{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

誇れる日本か?(昭和45年11月25日、三島由紀夫と森田必勝、死去する)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和45年11月25日の三島由紀夫 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 作者:ANP scans 8ANP 222 出典:ウィキペディア/三島由紀夫(平成27年11月23日更新版)→

 

昭和45年11月25日(1970年。 三島由紀夫(45歳)が、 「盾の会」の4人と東京市ヶ谷の自衛隊駐屯地(東京都新宿区市谷本村町5-1 map→)で、益田兼利ました・かねとし 総監(57歳)を人質にして、総監室前のバルコニー前に800人もの自衛隊員を集め、演説を強行しました(「三島事件」)。

彼は何を訴えたのでしょう?

演説の際、バルコニーからまかれた「げき 」を見てみましょう。(全文:小さな資料室/資料348 三島由紀夫「檄」→)。

 われわれ楯の会は、自衛隊によつて育てられ、いわば自衛隊はわれわれの父でもあり、兄でもある。・・・

で、始まります。三島は昭和42年(42歳)から数度、自衛隊に体験入隊し、「一片の打算もない教育」を受けて、柵外ではすでに失われた「真の日本」の命脈が自衛隊にはまだ残っていると確信、期待を寄せていると語りかけます。そのあとを抜粋して紹介すると、

・・・われわれは戦後の日本が経済的繁栄にうつつを抜かし、国の 大本おおもと を忘れ、国民精神を失ひ、もとを正さずにしてすえに走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。
 政治は矛盾の糊塗こと、自己の保身、権力慾、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計たいけいは外国に委ね、敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を けが してゆくのを、歯噛はが みをしながら見てゐなければならなかつた。われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されてゐるのを見た。・・・

経済第一主義、その場しのぎの嘘、保身、権力欲、強いものに擦り寄って自分(たち)だけ得しようとするさもしさによって、「真の日本」は失われつつあると三島は考えました。逆に言えば、経済的尺度では測れない価値を尊び、嘘(誇張、詭弁、人心操作なども)は避け、自分(身内)可愛さを捨てて、威張らず、自らで自らを処することによって、「日本の歴史・伝統で誇れる部分」(日本の歴史の中には自作自演して戦争をおっぱじめたとか恥ずべき部分も多々あり)が育まれてきたと考えたのです。これらの価値を「武士の魂」という言葉に象徴させたのは、(真の)武士は、誰に命令されるでもなく、自らの意思で自らの腹を掻っ捌く、つまりは自分が正しいと考えること(もの)に殉じることができる「高い精神性」を有していると考えたからだと思います。

そして、その「真の日本」が残ると考えられる自衛隊が、憲法上、 違憲状態にあると考え、嘆いています。

・・・しかも法理論的には、自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、御都合主義の法的解釈によつてごまかされ、軍の名前を用ひない軍として、日本人の魂の腐敗、道義の 頽廃 たいはい の根本原因をなして来てゐるのを見た。・・・

「日本国憲法」第九条に「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」とあるのに、自衛隊が「戦力」を保持している点を指摘しているのでしょう。

「九条」には国家膨張主義に陥った日本から軍備を取り上げようとの側面も当然あった(強かった)でしょうが、一方では、「パリ不戦条約」の高い理念を引き継いで、国連の世界憲章に基づく国連軍の編成によって、個別国家の戦争を地球上からなくそうといった機運(「ダンバートン・オークス提案」など)に後押しされた面もあったようです。

ところが、冷戦構造が明らかになり国連軍の編成が難しくなり、昭和25年に朝鮮戦争が始まるや、米国(マッカーサー)は一転して、日本を共産主義に抗するための防波堤にすべく、日本(吉田 茂首相)に7万5千人もの再軍備を許可します。そして、できた「国家警察予備隊」が自衛隊の前身です。 九条が米国のご都合でできたと言うのなら、自衛隊もまさに米国のご都合の産物でした。これらのことが曖昧にされていることが、三島が言うように「魂の腐敗」に繋がっているのかもしれません(そこらへんの経緯を三島がどの程度知っていたかはわかりません。自衛隊を少し買いかぶりすぎの気がします。シヴィリアン・コントロールを否定的に言っていますが、「真の日本」「武士の魂」を体現する人が自衛隊に常に存在することが前提で、そんな保証はないのでは?)。

三島が共産主義を警戒したのは、当時の状況を鑑みれば、当然と言えば当然です。「みんな平等」という理念は素晴らしいのにそれを標榜したはずのソ連が大規模な粛清をしていたことが明らかになりました。また、その頃は中国では文化大革命の最中で、中国が長い年月をかけて積み上げてきた歴史・文化・伝統がいとも簡単に破壊されようとしていたのです(三島は他国の「歴史・文化・伝統」の破壊をも憂慮した)。 「三島事件」の8ヶ月ほど前には「よど号ハイジャック事件」もありました。

