高見順

高見順

たかみ・じゅん。明治40年福井県三国町生まれの小説家。日本プロレタリア作家同盟城南地区のキャップとなり大森警察に留置され、拷問を受け、転向。妻に去られた苦悩を独特な文体で書いた『故旧忘れ得べき』は、現代文学の嚆矢とされる。後の作品にも、私生児体験や思想的挫折を折り込んだ。昭和5〜18年当地(大森北四丁目など)に住む。昭和40年(58歳)、設立に尽力した日本近代文学館の起工式の翌日、食道癌で死去。[馬込文学マラソン] 高見順の『死の淵より』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典: 『馬込文士村ガイドブック』 (東京都大田区立郷土博物館)

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→