太宰治

太宰治

小説家。明治42年青森県津軽の大地主の家に生まれる。中学時代から井伏鱒二などを耽読、習作を書く。プロレタリア文学にも傾倒した。二十歳頃から自殺未遂を繰り返す。東京帝国大学仏文科を除籍。生活の乱れとあいまって破滅的な作品が多い中、『お伽草紙』などユーモアに富むものもある。『女生徒』『走れメロス』、ベストセラーの『斜陽』など。『人間失格』を書いた昭和23年(38歳)、玉川上水にて山崎富栄と心中。参考サイト:ウィキペディア/太宰治→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/太宰治(平成28年11月29日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→