トルストイ

トルストイ

1828年、ロシアのヤースナヤ・ポリャーナで終世過ごした小説家。9歳までに両親を失い親戚に育てられる。カザン大学を中退、ルソーを耽読した。『戦争と平和』を執筆。教育、農地問題にも取り組む。『アンナ・カレーニナ』執筆後、原始キリスト教的な言論で政府や教会と対立。『復活』を執筆。夫人との不和から1910年(82歳)家出、肺炎をこじらせて駅長官舎で死去する。日本人にも多大な影響を与えた。参考サイト:ウィキペディア/トルストイ→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/レフ・トルストイ(平成26年9月9日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→