山本周五郎

山本周五郎

やまもと・しゅうごろう。明治36年山梨県大月市生まれの小説家。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公。主人から感化される。23歳のとき『須磨寺附近』でデビュー。『赤ひげ診療譚』『柳橋物語』『さぶ』『樅ノ木は残った』など人情味溢れる時代小説で人気を博す。15年戦争とほぼ重なる期間、馬込文学圏(南馬込一丁目)に在住。昭和42年(63歳)死去する。[馬込文学マラソン] 山本周五郎の『樅ノ木は残った』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典: 新潮日本文学アルバム『山本周五郎』 (新潮社)

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→