永井荷風

永井荷風

ながい・かふう。明治12年東京生まれの小説家。病気で中学を休学中、江戸戯作文学などを読みふける。広津柳浪に師事。『地獄の花』が森鴎外に認められた。明治36年から5年間海外に渡る。フランス近代詩やクラシック音楽を紹介。慶応義塾大学教授に就任 、「三田文学」を創刊した。近代文明を嫌悪し、江戸情緒を愛す。『ふらんす物語』『つゆのあとさき』『墨東綺譚』など。昭和34年(79歳)死去。参考サイト:ウィキペディア/永井荷風→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:ウィキペディア/永井荷風(平成25年7月6日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→