{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

映画が大好き!(昭和4年3月8日づけの室生犀星の日記より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

室生犀星が当地(東京都大田区)の映画館で観た「サンセット大通り」「わかれ雲」(五所平之助監督)の一場面。右上の女性は「天国と地ごく」に出演したヴァージニア・メイヨ。「絶えず柔らかい微笑を見せてゐたが、非常に美しい」と犀星が日記に書いている ※「パブリックドメインの映画(根拠→)」を使用 ウィキペディア/サンセット大通り(平成27年9月23日更新版)→ 日本映画の鉄道シーンを語る/83.わかれ雲→ ウィキペディア/ヴァージニア・メイヨ(平成27年1月26日更新版)→

 

室生犀星

昭和4年3月8日(1929年。 室生犀星(39歳)が、次のように日記に書いています。

・・・夜、ミヤコ・キネマ見物。
見物途中に火事あり、この館にて帝キネの物を見るは、草深き田舎に住める感じあり、人口五千位の町に住める心持するなり、決して悪き気分にはあらず。

「ミヤコ・キネマ」(「 みやこ キネマ」)は、当地にあった映画館(後に「キネマ大陽館」「山王映画」)。現在マンション「アンジュ荻野」(東京都大田区山王一丁目43-10 map→)が建っているあたりにありました。犀星は大の映画好きだったようで、彼の日記には、当地の映画館と思しき「大森ヒカリ座」「新井キネマ」「大森キネマ」という名が頻繁に出てきます。2日連続で行くこともあれば、知り合い(平木二六や西沢隆二)と行くこともありました。

映画の蘊蓄もあり、昭和7年発表の『青い猿』という小説で犀星(42歳)は、片山広子がモデルと思しき人物を次のように書いています。

・・・愛蘭土アイルランド 文学の名翻訳家で五十ぐらゐの夫人で、どういふ場合でも他人の陰口をいはない典雅な夫人だつた。年よりもずつと若くてどこかフランチエスカ・ベルチニといふイタリイの古い女優の顔に似てゐた。・・・

もちろん映画好きだったのでしょうが、犀星の映画館通いには一つ“秘密”がありました。大森駅近くのアパートで世話をしている女性がいて、映画鑑賞のおり、または映画鑑賞と称して彼女に会うことがあったようです。妻のことも子どものことも彼流に徹底して愛した犀星ですが、そんなこともあったのですね。犀星が死ぬ半年前にそのことを知った犀星の娘で作家の室生朝子は、そのことを恨まず、むしろ「誰をも不幸にしなかった父の『完全犯罪』」と褒め称えて(?)います。

山本周五郎

「ミヤコ・キネマ」(「都キネマ」「山王映画」)には、昭和5年に当地(東京都大田区)入りした山本周五郎も足を運んでいます。当地の文学史に詳しい近藤富枝さんによると、周五郎は、「ミヤコ・キネマ」で見た映画「原田甲斐」(甲斐を大忠臣に描いている)にヒントを得て、『樅ノ木は残った』を書いたとか。だとしたら、 「原田甲斐大忠臣説」は周五郎が最初でないことになりますね。

「ミヤコ・キネマ」(「都キネマ」「山王映画」)は犀星の日記に初出する昭和3年にはあり、昭和20年の空襲では火に巻かれたようなので無事であったかどうか。

・・・みるみる、火の手あがる。壕の周りにゐた者が騒ぎ出した。市場の附近だ。前の石段にあがってみる。山王映画の建物の頭部が見える。そのうしろが火だ。・・・(添田知道の昭和20年4月15日づけ日記より)

昭和15年の地図に「山王映画」がある。品川区との境の道沿いにあった。徳富(蘇峰)邸(現・山王草堂記念館)は現在の2倍以上あったのでは 昭和15年の地図に「山王映画」がある。品川区との境の道沿いにあった。徳富(蘇峰)邸(現・山王草堂記念館)は現在の2倍以上あったのでは

大正9年6月、当地(東京都大田区)に松竹蒲田撮影所ができた頃から、全国的に映画の勃興期に入り、今よりもずっと映画館が建ちました。当地にも「ミヤコ・キネマ」(「都キネマ」「山王映画」)の他に、松竹蒲田撮影所ができた年(大正9年)に「大森寿館(後に「大森電気館」)」(大森中)、大正11年には蒲田で初の「蒲田常設館」、関東大震災(大正12年9月1日)後も、「蒲田富士館」「羽田劇場」「旭館(後に「蒲田キネマ」「昭和館」)」(南蒲田)ができました。昭和8年の大森区の地図にある「日活館」「大森劇場」「弥生館」「大森会舘」も映画館でしょうか。

いつ頃できていつ頃なくなったか分かりませんが、「みずほ劇場」(「サウナみずほ」(大森北一丁目34-16 map→)あたりにあったらしい。その隣か同じビルに「大森エイトン劇場」もあったようだ)、「大森ハリウッド劇場」(「カドヤ食品第2駐車場」(山王三丁目1-5 map→)あたりにあったというかまぼこ型の洒落た映画館)、「大森東映」という映画館もあったようです。

