徳富蘆花

徳富蘆花

とくとみ・ろか。明治元年熊本県水俣生まれの小説家。兄の蘇峰が経営する民友社の社員をへて小説家になる。『不如帰ほととぎす 』、エッセイ『自然と人生』で人気を博す。トルストイに傾倒し、面会後は彼の思想を具現すべく東京世田谷で晴耕雨読の生活に入った。大逆事件直後、一高で『謀反論』を講演、学生らに感銘を与えた。新婚旅行であけぼの楼(池上一丁目)を訪れ、その時のことを『冨士』に書いている。昭和2年(58歳)死去。参考サイト:ウィキペディア/徳富盧花→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:ウィキペディア/徳富蘆花(平成25年7月3日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→