{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

人生を支える一冊(大正13年1月29日、小島政二郎、ロマン・ローランの誕生を祝す)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小島政二郎 マン・ローラン

大正13年1月29日(1924年。 小島政二郎(29歳)が、ロマン・ローラン(58歳)の誕生日を祝って、写真の前に赤飯を供えたとのこと。その後も毎年そうしたようです。

1年前の関東大震災(大正12年9月1日)で小島も大きな打撃を受けますが、その頃ちょうど、ロマン・ローランの 『ジャン・クリストフ』 を読んでいて、主人公のジャンが不幸と格闘して自力で運命を切り開いていく姿に感動、小島も困難に立ち向かっていくことができます。一冊の本が小島を励まし支えたのです。

主人公のジャンは、ベートーヴェン、ミケランジェロ、ミレー、トルストイを合体したような超人ですが、けっこう変なヤツで親しみが持てます(笑)。

------------------------------------------------------

プロコフィエフ プロコフィエフ ショーペン
ハウエル
ショーペン
ハウエル

大正7年、27歳のプロコフィエフが、ロシア革命の混乱を避けて米国へ向かう途上、5月31日から8月2日までの約2ヶ月間日本に滞在しました。そのおり、ショーペンハウエルの『意志と表象としての世界』を携行。

ショーペンハウエルは、かつて日本人にも、学生を中心によく読まれた哲学者です。当時の学生の口の端にのぼる「デカンショ」は、デカルト、カント、ショーペンハウエルの略と言われます。ショーペンハウエルについて、辻 まことが次のように書いています。

・・・私は静かな読書が好きだ。元来読書というのはそんなものじゃないだろうか、いつだったか、ショーペンハウェルについて折原 脩三 しゅうぞう さんと話したことがあって、この哲学者の本がどうしてもっと読まれ評価されないのか不思議だといったら、折原さんは、きっとそれは意外に多くの人が読んでいるのだろうが、直接彼の哲学が問題意識として壁にぶつかったボールのように世間にハネ返ることなく、種のような形でしみ込んでしまうせいではないだろうかといった意味のことをいわれた。
 確かにショーペンハウェルの哲学は詩心をもって読まれなければならないし、またそれを読者にうながす著作だ。・・・(辻 まこと「親孝行の弁 ─おやじとおふくろの本」より)

幕末頃に生きたショーペンハウエルは、近代の病弊(自己中心的享楽主義、没理想的な営利追求主義など)にいち早く気づき、それに抗いました。 ワーグナー、ウィトゲンシュタイン、アインシュタイン、フロイト、ユング、トルストイ、トーマス・マン、森 鴎外堀 辰雄萩原朔太郎、筒井康隆らにも小さくない影響を与えたようです。

------------------------------------------------------

高峰秀子 新村 出
新村 出

松竹蒲田撮影所で5歳から子役をやっていた高峰秀子は、通勤の便から13歳まで当地(東京都大田区蒲田と大森)に住んでいました。子役としてひっぱりだこで小学校へもろくに通えなかった彼女を支えたのが、蒲田尋常高等小学校(現・大田区立蒲田小学校。東京都大田区蒲田一丁目30-1 map→)の1~2年の時の担任。彼が差入れてくれた児童雑誌「コドモノクニ」や「小学一年生」で本と出会います。本屋には「私みたいなバカが入っちゃいけない場所」と思っていたそうですが、大森の安アパートで一緒だった「川島のニイちゃん」に励まされて入れるようになり、安い本(おもに、星一つ(20銭)の岩波文庫)を買ってむさぼり読むようになります。後年、高峰は「一冊の本」として『広辞苑』(編集: 新村 出しんむら・いづる )をあげています。自分をバカだと思い、一生言葉を学び続けたのです。自分をバカだと思わない人はちょっと見習った方がいいかも?

