石坂洋次郎

石坂洋次郎

明治33年青森県弘前市生まれの小説家。慶応義塾大学在学中、馬込文学圏(現・中央四丁目?)の北村小松が借りていた家を譲り受け、しばらく住む。その頃のことを書いた『海を見に行く』で注目された。秋田県で高校の教師をしながら書いた『若い人』、戦後復興期のシンボル的作品『青い山脈』など、ユーモアに富む、健全なトーンが受け、人気作家になる。昭和61年(86歳)死去。【馬込文学マラソン】石坂洋次郎の『海を見に行く』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/石坂洋次郎(平成27年8月9日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→