{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

死顔を描く(昭和3年10月15日、広津柳浪、死去する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広津和郎は父親・広津柳浪の死顔を描いた。広津父子は仲がいいので有名だった ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(東京都大田区立郷土博物館)

 

昭和3年10月15日(1928年。 の暁、広津柳浪(67歳)が、当地の「大森ホテル」(「山王公園」(東京都大田区山王三丁目32-6 map→)あたりにあった)のすぐ裏の自宅で、死去しました。

死の床には、次男の広津和郎(36歳)はじめ、大岡山(東京都目黒区)から駆けつけた間宮茂輔(29歳)らの姿がありました。 間宮は弔辞の依頼に江見水蔭(59歳)の元に走ります。

和郎柳浪の死顔の絵を板に描きました(上の写真参照)。

小穴隆一

柳浪が亡くなる一年前(昭和2年)、芥川龍之介(35歳)が自死しましたが、 小穴おあな 隆一(33歳)が絵筆を取っています。小穴は芥川の親友で、芥川の子どもあての遺書には「小穴隆一を父と思へ」の一文がありました。芥川の次男の芥川多加志たかし (昭和20年4月、ビルマで戦死)の名は、(小穴)隆一の「隆」に由来(万葉仮名?)。小穴は大正12年、脱疽だっそ により右足を足首から切断し、義足を使用していたとのことです。

小穴が描いた芥川の死顔 出典:『芥川龍之介(新潮日本文学アルバム)』 小穴が描いた芥川の死顔 出典:『芥川龍之介(新潮日本文学アルバム)』

------------------------------------------------------

小穴隆一

昭和8年2月20日、特高警察に捕えられてその日のうちに拷問の末に殺された小林多喜二(29歳)を、画家の岡本 唐貴とうき (29歳。コミック『カムイ伝』の作者・ 白土三平しらと・さんぺい の父親)が描いています。心揺さぶられる時、画家の手は自然と動くのかもしれません。

岡本が描いた死せる多喜二。通夜のおり、3時間ほどでスケッチし、それを元に描かれた。原画では右端にパレットを手にした自身の姿も描かれている 出典:『小林多喜二(新潮日本文学アルバム)』 ●『岡本唐貴自伝的回想画集』に収録されている (Amazon→ ※高値注意) ※この本は、大田区立図書館にも所蔵されている 東京都大田区立図書館→ 岡本が描いた死せる多喜二。通夜のおり、3時間ほどでスケッチし、それを元に描かれた。原画では右端にパレットを手にした自身の姿も描かれている 出典:『小林多喜二(新潮日本文学アルバム)』 ●『岡本唐貴自伝的回想画集』に収録されている (Amazon→ ※高値注意) ※この本は、大田区立図書館にも所蔵されている 東京都大田区立図書館→

------------------------------------------------------

小穴隆一
津田青楓

大正5年12月9日、夏目漱石(49歳)が死去。3日後(12日)の葬送のおり、津田 青楓せいふう (36歳)が漱石の死顔を描いています。青楓は漱石の親友で、漱石に油絵を教え、漱石の晩年の2作品『道草』『明暗』の装丁も手がけています。岡本唐貴多喜二の死せる姿を描きましたが、青楓は多喜二らしき人物が拷問で吊るされているところを描き、警察に検挙されました。

津田が描いた漱石の死顔 出典:『夏目漱石(新潮日本文学アルバム)』 多喜二の拷問死に触発されて描かれた津田の「犠牲者」 ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 出典:黙翁日録/2015年8月15日土曜日→ 原典:東京国立近代美術館所蔵作品
津田が描いた漱石の死顔 出典:『夏目漱石(新潮日本文学アルバム)』 多喜二の拷問死に触発されて描かれた津田の「犠牲者」 ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 出典:黙翁日録/2015年8月15日土曜日→ 原典:東京国立近代美術館所蔵作品

------------------------------------------------------

ゴッホが描いた医師・ガシェ
ゴッホが描いた医師・ガシェ

ゴッホは最晩年親交した医師・ガシェの肖像を3点(油彩2点、エッチング1点)残しましたが、ガシェも死の床のゴッホを描いたのですね(明治23年)。

ガシェが描いた死の床のゴッホ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:ウィキペディア/ポール・ガシェ(平成28年10月28日更新版)→ ガシェが描いた死の床のゴッホ ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:ウィキペディア/ポール・ガシェ(平成28年10月28日更新版)→