------------------------------------------------------

小池真理子さんも小学校6年の頃、当地(東京都大田区久が原)に住んでいました。 その頃、東急池上線「千鳥町駅」前の本屋でモンゴメリーの『赤毛のアン』を買って読んだそうです。この一冊が、彼女の読書の原点なんだそうです。

近年まであった千鳥町駅前の本屋(map→)。平成23年撮影 近年まであった千鳥町駅前の本屋map→。平成23年撮影

折口信夫は柳田国男の『遠野物語』のことを

これの世の 珍宝 うづたから 、我が為の 道別 ちわ きのふみ

と言っています。

小林多喜二の一冊は、葉山嘉樹の『淫売婦』でしょうか。

……葉山嘉樹氏の単行本「淫売婦」を借りて読む。自分にとっては少なくとも記念すべき出来事である。…(中略)…どんな意味に於ても、自分にはグアン!と来た。言葉通りグアンと来た……

と22歳のときの日記に書いています。

一高時代から志賀直哉に傾倒した川端康成は、志賀の短編集『夜の光』Amazon→

日本では第一の書とだいじにした

そうです。

高村薫さんの『レディ・ジョーカー』Amazon→根来ねごろ という社会部の記者が出てきます。彼が仮住まいに携えるのが、フランスの女性哲学者・シモーヌ・ヴェーユWik→。著者の高村さんが若い頃影響を受けた人のようです。

ロマン・ローラン『ジャン・クリストフ (岩波文庫)』。訳:豊島与志雄。15年かけて書かれた大河小説の先駆。ノーベル文学賞受賞作 ショーペンハウアー 『意志と表象としての世界〈1〉 (中公クラシックス) 』。訳:西尾幹二 解説:鎌田康男
ロマン・ローラン『ジャン・クリストフ (岩波文庫)』。訳:豊島与志雄。15年かけて書かれた大河小説の先駆。ノーベル文学賞受賞作 ショーペンハウアー 『意志と表象としての世界〈1〉 (中公クラシックス) 』。訳:西尾幹二 解説:鎌田康男
『広辞苑 第六版 (普通版) 』(岩波書店)。編集:新村 出 モンゴメリ 『赤毛のアン (赤毛のアン・シリーズ〈1〉) (新潮文庫) 』訳:村岡花子。聖書からの引用箇所などの註釈があり、読書のヒントになる
『広辞苑 第六版 (普通版) 』(岩波書店)。編集:新村 出 モンゴメリ 『赤毛のアン (赤毛のアン・シリーズ〈1〉) (新潮文庫) 』訳:村岡花子。聖書からの引用箇所などの註釈があり、読書のヒントになる
柳田国男 『遠野物語 ―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)』 頭木(かしらぎ) 弘樹 『絶望図書館 〜立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語〜 (ちくま文庫)』
柳田国男 『遠野物語 ―付・遠野物語拾遺 (角川ソフィア文庫)』 頭木かしらぎ 弘樹 『絶望図書館 〜立ち直れそうもないとき、心に寄り添ってくれる12の物語〜 (ちくま文庫)』

■ 馬込文学マラソン:
小島政二郎の『眼中の人』を読む→
プロコフィエフの『彷徨える塔』を読む→
辻 まことの『山の声』を読む→
堀 辰雄の『聖家族』を読む→
萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→
小池真理子の『欲望』を読む→
志賀直哉の『暗夜行路』を読む→
川端康成の『雪国』を読む→

■ 参考文献:
● 『眼中の人』(小島政二郎 文京書房 昭和50年発行) P.299-309 ●『プロコフィエフ短編集』 (サブリナ・エレオノーラ・豊田菜穂子共訳 群像社 平成21年発行) P.190 ● 『辻 まこと・父親辻 潤』(折原脩三 リブロポート 昭和62年発行) P.105-108  ● 『意志と表象としての世界(1)(中公クラシックス)』(ショーペンハウアー 訳:西尾幹二 解説:鎌田康男 平成16年初版発行 平成27年8版参照)P.1-5 ● 『わたしの渡世日記(上)(文春文庫)』(高峰秀子 平成10年初版発行 平成23年12刷参照)P.34-188 ● 『小林多喜二(新潮日本文学アルバム)』(昭和60年発行) P.37 ● 「川端康成(新潮日本文学アルバム)」(昭和59年発行) P.13

■ 参考サイト:
・ ウィキペディア/●ジャン・クリストフ(平成25年12月5日更新版)→ ●アルトゥル・ショーペンハウアー(平成27年4月12日更新版)→  ●新村 出(平成31年1月5日更新版)→

WEB「本の雑誌」/作家の読書道/第56回 小池真理子さん→

※当ページの最終修正年月日
2019.1.28

この頁の頭に戻る