ただし、三島が、共産主義の洗礼を受けた人たちを全否定したかというとそうではなく、前年(昭和44年)5月13日の東大全共闘との公開討論では、左派の学生に対し「君たちが天皇とさえ言ってくれれば手をつなごう」とさえ言いました。三島は学生らの打算のない精神にも「真の日本」の片鱗を見たのでしょう。繰り返しになりますが、三島が真っ向から否定したのは、「真の(誇るべき)日本」とは背理する、経済第一主義、その場しのぎの嘘、保身、権力欲、強いものに擦り寄って自分(たち)だけ得しようとするさもしさでした。

そして終わりの方で、「核停条約(部分的核実験禁止条約か)」も、「五・五・三の不平等条約」(史上初の軍縮会議「ワシントン会議」(大正10~11年)で締結された米・英・仏・日の「四カ国条約」のことか。多大な対英債権をもつ米国が主導したこの条約によって、日英同盟は破棄となり、日本の主力艦の保有量は米・英の60%に制限された)など、他国に不平等を強いる強国の理論を批判、物申す者はいないのかと叱ります。

・・・沖縄返還とは何か? 本土の防衛責任とは何か?
 アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。あと二年のうちに自主性を回復せねば、左派のいふ如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終わるであらう。・・・

今も米軍が沖縄を中心に駐留し続けています。米国は日本政府に相談しないで駐留軍を自由に動かすことができ、また、有事の際は、自衛隊が米軍の指揮下に入る密約まで日米間で交わされています(「ナッシュ・レポート」の基礎資料や指揮権密約)。三島の指摘通り、自衛隊は「アメリカの傭兵」なのでしょうか。憲法を米国からの押し付けと主張する人たちが、こういった対米「追随」には目をつむるのが不思議です。三島が言う通り「矛盾の糊塗、自己の保身、権力慾、偽善」なのでしょうか? 彼らは右派なのでしょうか?

げき 」は以下の文で括られます。

 ・・・共に死なう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇へることを熱望するあまり、この挙に出たのである。

演説のあと、三島は、同志の森田必勝まさかつ (25歳)とともに、「打算のない愛国心」を切腹という究極の形で表現。三島はやはり最期まで表現者でした。

自裁の7日前(昭和45年11月18日)、当地の三島邸(東京都大田区南馬込四丁目32-8 map→)で行われた三島にとっての最後の対談(対談相手は、マルクス主義・民主主義の立場から文芸評論した古林 たかし )で古林が、「文化防衛の要としての天皇」という考え方や、三島が作った民兵組織「盾の会」などは、軍国主義化や、徴兵制実施のために利用されるのではと問うたのに対し三島は、「ぜったい利用されませんよ」「まあ長い目で見てください。ぼくはそんな人間じゃない」と言っています。三島は純粋を鋭く志向した人なので、少しでも打算がある人たちは、まあ、利用しきれないでしょうね。

三島由紀夫『文化防衛論(ちくま文庫)』 中村彰彦『烈士と呼ばれる男〜森田必勝の物語〜』(文藝春秋)
三島由紀夫『文化防衛論(ちくま文庫)』 中村彰彦『烈士と呼ばれる男〜森田必勝の物語〜』(文藝春秋)
鈴木邦男『〈愛国心〉に気をつけろ! (岩波ブックレット)』。著者は三島とともに散った森田必勝の友人。民族主義団体「一水会」の元最高顧問。三島(文学)の理解者 孫崎 享『戦後史の正体(「戦後再発見」双書)』(創元社)。日本では対米「追随」路線の人が出世し、対米「自主」路線の人は(ことごとく?)失脚する?
鈴木邦男『〈愛国心〉に気をつけろ! (岩波ブックレット)』。著者は三島とともに散った森田必勝の友人。民族主義団体「一水会」の元最高顧問。三島(文学)の理解者 孫崎 享『戦後史の正体(「戦後再発見」双書)』(創元社)。日本では対米「追随」路線の人が出世し、対米「自主」路線の人は(ことごとく?)失脚する?

■ 馬込文学マラソン:
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

■ 参考文献:
●『三島由紀夫研究年表』(安藤 武 西田書店 昭和63年発行)P.194-195、P.328-336 ●『戦後史の正体(「戦後再発見」双書)』(孫崎 うける )P.110 ●『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(矢部宏治 集英社インターナショナル 平成26年初版発行 平成27年9刷参照)P.206、P.269-270 ●『決定版 三島由紀夫全集40』(新潮社 平成16年発行)P.753(古林 尚との対談)

■ 参考サイト:
●ウィキペディア/・古林 尚(令和元年7月12日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2019.11.25

この頁の頭に戻る