広津柳浪

広津柳浪

ひろつ・りゅうろう。文久元年(1861年)、長崎生まれの小説家。実業界や官吏を経て、博文館時代、尾崎紅葉を知り硯友社の同人となる。『残菊』『黒蜥蜴』『今戸心中』など、社会の暗部を描いた「深刻小説」で人気を博す。永井荷風が師事。広津和郎は次男。江見水蔭らと親交した。震災後、当地(大森ホテルのすぐ裏)に住むが、昭和3年(67歳)心臓麻痺で死去する。参考サイト:ウィキペディア/広津柳浪→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:ウィキペディア/広津柳浪(平成30年5月19日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→