{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

自薦の一作(昭和35年10月18日、室生犀星、軽井沢に自作の詩碑を立てる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軽井沢の矢ヶ崎川のほとりに立つ室生犀星の詩碑

 

室生犀星

昭和35年10月18日(1960年。 室生犀星(71歳)が、軽井沢の矢ヶ崎川のほとり(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢 821 map→)に自作の詩碑を立てました。

犀星は一年前の同日(昭和34年10月18日)、妻・とみ子を亡くします。軽井沢は二人の思い出の地。こう刻まれています。

我は張りつめたる氷を愛す
かかる切なき思ひを愛す
我はそれらの輝けるを見たり
斯る花にあらざる花を愛す
我は氷の奥にあるものに同感す
我はつねに狭小なる人生に住めり
その人生の荒涼の中に呻吟しんぎんせり
さればこそ張りつめたる氷を愛す
斯る切なき思ひを愛す

自作から自らが選んだものなので思い入れのある一篇なのでしょう。思い通りにならない人生を呻いてばかりなので、思い通りにならない思い、つまりは切なさに美を感じ、それが慕わしい。犀星文学の神髄ここにあり、でしょうか?

------------------------------------------------------

宇野千代

宇野千代は、 自著『色ざんげ』を「私の書いたものの中で、一番面白い」と言っています。

昭和4年3月30日に起きた東郷青児(33歳)とお茶の水出の海軍少将の令嬢とのガス心中未遂事件に取材した小説です。事件の現場が大井町鹿島谷3138(現・東京都品川区大井六丁目。小説では東京都大田区の大森になっている)であり、当地(東京都大田区・品川区)にゆかりがあります。

宇野はその頃、 『 罌粟 けし はなぜ紅い』という小説を書いていましたが、心中時の緊迫した場面を書くのに手こずっていました。 そこで彼女は、大胆にも、近日心中未遂事件を起こした東郷に電話することを思い立ち、そく、実行。すると、大森駅近くのバー「白夜」(「白蛾」? )で会うことになって、会って話しているうちに二人は意気投合、宇野はそのまま東郷の東京世田谷の家へ流れていき、そく、同棲! 東郷の話を元に 『 罌粟 けし はなぜ紅い』 の心中の場面は書かれ(昭和5年。「罌粟はなぜ紅い」というタイトルは梶井基次郎がつけたようだ)、さらには宇野は、東郷の心中を主題材にした小説『色ざんげ』 を書き上げます(昭和8~10年)。小説ができた経緯からしてとても興味深いです。

------------------------------------------------------

三島由紀夫

たまたま、犀星の詩碑建立と同じ年(昭和35年)、三島由紀夫(35歳)が小説『憂国』を脱稿しています。三島はこの作品を「よいところ悪いところすべてを凝縮したエキスのやうな小説」と自ら評し、自分の作品を1作だけ読むなら『憂国』がいいと言っています。

『憂国』は、新婚者であることを理由に二・二六事件の決起から外された男の末路を、耽美的に描いたものです。三島の「二・二六 3部作」の一つ三島は2年前の昭和33年(33歳)、日本画の巨匠・杉山 やすし の娘の 瑤子ようこ と結婚、翌昭和34年(34歳)、当地(東京都大田区南馬込四丁目 32-8 map→)に新居を構え、同年、長女の 紀子のりこ さんをもうけています。『憂国』には、家族への情に流されて、“本懐”を遂げられなくなるといった作者の不安が投影されているかもしれません。自戒を込めて書いたのではないでしょうか。

『憂国』は、映画化され、6年後の昭和41年公開されます。三島(41歳)は自らメガホンを取り、主人公の武山中尉を演じるといった入れ込みよう。 作中、武山は切腹して果てます。三島は昭和43年脱稿の「奔馬」(『豊饒の海』第二巻)の主人公・飯沼 いさお にも、切腹させています。三島は自作で繰り返し切腹を描きながら、自らの死のイメージを作っていったのでしょうか。

昭和45年11月25日、三島(45歳)は、自らの小説の主人公・武山や勳と同じ道をたどります三島の忌日は、憂国忌と呼ばれています。

彼の最期と作品『憂国』との符合を禍々しく思ってか、瑤子夫人は、映画「憂国」のフィルムを全て破棄したとされ、長らく“幻の映画”とされてきましたが、平成17年、当地の三島邸(東京都大田区南馬込四丁目 32-8 map→)から完全なフィルムが1本見つかり、再び鑑賞できるようになりました。

------------------------------------------------------

自分の作品の中でこれが一番気に入っているとはなかなか言いづらいかもしれません。他の作品も読んでもらいたいし、その作品が一番と言ってしまったら、それが自らの作家人生の中での頂点みたいで、以後の作品が色あせそうだし。

だから、自薦の作品はあまり言われず、ある程度推測するしかないかもしれません。

荒井由美だった頃のユーミンが大好きで、今でもよく聴きますが、最近“発見”してギクリとした曲があります。数々の名曲に埋もれてずっと聞き流していましたが、アルバム「14番目の月」(昭和51年。ユーミン22歳)に収録されている「朝陽の中で微笑んで」がスゴいです。好きな人が目の前にいるのに、とてもこわい・・・。と、こ、これは、小野小町の降臨ですね。これを22の時録音していると考えるだけで鳥肌が立ってきます。こと芸術・文学に関しては年齢など“全く”関係ないですね。

なんだ自薦ではなくお前がすす めているだけではないかとお思いかもしれませんが、近年(平成29年。ユーミン63歳)、「ユーミン×帝劇 vol.3」で再び「朝陽の中で微笑んで」を大々的に取り上げるのですから、ご自身もそうとう気に入られているんだろうと。

------------------------------------------------------

極端な例ですが、稲垣足穂は自分の最初の作品だけが重要であとの作品はその註釈に過ぎないと言っています。

『室生犀星詩集 (新潮文庫)』 宇野千代『色ざんげ(新潮文庫)』
室生犀星詩集 (新潮文庫)』 宇野千代『色ざんげ(新潮文庫)』
三島由紀夫『花ざかりの森・憂国 〜自選短編集〜 (新潮文庫) 』。映画「憂国」Amazon→ 荒井由美(松任谷由実)「14番目の月[CD] 」
三島由紀夫『花ざかりの森・憂国 〜自選短編集〜 (新潮文庫) 』。映画「憂国」Amazon→ 荒井由美(松任谷由実)「14番目の月[CD] 」

■ 馬込文学マラソン: 
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
宇野千代の『色ざんげ』を読む→
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

■ 参考文献:
●『評伝 室生犀星』(船登芳雄 三弥井書店 平成9年発行) P.188、P.270-271、P.285 ●『大森 犀星 昭和』(室生朝子 リブロポート 昭和63年発行) P.197-203、P.255-256  ●『三島由紀夫研究年表』(安藤 武 西田書店 昭和63年発行)P.194-205 ●『宇野千代(新潮日本文学アルバム)』(平成5年発行) P.28-35、P.40 ●『生きて行く私(中公文庫)』(宇野千代 平成4年発行) P.148-150

■ 参考サイト:
・ ウィキペディア/●憂国(平成28年10月12日更新版)→ ●14番目の月(平成30年10月16日更新版)→ ●松任谷由実(平成30年10月10更新版)→

SPICE(エンタメ特化型情報メディア)/ユーミン×帝劇『朝陽の中で微笑んで』寺脇康文、宮澤佐江が描く時を超えたSF純愛作→

※当ページの最終修正年月日
2018.10.18

この頁の頭に戻る