{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

「西洋」に対するアンビバレンス(大正12年8月4日、堀 辰雄、初めて軽井沢へ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「西洋はいいなぁ」「すごいなぁ」・・・?

堀辰雄

関東大震災の1ヶ月ほど前の大正12年8月4日(1923年。 堀 辰雄(19歳)が、室生犀星(34歳)に連れられて、軽井沢を初めて訪れています。

その日の感動をは、友人の神西 清じんざい・きよし (19歳)に宛てた葉書に次のように書いています。

一日ぢゆう、彷徨さまよ つてゐる。みんな活動写真のやうなものだ、道で 出遇であう ふものは、異人さんと異国語ばつかりだ・・・

これはの「西洋」への憧れの表現とみていいでしょう。当時、軽井沢には「西洋」の具体がありました。

旧軽井沢(現在の旧軽井沢銀座あたり)は中山道の宿場として栄えていましたが、幕末になって参勤交代が廃絶されて実入りが少なくなり、また、明治17年には横川と新軽井沢(現在の軽井沢駅あたり)に碓井うすい 新道が開かれて鉄道馬車が走るようになってさびれかけます。

ところがラッキーなことに、まもなく(明治19年)、カナダの宣教師ショーが旧軽井沢に別荘を作ったのをきっかけに、旧軽井沢は在日外国人から避暑地として注目され、発展していきます。道行く外国人が多くなり、看板も横文字が目立ってきます。

ショーが別荘を建てたあたりに建つ「ショー記念礼拝堂」(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢57-1 map→)。右手に写っているのがショーの像 大正時代の軽井沢 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『軽井沢ものがたり』(新潮社)
ショーが別荘を建てたあたりに建つ「ショー記念礼拝堂」(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢57-1 map→)。右手に写っているのがショーの像 大正時代の軽井沢 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『軽井沢ものがたり』(新潮社)

軽井沢はよほど鮮烈な印象をに与えたのでしょう、はその後、終生、軽井沢と関係を持ち続けます。最初、「つるや旅館」(長野県北佐久郡軽井沢町旧軽井沢678 map→ site→)などに滞在していましたが(「つるや旅館」の主人はショーの別荘建築に協力した)、昭和13年、加藤多恵子との結婚後、当地に別荘を借りるようになります。 3度別荘の引越しをし、4度目のものは初めて購入。 昭和19年には、近くの 追分おいわけ (やはり中山道の宿場だった)に移転、そこで生涯を終えています名作『風立ちぬ』など、軽井沢や追分を舞台にした作品を数多く残しました。

は明治37年生まれで、明治になって(「明治維新」という美称はもう使わない方がいい。幕府サイドに佐久間象山勝 海舟福沢諭吉がいたことを忘れてはならない。何も武力で幕府をひっくり返さないでも、共和制に自然と移行できたはず)37年も経っており、の世代ぐらいだと「西洋」の受容は比較的容易だったことでしょう。

明治政府は、明治13年頃から、文化、制度、技術のみならず、風俗や習慣まで「西洋」を真似ようとしました(「欧化政策」)。その象徴「 鹿鳴館ろくめいかん 」が建設されたのが明治16年。そこでは、連日、西洋風の夜会が開かれ、おそらく20年ほど前までは、「攘夷だ! 外国人はぶった斬れ!」と叫んでいた連中まで、西洋風の社交ダンスのステップを踏んだのではないでしょうか(かたや、攘夷を貫こうとした人たちの多くが明治になって非業の死を遂げた)。

「西洋」受容の流れは、文学にも影響し、坪内逍遥を 嚆矢 こうし とする日本近代文学そのものが「西洋文学」の影響下にあったといえるでしょう。坪内逍遥が『小説神髄』を書いたのが明治18年で、ショーの軽井沢別荘建設の1年前です。「西洋」をよく取り入れた状態を「ハイカラ」(high collar)とちまたは賞賛するようになります。そして徐々に「和」や「アジア」は軽視されるようになって、脱亜論だつあろん Wik→なども出てくるのでしょう。

当地(東京都大田区)にも、いち早く「西洋」が生まれました。明治9年、「大森駅」(東京都大田区大森北一丁目6 map→)ができたのが大きいでしょう(新橋-横浜間に日本で最初の鉄道が開通したのが明治5年なので、その4年後)。大正元年には、西洋人の宿泊を考慮した「 望翠楼ぼうすいろう ホテル」(プロコフィエフも11泊している)が建ったのも、西洋人の往来が多かったからでしょう。大正14年に横浜から「 独逸ドイツ 学園」(「日本国憲法」 第24条「家庭生活における個人の尊厳と両性の平等」の草案を書いたベアテ・シロタ・ゴードンも一時在学)が移転して来てからは特にドイツ人の往来が増え、彼らが行き来する道は「ジャーマン通り」と命名され、今もそう呼ばれています。当地に出入りした作家たちの中にも、そういった「西洋」への憧れが多少はあったでしょうか南川 潤の家は「独逸学園」のすぐ近くだったので、彼が書いた小説には当地の「西洋」がちょこちょこと頭を出しています。

