{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

一つの死をめぐって(昭和3年7月23日、葛西善蔵、死去する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小島政二郎

昭和3年7月23日(1928年。 葛西善蔵(41歳)が、東京都世田谷区三宿みしゅく map→のあばら屋で死去しました。 どこかに行きたかったのか、最後の言葉は 「切符、切符」。

------------------------------------------------------

嘉村礒多

葛西は肺を病んでも日々酒に溺れ、妻を郷里において茶屋の娘と同棲して子をもうけるなど、破天荒な人生を送って来ました。 彼の口述筆記を70日間務めた嘉村礒多かむら・いそた (30歳)は、晩年の葛西を次のように書いています。

・・・口述が渋つて来ると逆上して夫人を打つ蹴るはほとんど毎夜のことで、二枚も稿を継げるとすつかり有頂天になつて、狹い室内を真つ裸の四つん ひでワンワン吠えながら駈けずり廻り、こうして片脚を上げて小便するのはをとこ犬、こうしてお尻を地につけて小便するのはをんな犬、と犬の小便の真似をするかと思ふと疊の上に長く垂らした ふんどし の端を ようや く歯の生え始めた、ユウ子さんにつかまらしてお山上りを踊りながら、K君々々と私を見て、……君は聞いたか、 寒山かんざん 子、 拾得じっとく つれて二人づれ、ホイホイ、君が責めりや、おいらこうやつてユウ子と二人で五老峰に逃げて行くべえ。 とそんな 出鱈目でたらめ の馬鹿 巫山戲ふざけ ばかしやつた。 ある日私は たま りかねて催促がましい口を利くと、明日はS社で二百両借りて来いと命じたので、断じて出来ませんと答へるとZ・K氏は 少時しばらく 私をぢつと見据ゑたが、くそ垂れ!・・・(嘉村礒多 『足相撲』)

嘉村はZ・K氏(葛西善蔵)の隠しておきたいようなことを書いてしまっていますが、師匠の葛西からして、 「私小説」(“私”を取り込む傾向のある小説を大正9年頃から揶揄してそう呼んだ)の極北的な存在だったので、師匠にならっているまでです。嘉村はべつのところで、葛西を 「ひとへに生涯の宗(師匠)」 と書いています。「どうしようもない 葛西」も「尊敬に値する葛西」も嘉村にはどちらも真実なのでしょう。 「くそ垂れ!」と罵られても、嘉村はおそらく葛西の死の床に駆けつけたことでしょう。

------------------------------------------------------

広津和郎

葛西の死の床には旧友の広津和郎(36歳)も駆けつけています。しかし、広津は、葛西の破滅的な生活態度を嫌っていましたし、短編小説『遊動円木』 でからかわれてからは葛西と絶交していました。それでも広津はやってきました。でも、葛西が許しを乞うように手を差し伸べてもけっして握り返そうとしなかったそうです。「私小説」系の作家は、自分のことだけでなく、周りの人のことも、欠点や奇癖、悪事にいたるまで書き尽くしたりしますので、たいへんです。作家間で、疑心暗鬼となり、書いた書かないでいざこざが起こることも多々ありました。特に親しい間柄だと、相手に心を開いていろいろ喋ってしまうだけに、書かれた時のダメージが大きかったでしょう。

上の広津の態度に感心したのが、山本周五郎(25歳)。 「 今際いまわきわ 」という非日常でも、広津は情に流されなかった。人を見る目が厳しい周五郎ですが、広津はそのお眼鏡にかなった数少ない作家の一人です。

この時の広津のことを、志賀直哉も『蝕まれた友情』(昭和22年)に書いています。「広瀬」とあるのが広津のようです。

・・・後で憶ひ出した事だが、広瀬自身、絶交状態にあつた葛西善蔵の危篤の知らせを受け、我慢ならず、その枕元に行つて、肚にある不快をすつかり、ぶちまけて帰つて来る小説を二三年前に書いてゐた。今、死なうとしてゐる人間の枕元でその人に対する不快をぶちまけて来るといふ事は、これも正直な小説家以外にはない事かも知れない。広瀬のこの小説は世間からは誤解されさうに思はれたが、僕は好感をもつて読んだ。・・・(志賀直哉『蝕まれた友情』より 「daily-sumus/蝕まれた友情/文献継承→」から孫引きさせていただきました)

