{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

朝鮮人、虐殺される(大正12年9月7日、「大森で聞いた話」より)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正12年9月7日(1923年。 に聞いたという当地(東京都大田区大森)での話を、「東京朝日新聞」記者の西河春海という人が紹介しています。

・・・3日でしたか、4日でしたか、海岸で自警団の人達が、7、8人団をなして来た朝鮮人を生捕ってしまったのです。7、8人とかたまっていたので抵抗もしたでしょう。そのためにただでさえ狂気のようになっている人達は、余計に昂奮こうふん したと見えて、全部を針金で舟へしばりつけて、それへ石油をかけて、火をつけて沖へ離したのですって、・・・(『1100の証言』より/原典:『横浜震災誌・第5冊』(横浜市役所市史編纂室編)昭和2年)

関東大震災(大正12年9月1日)直後から「朝鮮人が暴動を起こしている」といったデマが広がり、「刑務所を脱走した朝鮮人(横浜では囚人の解放があったのは事実)が井戸に毒を投げ入れている」とか、「放火、略奪しながら押し寄せて来る」とかいった尾ひれがついて、人々を震え上がらせます。そして、“自衛”の名のもと、民衆や軍によって多数の朝鮮人が虐殺されました(「自警団事件」)。「恐怖が人を残酷にする」好例でしょう。震災3日目の9月3日頃までは行政機関や現場の警察官や警視庁や軍までもがデマを信じ、事態を拡大しました。新聞社が風聞を記事にしてしまったことが大きかったでしょう(いまだにその頃の(9月10日頃までの)新聞記事を根拠に朝鮮人の暴動があったと主張する人がいるので騙されないように。その手の本をいまだに公開書架に並べている公立図書館があります(令和元年9月7日現在)。司書とか機能しているのでしょうか?)。

上の川西によるものもそうですが、多摩川を挟んで神奈川に接する当地(東京都大田区)にも、朝鮮人に関するデマ、朝鮮人に対する虐待(虐殺)の証言がたくさん残っています。宇野千代(26歳)尾﨑士郎(25歳)もデマにおびえ、家(東京都大田区南馬込四丁目28-11 map→)の天井裏に身を潜めてますし宇野千代『生きて行く私(中公文庫)』平成4年)、当地(東京都大田区中央四丁目)に住んでいて5歳だった池部 良は、「来れば、お前、女、子供は叩っ殺される」と父親が興奮して言うのを覚えていました。臼田坂の下にバリケードが作られ、父親は日本刀を取り出したとか(『1100の証言』/原典:池部 良『風吹き鴉』(毎日新聞社)平成9年)。当地(東京都大田区南馬込三丁目37-18 map)に住んでいた倉田百三(32歳)も、朝鮮人と中国人が300名ほど刃物を抜いてやってきたと聞き、血相を変えて岡の方に逃げています(『1100の証言』/原典:倉田百三『超克』「震災所感」(改造社)大正13年)

神奈川県逗子から当地(東京都大田区山王一丁目)に戻ろうとした徳富蘇峰(60歳)も、抜身の刀を持っている人を目撃、白い服をきていたので朝鮮人に間違えられるのではないかと怖れています(『蘇峰自伝』(中央公論社)昭和10年)。朝鮮人に間違えられて暴行・殺害された日本人や中国人もたくさんいたのです。 千田是也 せんだ・これや (19歳) は疑われて殺されかけ、自身自警団になったら加害者になっていたかもしれないとの自戒をこめ、千田是也(せんだ・これや=“千駄ヶ谷でコーリア”)と名乗るようになります(『1100の証言』/原典:千田是也「大震災がつけた芸名」※『決定版昭和史・第4巻』(毎日新聞社)昭和59年 ※千田の談話部分) 折口信夫 おりくち・しのぶ (36歳)も刀を抜いた自警団に取り囲まれました。「平らかな生を楽しむ国びとだと思っていたが、一旦事があると、あんなにすさみ切ってしまう」と嘆いています(『1100の証言』/原典:『折口信夫全集(第22巻)』(中央公論社 昭和23年)※「東京詠物集」の自註)片山広子(45歳)の弟も白い麻服を来ていたため朝鮮人と間違えられて自警団から暴行を受けました。そのショックから立ち直れず死ぬまで言葉と笑顔を失ったそうです(川村 湊『物語の女 〜宗瑛を探して〜』)

