{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

「西洋」と出会う(大正12年8月4日、堀 辰雄、初めて軽井沢へ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正時代の軽井沢 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『軽井沢ものがたり』(新潮社)

 

堀辰雄

関東大震災を1ヶ月後に控えた大正12年8月4日(1923年。 堀 辰雄(19歳)が、室生犀星(34歳)に連れられて、初めて軽井沢を訪れています。

その日の感動をは、友人の神西 清(19歳)に宛てた葉書に次のように書いています。

一日ぢゆう、彷徨さまよつてゐる。 みんな活動写真のやうなものだ、道で出遇であう ふものは、異人さんと異国語ばつかりだ・・・

は、軽井沢で、憧れの 「西洋」と出会いました。そこには「西洋」の具体的な形があったのです。

軽井沢(現在の旧軽井沢銀座あたり。旧軽井沢)は中山道の宿場として栄えていましたが、幕末になって参勤交代が廃絶されて大規模な実入りがなくなり、また、明治17年には横川と新軽井沢(現在の軽井沢駅あたり)に碓井新道が開かれて鉄道馬車が走るようになって、旧軽井沢は寂れかけます。

ところがラッキーなことに、まもなく(明治19年)、カナダの宣教師ショーが旧軽井沢に別荘を作ったのをきっかけに、在日外国人の避暑地として注目され発展していきます。 上の写真は大正時代のものですが、道行く人も外国人らしい人が多く、看板にも横文字が目立ちます。

ショーが別荘を建てたあたりに建つ「ショー記念礼拝堂」。右手に写っているのがショーの像
ショーが別荘を建てたあたりに建つ「ショー記念礼拝堂」。右手に写っているのがショーの像

初めての軽井沢(旧軽井沢)の印象がよほど鮮烈だったのでしょう、はその後も、終生、軽井沢と関係を持ち続けます。最初、「つるや旅館」などに滞在していましたが(「つるや旅館」主人はショーの別荘建築にも協力している)、昭和13年、加藤多恵子と結婚後、当地に別荘を借りるようになります。 4つの別荘を利用し、4番目のものは初めて購入。 昭和19年には、やはり中山道の宿場だった 追分おいわけ(京都に向って軽井沢、沓掛くつかけ 、追分の順)に移転、そこで生涯を終えます。

堀の“西洋恋い”はかなり重篤だったかもしれませんが、西洋に憧れたのはなにも彼だけではなく、そもそも、坪内逍遥を嚆矢こうしとする日本近代文学そのものが西洋文学の影響下にあったとさえいえるでしょう。坪内逍遥が『小説神髄』を書いたのが明治18年で、ショーが軽井沢に別荘を建てたのが明治19年。1年違いです。

文学にかぎりません、この時代、あらゆる分野、政治経済、司法、自然科学、軍事、風俗などなどで、西洋が目指され、それに憧れ、それを取り入れようとします。そして「和」や「アジア」を軽視し、それを見失って、脱亜論なども出てくるのでしょう。

------------------------------------------------------

当地(東京都大田区)にも、「西洋」がありました。大正元年、西洋人の宿泊を考慮した「望翠楼ホテル」(プロコフィエフも11泊している!)が建ったのも、西洋人の往来があったからでしょう。大正14年に横浜から「独逸学園」(「日本国憲法」 第24条「家庭生活における個人の尊厳と両性の平等」の草案を書いたベアテ・シロタ・ゴードンも在学していた!)が移転して来てからは特にドイツ人を多く見かけるようになり、彼らが往来する道は「ジャーマン通り」と命名され、今もそう呼ばれています。当地に好んで出入りした作家の中には、そういった「西洋」に対する憧れも多少はあったかもしれませんね。

南川 潤

当地(東京都大田区)を舞台にした南川 潤の小説 『風俗十日』 には 「ドイツ人の家」 が出てきます。 南川の住まいは「独逸学園」のすぐ近くでした。

・・・ヤンソンの家の女中が俺をつかまえてはなさなかつたもんでね。佐々木はそういつて高慢な顔をして笑つた。ヤンソンといふのは、佐々木が牛乳を届けてゐるドイツ人の家でそこの女中が、ちよつと綺麗で、俺に気があるらしいと、佐々木がかねがねから得意になつてゐるのである。為吉は、又かといふ風にちよつと嫌な顔をして見せた・・・

「西洋」というだけで何か得意になれるようなそんな時代だったのでしょうね。いや、今もそうか?

ジャーマン通り。この写真の場所は高村 薫さんの『レディ・ジョーカー』での重要なポイント
ジャーマン通り。この写真の場所は高村 薫さんの『レディ・ジョーカー』での重要なポイント

 

堀辰雄 『風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫) 』。両作品とも軽井沢が主要な舞台 堀辰雄原作 『風立ちぬ [Blu-ray]』。出演:山口百恵、三浦友和、芦田伸介ほか
堀 辰雄 『風立ちぬ・美しい村 (新潮文庫) 』。両作品とも軽井沢が主要な舞台 堀 辰雄 原作 『風立ちぬ [Blu-ray]』。出演:山口百恵、三浦友和、芦田伸介ほか
南川潤 『風俗十日』(復刻版) 吉村祐美 『新・軽井沢文学散歩 文学者たちの軽井沢 上巻』
南川 潤 『風俗十日』(復刻版) 吉村祐美 『新・軽井沢文学散』
ケネス.B・パイル 『欧化と国粋 〜明治新世代と日本のかたち〜(講談社学術文庫) 』 岸田 秀 『ものぐさ精神分析 (中公文庫)』。「西洋」によって屈辱的に開国させられた日本は、その「西洋」に反対に擦り寄って、その結果(精神的に)分裂、発狂して太平洋戦争を起こした? 平成の末期、また同じようなプロセスをたどっているようで恐い
ケネス.B・パイル 『欧化と国粋 〜明治新世代と日本のかたち〜(講談社学術文庫) 』 岸田 秀 『ものぐさ精神分析 (中公文庫)』。「西洋」によって屈辱的に開国させられた日本は、その「西洋」に反対に擦り寄って、その結果(精神的に)分裂、発狂して太平洋戦争を起こした? 平成の末期、また同じようなプロセスをたどっているようで恐い

■ 馬込文学マラソン:
堀 辰雄の『聖家族』を読む→
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
南川 潤の『風俗十日』を読む→

■ 参考文献:
・ 『評伝 堀 辰雄
 (小川和佑 六興出版 昭和53年発行)P.39

・ 『堀 辰雄(人と文学シリーズ)』
 (川端康成井上 靖 監修 学研 昭和55年発行)P.122

・ 『堀 辰雄(新潮日本文学アルバム)』
 (昭和59年発行)P.20-21

・ 『軽井沢物語』(佐藤不二男 軽井沢書房 昭和51年発行)P.58-63

■ 参考サイト:
ウィキペディア/軽井沢(平成24年7月10日更新版)→
ウィキペディア/碓氷峠(平成30年6月8日更新版)→
ウィキペディア/中山道(平成30年5月8日更新版)→

東京紅團/堀 辰雄を歩く/堀 辰雄の軽井沢を歩く Ⅱ 【別荘編】→
東京紅團/堀 辰雄を歩く/堀辰雄の追分を歩く→

※当ページの最終修正年月日
2019.8.2

この頁の頭に戻る