こういった「欧化」に物申す人もいました。

徳富蘇峰

徳富蘇峰は、今では、平和主義者の間で極めて評価が低い人物ですが(戦後、A級戦犯の容疑者となった)、初期には、「西洋」をいち早く吸収し、かつ、それに流されることなく日本独自の立場を模索しつつも、確固とした平和主義者・博愛主義者でした。

10歳か11歳で熊本洋学校に入学し、キリスト教の聖書に接し、明治9年(蘇峰13歳)には日本のプロテスタントの源流の一つ「熊本バンド」に参加、明治29年(蘇峰33歳)にトルストイに面会した折、トルストイが賞賛するほどのキリスト教理解(西洋理解と言ってもいいか。イエスは西アジアで活躍した人だが)を示しました。また、祈るだけの信者ではなく、自由民権論も吸収、平民主義を掲げて、政府の過剰な軍備増強に反対、鹿鳴館に象徴される皮相的な「西洋」吸収にも警鐘を鳴らしています。それなのに、日清戦争後の「三国干渉」(明治28年蘇峰32歳)で、日本が列強にいいようにされたのが悔しくて悔しくて国家膨張主義者に豹変、その後は、日本を戦争へと駆り立てる言論を展開しました。

心理学者の岸田 しゅう さんが、幕末から太平洋戦争開戦までの日本を、「西洋」に対するアンビバレンスという視点から分析されています。アンビバレンスとは一つの対象や一つの出来事に対して二つ以上の矛盾した感情を持つこと。日本は幕末に、軍事力を背景にした米国など「西洋」の列強によって、あたかも女性が無理やり股を開かされるようにして、開国させられた。それなのに明治になると「西洋」様様。DVされているのに「あの人にもいいところがあるのよ」と反発心を心の底に潜ませてしまう女性のように、日本はアンビバレンスを抱え、一方の感情を抑圧し、精神を病み、しまいには発狂した(太平洋戦争を開戦した)のだと。岸田さんの説でいうと、蘇峰の変節は、初期に現れた顕著な病変と言えるでしょうか。現在も、米国が威張っても日本政府はペコペコペコペコ。また同じようなプロセスをたどって“発狂”しまいかと心配になります(いや、もう発症している?)。

吉村祐美『新・軽井沢文学散』(軽井沢新聞社) ケネス.B・パイル 『欧化と国粋 〜明治新世代と日本のかたち〜(講談社学術文庫) 』
吉村祐美『新・軽井沢文学散』(軽井沢新聞社) ケネス.B・パイル 『欧化と国粋 〜明治新世代と日本のかたち〜(講談社学術文庫) 』
岸田 秀 『ものぐさ精神分析 (中公文庫)』 原田伊織『明治維新という過ち 〜日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〜〔完全増補版〕 (講談社文庫)』
岸田 秀『ものぐさ精神分析 (中公文庫)』 原田伊織『明治維新という過ち 〜日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト〜〔完全増補版〕 (講談社文庫)』

■ 馬込文学マラソン:
堀 辰雄の『聖家族』を読む→
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
南川 潤の『風俗十日』を読む→

■ 参考文献:
●『評伝 堀 辰雄』(小川和佑 六興出版 昭和53年発行)P.39 ●『堀 辰雄(人と文学シリーズ)』(監修:川端康成井上 靖  学研 昭和55年発行)P.122 ●『堀 辰雄(新潮日本文学アルバム)』(昭和59年発行)P.20-21 ●『軽井沢物語』(佐藤不二男 軽井沢書房 昭和51年発行)P.58-63

■ 参考サイト:
●ウィキペディア/・欧化主義(令和3年7月8日更新版)→ ・ハイカラ(令和3年7月2日更新版)→ ・徳富蘇峰(令和3年7月9日更新版)→ ●東京紅團/堀 辰雄を歩く/・堀 辰雄の軽井沢を歩く Ⅱ 【別荘編】→ ・堀 辰雄の追分を歩く→

※当ページの最終修正年月日
2021.8.4

この頁の頭に戻る