萩原朔太郎(36歳)は「朝鮮人あまた殺され その血百里の間に連なれり われ怒りて視る、なんの惨虐ぞ」と書きしあわせの青い鳥/萩原朔太郎「近日所感」※雑誌「現代」(大日本雄弁会講談社 ※現・講談社 大正13年)→徳富蘆花(54歳)も震災3ヶ月後の12月、烏山(現・千歳烏山 map→)で仕事に行く途中の朝鮮人3名が殺されたと書いています(『1100の証言』/原典:徳富蘆花『みみずのたはこと』(岩波書店)※大正12年12月記述部分)志賀直哉(40歳)は東京大手町で、「・・・追いかけると、それが鮮人でねえんだ。しかしこういう時でもなけりゃあ、人間は斬れねぇと思ったから、とうとうやっちゃったよ」と、二人の若者が笑いながら話すのを聞いています(『1100の証言』/原典:『志賀直哉全集』「震災見舞(日記)」(改造社)昭和6年)

------------------------------------------------------

9月3日頃から「朝鮮人の暴動」がデマだと明らかになってきて(予防検束された朴 烈と金子文子は要人暗殺を供述したが実体を欠いたものだった。朝鮮の独立を目指す抗日武装秘密結社「義烈団」の日本でのテロ計画や行動も確認されていない)、治安当局は自ら朝鮮人に対する加害をやめ、内務省は新聞社に誤伝しないよう警告、9月4日からは「自警団ノ行動最モ凶暴ヲ極メ」(警視庁)る状況をかんがみ、各地の警察署で虐待・虐殺から守るため朝鮮人を保護し始めます。

民衆の朝鮮人引き渡し要求を突っぱねた「鶴見の杉原千畝」こと 大川常吉 おおかわ・つねきち (横浜鶴見警察署長。 東漸寺 とうぜんじ (横浜市鶴見区潮田町三丁目144-2 map→)に顕彰碑がある photo→。同寺院には大川のお墓もある)や、朝鮮人をかくまった土方の親方のような人もいました。

同時に「自警団事件」の捜査が始まり、少なくとも53件起訴されますが、「朝鮮人が受けた迫害としては一部分」(中央防災会議専門調査会報告『1923関東大震災【第2編】』)とのこと。他にも、朝鮮人に間違えられて日本人が襲われた事件が46件、中国人が襲われた事件が4件起訴されています。

「自警団事件」の発表にぶつけて司法省が「鮮人の犯罪」を報告しますが、容疑者や被害者が明らかになって起訴されたのは12件で、その内10件は窃盗の類、2件はダイナマイトを持っていたということですが、1人は開削工事中の工事現場で工事現場でよく使われるダイナマイトを持っていたにすぎず(工事用のトロッコで寝ていた)、もう1人の罪状も曖昧なようです。「自警団事件」が甚大なのに比べ、朝鮮人の犯行があまりに軽微だと、外聞が悪く、朝鮮統治を揺るがしかねないとの判断が政府にあり、朝鮮人の犯罪をより多く挙げようとしましたが上手くいかなかったようです。そんなですから、 「自警団事件」は極力、捜査・起訴しない方針だったと思われ、そういった政府の姿勢が、殺された人の名前も人数も遺骨の行方も今もほとんど分からないという事態を招きました。犠牲者数は、「在日本関東地方 罹災 りさい 朝鮮同胞慰問斑(慰問斑)」や吉野作造(45歳)によると、2,600人超。 保守系の歴史学者・北岡伸一・東京大学名誉教授でさえ「千を超える●●●●● といわれている」と書いています(加藤直樹『TRICK』/原典:北岡伸一『日本の近代5 〜政党から軍部へ〜』)