48歳のとき4歳の次男を失った熊谷守一くまがい・もりかず も、絵筆を取りました。「売るための絵」が描けず、病院に連れていくお金もなく、死なせてしまったようです。 慚愧ざんきの念から無我夢中で筆を取ったのでしょうか。描いている途中で描いている自分に気がつき、嫌になって止めたとのこと。その未完に終わった「よう の死んだ日」、大原美術館(岡山県倉敷市中央一丁目1-15 map→ Website→)で見ることができるようです。

アラーキーは、妻の陽子を撮り続け、彼女が棺に入ってもシャッターを切っています。

文章で描かれた死顔もたくさんあると思います。

川端康成

50年間不敗だった本因坊・秀哉の引退碁について書かれた川端康成の『名人』は、この勝負の概略に触れたあと、半年近く打ち継がれたのちの秀哉が敗れる場面となり、そして、その1年余りの後にやってくる秀哉の死へととびます。川端には珍しく「忠実な記録小説」とされるので、実話と思いますが、秀哉が亡くなった直後、遺族から頼まれて親しくしていた川端が秀哉の死顔の写真を撮ることになりました。写真が現像され川端の元に届きます。「生きて眠っているように写って、しかも死の静けさが漂って」いて、自分で撮った写真ながらひきいられるのでした。「長い眉毛まゆげと大きい黒子ほくろ とは、死顔に愛情を添えているようだった」などと、かなりの文言で死顔について書いています。川端には「 たなごころ の小説」(川端は自作のごく短いものをそう呼んだ。120篇あまりある Amazon→)に『死顔の出来事』という一篇(文庫本で2頁と5行ほどの短編)があります。妻の苦痛に歪んだ「醜い死顔」を目前にした夫は・・・。川端はやはり凄いです。

西東三鬼

最後に、西東三鬼の死顔二句。一句目は俳友の石橋辰之助たつのすけを悼んだもの。「京大俳句」弾圧事件で連座した仲です。二句目は長兄を喪った時のもの。林檎りんご がうまくっても「うまいね」と言う兄はもういない。

涙出づ眼鏡のままに死にしかと

死顔や林檎硬くてうまくて泣く

岡田温司『デスマスク (岩波新書)』 『陽子 (荒木 経惟 ( のぶよし ) 写真全集 3)』(平凡社)
岡田温司『デスマスク (岩波新書)』 『陽子 (荒木 経惟 のぶよし 写真全集 3)』(平凡社)
吉村 昭『死顔 (新潮文庫) 』 笹原留似子『おもかげ復元師の震災絵日記』(ポプラ社)
吉村 昭『死顔 (新潮文庫) 』 笹原留似子『おもかげ復元師の震災絵日記』(ポプラ社)

■ 馬込文学マラソン:
広津和郎の『昭和初年のインテリ作家』を読む→
間宮茂輔の『あらがね』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→
川端康成の『雪国』を読む→

■ 参考文献:
●『広津和郎 この人との五十年』(間宮茂輔 理論社 昭和44年発行) P.95-97 ●『馬込文学地図』(近藤富枝 講談社 昭和51年発行)P.34-44 ●『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』(編・発行:東京都大田区立郷土博物館 平成8年発行) ●『芥川龍之介(新潮日本文学アルバム)』(昭和58年発行 昭和58年2刷参照)P.64、P.94-96 ●『小林多喜二(新潮日本文学アルバム)』(昭和60年発行)P.64 ●『夏目漱石(新潮日本文学アルバム)』(昭和58年初版発行 平成13年18刷参照)P.92-95、P.107 ●『西東三鬼の世界(昭和俳句文学アルバム15)』(編著:大高弘達 梅里書房 平成4年発行)P.51、P.59

■ 参考サイト:
●ウィキペディア/・岡本唐貴(平成26年5月5日更新版)→ ・医師ガシェの肖像(平成29年10月5日更新版)→ ・ポール・ガシェ(平成28年10月28日更新版)→ ・津田青楓(令和2年9月24日更新版)→ ●再出発日記/「岡本唐貴自伝的回想画集」白土三平は父の人生をなぞっている→ ●毎日新聞/2016年10月13日岡山県地方版/岡本唐貴没後30年展を企画した学芸員・佐々木千恵さん→ ●enmasaroomのblog/津田青楓 四条円山派 Ⅰ→ ●ノボ村長の開拓日誌/一番悲しい絵→ ●土偶StaticRoute/大原美術館再訪・熊谷守一と地獄変・下手も人生のうち→

※当ページの最終修正年月日
2020.11.5

この頁の頭に戻る