映画の著作権の保護期間

2004年施行の著作権法により公表後70年間。2003年までは1971年施行の著作権法により公表後50年だったが、1971年時点でそれ以前の著作権法による保護期間(著作者の死後38年間、団体名義のものは公表後33年)の方が長い場合はそちらが採用される。参考サイト:骨董通り法律事務所/コラム・論文/「古くて新しくて悩ましい― 映画の著作権保護期間について」(弁護士 唐津真美)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→