不確かな情報の拡散が惨劇を招いたことを教訓にして、ラジオが普及していきます。震災翌年の大正13年の11月29日、NHKの東京放送局が設立されました。

デマが拡散したのは、日頃から朝鮮人に対する差別があったからですが、そのことは教訓にされているかというと、その頃社会の中枢にいた人たちの子孫が今も社会の中枢にいるためか、今もなくなる気配がありません。日本があまりに酷いことをやってきたので、外聞が悪いためか、せめて「どっちもどっち」に持っていきたいのか、相変わらず「北朝鮮ガ〜」「韓国ガ〜」とやっています。中枢部に擦り寄るマスコミにも期待できません。差別に加担している人たちを明記するとともに(その多くが時流に乗って利を得ようというオポチュニストだと思う)、信頼できる出版社や識者を通して日朝間の歴史を学び、話題にして、考えていかなければならないでしょう。

西崎雅夫 『関東大震災朝鮮人虐殺の記録 〜東京地区別1100の証言〜』(現代書館)。当地(東京都大田区)に関わる証言も32例紹介されている。大正13年発行の『子供の震災記』にある子どもの作文の改ざん・削除された箇所も原本と対照して紹介 加藤直樹『TRICK トリック 〜「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち〜』(ころから株式会社)。「産経新聞」や自民党や日本会議系の人たちが掲げる「(関東大震災時の朝鮮人)虐殺否定」は“論”ですらなく“騙し”。仕込まれた“7つのトリック”を暴く。令和元年発行
西崎雅夫 『関東大震災朝鮮人虐殺の記録 〜東京地区別1100の証言〜』(現代書館)。当地(東京都大田区)に関わる証言も32例紹介されている。大正13年発行の『子供の震災記』にある子どもの作文の改ざん・削除された箇所も原本と対照して紹介 加藤直樹『TRICK トリック 〜「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち〜』(ころから株式会社)。「産経新聞」や自民党や日本会議系の人たちが掲げる「(関東大震災時の朝鮮人)虐殺否定」は“論”ですらなく“騙し”。仕込まれた“7つのトリック”を暴く。令和元年発行

■ 馬込文学マラソン:
宇野千代の『色ざんげ』を読む→
尾﨑士郎の『空想部落』を読む→
池部 良の『風が吹いたら』を読む→
倉田百三の『出家とその弟子』を読む→
片山広子の『翡翠』を読む→
萩原朔太郎の『月に吠える』を読む→
志賀直哉の『暗夜行路』を読む→

■ 参考文献:
『関東大震災朝鮮人虐殺の記録 〜東京地区別1100の証言〜』(西崎雅夫 現代書館 平成28年発行)P.1-5、P.46-57、P.157-158、P.165、P.206、P.267、P.321、P.419 ●『生きて行く私(中公文庫)』(宇野千代 平成4年発行)P.126-128 ●『蘇峰自伝』(徳富猪一郎 中央公論社 昭和10年発行)P.503  ●『大田区史(下)』(東京都大田区 平成4年発行)P.377-385 ●『TRICK トリック 〜「朝鮮人虐殺」をなかったことにしたい人たち〜』(加藤直樹 ころから株式会社 令和元年発行)P.3、P.14-19、P.24-25、P.48、P.58-61 ●『物語の娘 〜宗 瑛を探して〜』(川村 湊 講談社 平成17年発行)P.163-167

■ 参考サイト:
ウィキペディア/関東大震災朝鮮人虐殺事件(平成30年9月2日更新版)→ ●防災システム研究所/関東大震災のちょっといい話/朝鮮人300人の命を守り抜いた警察署長→ ● 毎日新聞/関東大震災 朝鮮人犠牲者を追悼 小池都知事を批判 東京→ ●「朝鮮人虐殺はなかった」はなぜデタラメか/20分でわかる「虐殺否定論」のウソ→ ●内閣府ホームページ/災害教訓の継承に関する専門調査会報告書(1923 関東大震災【第2編】)(平成20年3月)/第4章/第2節/コラム8「殺傷事件の検証」(PDF)→ ●山本直樹さんのツイート(平成30年8月25日)→

※当ページの最終修正年月日
2019.9.8

この頁の頭に戻る