現在(平成28年1月18日現在)、当地(東京都大田区)にある映画館は、「テアトル蒲田・蒲田宝塚」「(JR蒲田駅西口のアーケード商店街「サンライズ蒲田」内「東京蒲田文化会館」(西蒲田七丁目61-1 map→ Site→) 4F」、「平和島シネマサンシャイン」(平和島一丁目1-1 ビッグファン平和島 4F map→)、「キネカ大森」(品川区南大井六丁目27-25 西友大森店 map→ Site→)の4館のようです。

南川潤

南川 潤の小説『風俗十日』で、池上通りのスタンドバーの女給・逸子が、新米マダムと客のデートに付き合わされていく映画館は、「省線(現在のJR)の線路を越した下の町」にあるというので、ガードを越してすぐとしたら、「みずほ劇場」か「大森エイトン劇場」でしょうか。

絲山秋子 いとやま・あきこ さんの『イッツ・オンリー・トーク』(Amazon→に出てくる「ヨーカドーの上の映画館」は「テアトル蒲田・蒲田宝塚」でしょう。平成16年まで、同館が入っている「東京蒲田文化会館」の地下1階から3階に「イトーヨーカ堂」が入っていたようです。

三島由紀夫

当地(東京都大田区)にゆかりのある作家で映画をよく見たのは、上に挙げた犀星周五郎が一番でしょうか。三島由紀夫も一冊の本になるくらい映画評論を書いているので、好きだったのでしょうね。ゴジラも見ていますし、自らメガホンをとり主演したこともありました。

『文豪文士が愛した映画たち (ちくま文庫)』。編集:根本隆一郎。平成30年発行 『三島由紀夫映画論集成』(ワイズ出版)。監修:平岡威一郎ほか
『文豪文士が愛した映画たち (ちくま文庫)』。編集:根本隆一郎。平成30年発行 三島由紀夫映画論集成』(ワイズ出版)。監修:平岡威一郎ほか
寺山修司『ポケットに名言を (角川文庫)』。「ぼくの学校は映画館の暗闇」だったと語り、またあるところでは、「映画館の暗闇で座っていても何も始まらない」と観客を挑発し続けた寺山修司。彼による“名言(迷言)”集。映画のセリフや歌謡曲からも拾われている 川本三郎『映画を見ればわかること』(キネマ旬報社)
寺山修司『ポケットに名言を (角川文庫)』。「ぼくの学校は映画館の暗闇」だったと語り、またあるところでは、「映画館の暗闇で座っていても何も始まらない」と観客を挑発し続けた寺山修司。彼による“名言(迷言)”集。映画のセリフや歌謡曲からも拾われている 川本三郎『映画を見ればわかること』(キネマ旬報社)

■ 馬込文学マラソン:
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
山本周五郎の『樅ノ木は残った』を読む→
南川 潤の『風俗十日』を読む→
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

■ 参考文献:
●『室生犀星全集 別巻一』(新潮社 昭和41年発行) P.76-135、P.428-474 ●『青い猿』(室生犀星 春陽堂 昭和7年発行)P.117 ●『評伝 室生犀星』(船登芳雄 三弥井書店 平成9年発行)P.263-267 ●『馬込文学地図』(近藤富枝 講談社 昭和51年発行)P.210 ●『空襲下日記』(添田知道 刀水書房 昭和59年発行)P.123-125 ●『大田区史年表』(監修:新倉善之 東京都大田区 昭和54年発行)P.443-462 ●『大田文学地図』(染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年発行)P.124 ●大田エリア地域情報紙「あっとWOO(2013年年末年始号)」スペシャルインタビュー大田ゆかりの人「片桐はいりさん」(ハンナ・ディシープランニング) P.10-11 ●「大森区詳細図」(東京地形社 昭和8年発行) ●「蒲田少年小沢昭一とこころのふるさと」(大田観光協会展示資料) ●「趣味は、もぎり」(片桐はいり)※「相鉄瓦版」第224号「映画館はドラマチックだ」より ●『風俗十日』(南川 潤 日本文学社 昭和14年発行)P.101-112

■ 参考サイト:
●ウィキペディア/・日本映画(平成28年1月13日更新版)→ ・蒲田宝塚・テアトル蒲田(平成25年11月12日更新版)→ ・松竹蒲田撮影所(平成26年6月11日更新版)→ ・サンセット大通り(平成27年9月23日更新版)→ ・過去に存在したイトーヨーカ堂の店舗(平成31年1月10日更新版)→ ●ついっぷる/その昔、珈琲ルアンの窓の向こう側には、大森エイトン劇場とみづほ劇場という2軒の映画館が並んでいましたとさ。(リンク切れ)→ ●まじの巣/大森な夜→

※当ページの最終修正年月日
2020.3.8

この頁の頭に戻る