(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

池部良『風が吹いたら』を読む(二枚目スターのヰタ・セクスアリス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画「現代人」より。右が池部良  ※「パブリックドメインの映画(根拠→)」を使用しました  出典:『映画俳優 池部良』(ワイズ出版)

 

池部良は文芸路線の都会派、渋〜い俳優だ。「昭和残侠伝」 で高倉健の相方をした池部を思い浮かべる方も多いだろう。

馬込文学圏にゆかりある作家が原作を書いた映画「雪国」「暗夜行路」「青い山脈」「人生劇場」「風立ちぬ」などにも主演または重要な役で出演しているし、また、生まれ落ちてから青年期までを馬込文学圏で過ごしており、当地との関係が深い。

この 『風が吹いたら』 は、この池部のエッセイ集だ。 こういったいわゆるタレント本だとその多くがゴーストライターによって書かれるのだろうけど、この内容の濃さは本人にしかまず書けまい。

ヰタ・セクスアリス(自身の性の来歴)がたくさん書かれているが、かなり過激に自分を丸裸にしている。 なかなかなものだ。

女郎屋に遊びにいったら映画俳優の池部と知られ 「あんたが来る所じゃないのよ」 と女に優しく諭されたり、入隊してから隊長に 「ファンからの手紙を焼き捨てろ」 と命令され溢れる涙を必死にこらえたり、騙されたり、ひっぱたかれたり、誤解されたり、ある女優のアソコに触れてしまったり・・・、二枚目スターにもいろいろあるものだ。 そこには、“人間池部良”が息づいている。

こんなエピソードもあった。 志賀直哉と親交があった池部が、ある日、志賀に 「池部君、女ってものはキレイなもんだと思うかい?」 と問われる。 しどろもどろの池部に、志賀は自身の考えを話し、池部も自身の経験を語る。 笑いながらも、えらく納得させられた。


『風が吹いたら』 について

俳優・池部良のエッセイ集。 昭和62年、池部が69歳の時、文藝春秋社から発行された。 平成6年、同社で文庫化。 「風が吹いたら」 というタイトルは、同書あとがきにある 「一陣の風が吹いて来たと思ったら今までに発表した原稿がばさっと集まった感じ」 から来ているようだ。

池部良 『風が吹いたら』
池部良 『風が吹いたら』

池部良について

池部良
池部良 ※「パブリックドメインの映画(根拠→)」を使用しました  出典:『映画俳優 池部良』(ワイズ出版)

当地で生まれる
大正7(1918)年 2月11日、当地(東京都大田区大森)で生まれる。父親は漫画家の池部鈞で、母親は鞘町小町といわれた美人。 立教大学文学部英文科在学中から東宝のシナリオ研究所で学ぶ。監督希望だったが、島津保次郎監督の 『闘魚』 に出演して一躍スターになった。 昭和17年(24歳)、召集され、中国やニューギニアで任務に当たる。 昭和21年(28歳)帰還(帰還時中尉) 。『青い山脈』 『石中先生行状記』 『坊ちゃん』 『雪国』 『暗夜行路』 など文芸ものを中心に演じ、二枚目スターから徐々に演技派と認められる。 『昭和残侠伝シリーズ』(昭和40〜47年)では高倉健の相棒役を好演し、新境地を開いた。 昭和53年(60歳)から日本映画俳優協会の理事を務める(平成20年改選)。

エッセイストとしても活躍
平成3年(73歳)、毎日新聞連載の 『そよ風ときにはつむじ風』 で 「日本文芸大賞」 を受賞。 以後、文筆・講演活動も行う。 他に 『池部良の男の手料理』(昭和61年 中央公論社) 、『つきましては、女を』 (平成8年 扶桑社)などの著作がある。2010年5月現在も、4誌でエッセイを連載中。

平成22(2010)年10月8日、敗血症により死去。満92歳だった。( )。


馬込文学圏と池部良

馬込文学圏(現・中央4丁目)の臼田坂の途中に実家があった。 生まれもそこと思う。 入新井第二小学校に通う※1

俳優になってから、馬込作家の作品に多く登場 。『雪国』 (川端康成)、 『暗夜行路』(志賀直哉)、 『青い山脈』 『石中先生行状記』(石坂洋次郎)、 『風立ちぬ』 (堀辰雄)などに、主に主演している。 志賀は自身の作品の映画化を固く拒んだが、 「池部が主人公をやるなら」 と 『暗夜行路』 の映画化を承諾した。

石坂洋次郎とは、馬込文学圏在住期間が重なり、石坂の妻は、当地で子どもの頃の 「めんこい」 池部を見かけている。 池部は後年、石坂夫妻と親交があった。池部が馬込文学圏に住んだのは、大正7(1918)年から昭和17(1942)年の24年間。 石坂が住んだのは大正13年から大正14年までの1年ほど。

作家別馬込文学圏地図 「池部良」 →

石坂洋次郎原作『青い山脈 前・後篇 [DVD]』。出演:原節子、池辺良ほか 川端康成原作 『雪国 [DVD]』。出演:池部良、岸恵子、八千草薫、森繁久彌ほか
石坂洋次郎原作『青い山脈 前・後篇 [DVD]』。出演:原節子、池部良ほか 川端康成原作 『雪国 [DVD]』。出演:池部良、岸恵子、八千草薫、森繁久彌ほか
石坂洋次郎原作『若い人 [DVD]』。監督:市川崑。出演:池部良、 杉村春子ほか
石坂洋次郎原作『若い人 [DVD]』。監督:市川崑。出演:池部良、 杉村春子ほか

脚注

※1 :  「我が家と、通っていた小学校のちょうど中間を横切って池上街道が走っていた」(『風が吹いたら』 P.18)


参考文献

・ 『風が吹いたら』 (池部良 文藝春秋社 昭和62年) P.18


参考サイト

ウィキペディア/池部良→

日本映画データベース/池部良→

日本映画俳優協会→
 ※近影あり

鈍牛倶楽部/池部良→



※当ページの最終修正年月日
2017.10.31

この頁の頭に戻る