志賀広津の正直さと打算のなさに好感を持ったようです。二人の信頼関係は終世続きます。

------------------------------------------------------

間宮茂輔 榊山 潤

葛西に私淑していた間宮茂輔(29歳)も、榊山 潤(27歳)から連絡をうけて急行しています。「どうしようもない 葛西」でしたが、やはり「尊敬に値する葛西」でもあったようです。葛西も負の方向性ではあったにしろ、“正直さ”といった点では誰もかなわなかったかも。榊山は大正14年から昭和7年まで「時事新報」学芸部の記者だったので情報通でした。 葛西の死のちょうど1年前(1日異なるが)の昭和2年7月24日、芥川龍之介(35歳)が死去しますが、その知らせを当地(東京都大田区)の作家たちに伝えたのも榊山でした。

牧野信一

葛西からみっちり飲酒を伝授されたくちの牧野信一(31歳)は、「断想的に」という追悼文を残しています。それによると、葛西には人並みはずれて情け深い面があったようです。牧野の子どもが病気になったとき、葛西は当時簡単には買えなかった体温計を吟味に吟味を重ねて買い求め、理系の友人にテストまでしてもらって、牧野に届けたとか。旅をしようとしない牧野に旅に出ることをさかんにすすめたのも葛西でした。冒頭で葛西の最期の言葉を紹介しましたが、葛西は“旅人”だったのでしょう。

石坂洋次郎

石坂洋次郎(28歳)も、葛西と同じ青森県弘前出身ということもあって、大正12年から葛西が死ぬまで師事していました。石坂は、“葛西的な暗さ”を乗り越え、“明るい文学”を目指します。石坂は、恩師・葛西の文学碑設立に尽力しました。

『葛西善蔵(作家の自伝 (64)』 鎌田 慧 『椎の若葉に光あれ 〜葛西善蔵の生涯〜 (岩波現代文庫)』
葛西善蔵(作家の自伝 (64)』 鎌田 慧 『椎の若葉に光あれ 〜葛西善蔵の生涯〜 (岩波現代文庫)』
多田道太郎 『転々私小説論 (講談社文芸文庫)』。私小説作家四人(葛西善蔵、宇野浩二、井伏鱒二、太宰治)を取り上げている 安藤 宏 『「私」をつくる 〜近代小説の試み〜 (岩波新書)』
多田道太郎 『転々私小説論 (講談社文芸文庫)』。私小説作家四人(葛西善蔵宇野浩二井伏鱒二、太宰 治)を取り上げている 安藤 宏 『「私」をつくる 〜近代小説の試み〜 (岩波新書)』

■ 馬込文学マラソン:
広津和郎の『昭和初年のインテリ作家』を読む→
山本周五郎の『樅ノ木は残った』を読む→
間宮茂輔の『あらがね』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→
牧野信一の『西部劇通信』を読む→
石坂洋次郎の『海を見に行く』を読む→

■ 参考文献:
● 『加能作次郎 牧野信一 葛西善蔵 嘉村礒多集(現代日本文学全集34)』 (筑摩書房 昭和30年発行) P.132-133、P.318-320 ●『昭和文学作家史(別冊 一億人の昭和史)』(毎日新聞社 昭和52年発行) P.65、P.194  ●『六頭目の馬 ~間宮茂輔の生涯〜』(間宮 武 武蔵野書房 平成6年発行) P.121-125  ●『山本周五郎 〜馬込時代〜』(木村久邇典 福武書店 昭和58年発行)P.171  ●『牧野信一全集<第六巻>』(筑摩書房 平成15年発行) P.646 ●『新潮 日本文学小辞典』(昭和43年初版発行 昭和51年6刷参照) ※「私小説」の項(平野 謙) P.1243-1248 ● 『馬込文士村』 榊山 潤 東都書房 昭和45年発行) P.25-30

■ 参考サイト:
青空文庫/嘉村礒多→
青空文庫/牧野信一「断想的に」→
ウィキペディア/葛西善蔵(平成24年5月25日更新版)→
コトバンク/牧野信一→
ケペル先生のブログ/石坂洋次郎と葛西善蔵→
daily-sumus/蝕まれた友情/文献継承→

※当ページの最終修正年月日
2018.7.23

この頁の頭に戻る

a