭には、今、夫の同郷の友人が居候しているのだ。 夫は何とかしてやりたいと思うが、妻は、仕送り頼りのいっぱいいっぱいの生活なのに夫が居候を許したことで、頭にきている。

“無制限の友情” に郷愁を感じる夫。 でも、実生活においては、お腹をすかせる妻と子どもだ。 妻をののりしつつも、夫の気持ちは揺れる・・・・・・。


『海を見に行く』 について

石坂洋次郎『海を見に行く (角川文庫)』

大正14年、大学卒業直後に書き上げられた石坂洋次郎(25歳)の初の本格小説。当地(東京都大田区)に住んだ頃のことが原型になっていると思われる。

掲載予定の「三田文学」が一時休刊になったため発表が遅れたのを不掲載と考え、失望し帰郷。2年後の昭和2年、 「三田文学」(2月号)に掲載され話題となる。

■ 作品評
・ 「この第一行の力強さに、特に 『馬鹿奴』 に私はどぎもを抜かれ、全篇を一気に読了して、狂喜した」(勝本清一郎
・ 「とにかく近来の傑作」(「三田文学」 編集後記)
・ 「軽妙でゐて、人生の深淵を覗かせる含蓄に富む」(北原武夫
・ 「巧妙な話術となんともいえぬおかしさ」(河盛好蔵


石坂洋次郎について

石坂洋次郎
石坂洋次郎  ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典 : ウィキペディア/石坂洋次郎→

作品が掲載されず、高校教師に
明治33年1月25日、青森県弘前市で生まれる。 3人兄弟の次男坊。 病弱だった。 小学校高学年の頃からコンニャク版の回覧誌を作って小説を試みる。 中学生で地方新聞へ詩や短歌や小説の投稿を開始。 大正6(17歳)、 「時事新報」 の懸賞小説で入賞した。

慶応大学文学部在学中、うら子と結婚。 石坂21歳、うら子17歳だった。 二人の間には何度も確執があり、石坂は「私が強い個性の男だったら、十ぺんぐらいもお前と離婚していたろう」と語った。石坂作品の『麦死なず』に、妻が左翼運動に熱中し、夫と子どもを置いて活動家の男と出奔する下りがあるが同じようなことが実際にあったようだ。苦労は多かった反面、うら子が石坂文学の源泉になったといえる。うら子夫人は、 戦後、執筆に追われる夫を助け、出版社や映画会社との交渉などマネージャー的な役割も果たす。 昭和46年(石坂71歳)、うら子が死去、石坂の作品数は減少した。

大学卒業直後(大正14年 25歳)、 『海を見に行く』 を書き上げたあと、郷里に帰って弘前市内の女学校の教師になる。1年後、秋田県横手に移動。 横手城南高校と横手高校で教鞭をとる。 そこで13年間暮らす。 むのたけじは、横手中学時代の教え子。

筆禍を経て、人気作家へ
昭和8年(33歳)、 「三田文学」 に 『若い人』 を連載。 爽やかな青春像が受けヒットする。 しかし 「皇室に対する不敬の個所と、軍人に対する誣告的個所」があるとして右翼団体から告訴された。 予定されていた「朝日新聞」への連載は取りやめになり、また彼の教職員辞職の時期を早める結果になった。 昭和11年(36歳)発表された自薦の一作 『麦死なず』 は、夫と子どもを置き去りにして左翼運動家と出奔する妻を描いたものだが、この作品は反対に左翼系の評論家から 「左翼運動を誹謗している」 と酷評された。 “波乱の少ない作家”のイメージがある石坂だが、右からも左からもそうとう叩かれている。 昭和14年(39歳)、横手女学校を退職、上京して執筆に専念する。 太平洋戦争中は、陸軍報道班員として尾﨑士郎らとフィリピンに派遣された。

『青い山脈』で国民的作家へ
昭和22年(47歳)、 『青い山脈』 を「朝日新聞」に連載。 旧弊を突き破ろうとする若いエネルギーを描いて、終戦直後の開放感と相まって、大ヒット。映画(池部 良が主演)も当たって国民的作家になる。 翌年、 『石中先生行状記』。 昭和31年(56歳)からは「読売新聞」に 『陽のあたる坂道』 を連載。

石坂作品の健全さは、13年間におよぶ教員生活などで培われた常識的なバランス感覚に由来するといわれる。無頼な生活を送った同郷の作家葛西善蔵を敬愛したが、「私自身は、葛西太宰治のように、文学のために家族に辛い苦しい思いをさせる人間ではありたくない」 と語った。

昭和61(1986)年10月7日、86歳で死去した。墓所は多磨霊園( )。

石坂洋次郎 『若い人 (新潮文庫)』 石坂洋次郎 『陽のあたる坂道 (新潮文庫)』
石坂洋次郎 『若い人 (新潮文庫)』 石坂洋次郎 『陽のあたる坂道 (新潮文庫)』
石坂洋次郎 『青い山脈 (新潮文庫)』 石坂洋次郎 『青い山脈 (新潮文庫)』 Amazon/映画(出演:原 節子、池部良ほか)→

石坂洋次郎と馬込文学圏

一浪して慶応大学に進み、大正10年(21歳)学生結婚後、当地(東京都大田区)の近く東京都品川区大井の水神下に住むが肺炎にかかり療養のため家族と帰郷。 翌年、単身上京、慶応大学国文科に入り直し、 大正13年(24歳)、当地(東京都大田区南馬込三丁目39-5 map→)で妻子を迎えた。 北村小松が借りていた所を譲り受けた。 『海を見に行く』 では 「長屋」 とある。幼い頃の池部 良が近くに住んでいてちょくちょく見かけたとか。北村とは慶応つながりだろうか。 翌14年(25歳)6月に郷里に戻るので、当地にいたのは1年ほど。

作家別馬込文学圏地図 「石坂洋次郎」 →


参考文献

● 『大佛次郎石坂洋次郎集(現代日本文学全集80)』(昭和31年 筑摩書房) P.337-345、P.420、P.427 ● 『海を見に行く(角川文庫)』(石坂洋次郎 昭和31年初版 昭和32年再版参照) P.207-208 ● 『わが半生の記』(石坂洋次郎 新潮社 昭和50年) P.110 ● 『大田文学地図』(染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年) P.84、255-258 ●『馬込文士村の作家たち』 (野村裕 非売品 昭和59年) P.86、P.162-171 ● 『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(東京都大田区立郷土博物館編・発行 平成8年発行) P.2-3 ● 『わが町あれこれ 4号』(城戸昇編 あれこれ社 平成6年) P.23 ● 『馬込文士村資料室・資料一覧』(大田区立馬込図書館 平成8年) P.1 ● 『昭和文学作家史(別冊一億人の昭和史)』(毎日新聞社 昭和52年発行) P.190-194 ● 『風が吹いたら』(池部良 文藝春秋 平成11年8刷) P.305-319 ●「朝日新聞」 「be」 愛の旅人 「青い山脈」までの葛藤(平成19年5月19日発行) ●「朝日新聞」 「be」 うたの旅人 「青い山脈」(平成21年6月6日発行)

※当ページの最終修正年月日
2018.8.1

この頁の頭に戻る