{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

「志を翻した者たち」と「志を翻さなかった者たち」(明治9年10月24日、「神風連の乱」が起こる)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三島由紀夫の『豊饒の海』第2巻『 奔馬ほんば 』 のカバー。「神風連の乱」の首謀者の一人 加屋霽堅 かや・はるかた の書

 

明治9年10月24日(1876年。 熊本の士族・太田黒伴雄おおたぐろ・ともお(42歳)加屋霽堅かや・はるかた (40歳)ら 神風連じんぷうれん (「しんぷうれん」とも)の約170名が、明治新政府の欧化政策に憤り、熊本鎮台司令官宅と熊本県令宅を襲撃、4名を殺害し、熊本城内の新政府軍熊本鎮台を占拠しました(「神風連の乱」)。

士族を養うとなると国家予算の40%近くが必要で、新政府は同年(明治9年)8月、「金禄公債証書発行条例」を発布、4〜6年分の禄(給与)を公債で支給し、その後の支給は打ち切るとしました。以前から禄を減らされ、士族は非常に困窮、明治7年には江藤新平(39歳)率いる初の大規模な士族反乱「佐賀の乱」が起き、ついで「神風連の乱」起きました。

ことに「神風連の乱」は、禄の打ち切りといった経済的な理由よりも、同年(明治9年)3月に発布された「廃刀令」に対して憤慨したようです。身に帯びる刀に「魂」を感じそれを誇りにした人たちにとって、「廃刀令」は魂をも剥ぎ取られるような苦痛・屈辱だったのでしょう。神風連は正式には 敬神党 けいしんとう と呼ばれ、 国学や神道を基本とする教育を主張する人たちで、構成員の多くが神職にありました。“精神性”を尊ぶ人たちだったのです。

結果としては、神風連側に124名の死者が出(自刃した人や捕縛され斬首された者も含む)、政府側にも60名ほどの死者が出て、翌日(10月25日)には鎮圧されました。神風連は、鉄砲といった“西洋の飛び道具”などは使わず、あえて槍と刀だけを手にしたので、政府軍の兵力の前ではあえなく散るのみでした。

冒頭に掲げた 加屋霽堅 かや・はるかた の書は以下のように書かれているようです。

致力中原
自習労此生
何惜附鴻毛
破除雲霧豈
無日磨励霜
偃月刀えんげつとう

「集中すれば自ずと分かる。この命を捨てる気概なくしてどうして邪を払えよう。来る日も来る日も刀を磨いている、霜を溶かすほどに」といった意味でしょうか。

三島由紀夫

三島由紀夫の『奔馬ほんば』( 「豊饒の海」第2巻)は、昭和初期が舞台ですが、神風連に傾倒するいさお という少年が出てきます。 彼は“純粋”であろうとし、その規範を神風連に見出します。

・・・純粋といふ観念は勳から出て、ほかの二人の少年の頭にも心にもしみ込んでゐた。 勳はスローガンを拵へた。「神風連の純粋に學べ」といふ仲間うちのスローガンを。
 純粋とは、花のやうな観念、薄荷はっかをよく利かした含嗽薬がんそうざい(注:うがい薬のこと)の味のやうな観念、やさしい母の胸にすがりつくやうな観念を、ただちに、血の観念、不正をぎ倒す刀の観念、袈裟けさがけに斬り下げると同時に飛び散る血しぶきの観念、あるひは切腹の観念に結びつけるものだつた。 「花と散る」 といふときに、血みどろの屍體したいはたちまち匂ひやかな櫻の花に化した。 純粋とは、正反對の観念のほしいままな轉換だつた。 だから、純粋は詩なのである。・・・( 「奔馬」 より)

『奔馬』は詳しく神風連に触れ、その第9章などは、勳が愛読する「神風連史話」という読物がまるまる45頁にわたって出てきます。著者は山尾綱紀とありますが、これは架空の人で、石原醜男しこお が書いた『神風連血涙史』を三島がリライトしたようです。

東 文彦 石光真清
石光真清

三島には 東 文彦あずま・ふみひこ という5年先輩(2人とも学習院出身)の知り合いがいて 、15歳から18歳にかけ100通以上の手紙を交わしています。このの母方の祖父 石光真清いしみつ・まきよは神風連の加屋霽堅かや・はるかた と付き合いがあり、著書『城下の人』(息子の 真人 まひと が真清の手記を編纂)で加屋に触れています。はこの祖父の本に挿絵を描くなどして関わりました。十代の三島は、から神風連の話を聞いたと考えられます。は昭和18年(23歳)、結核とその合併症によって死去。三島は終生、命日の墓参を欠かさなかったそうです。

------------------------------------------------------

明治政府を作った人たちは、尊王と攘夷のエネルギーを利用して江戸幕府を倒しましたが、彼らが尊王であり攘夷であったかというと疑問です。尊王であるなら、孝明天皇の意向を尊重しただろうし(彼らは、孝明天皇が篤く信頼した会津藩に“朝敵”のレッテルを貼った。彼らによる孝明天皇の暗殺説もあり(半藤『幕末史』))、攘夷であるなら、明治に入るや欧化政策に血道を上げるなんてこともなかったでしょう(方向転換するのなら時間をかけて丁寧に説明する必要があった)。攘夷とは、何でもかでも外国人は追っ払えといった野蛮思想ではなく(日本はオランダとは江戸時代に200年以上も互いに尊敬の念を持って交流)、軍事力を背景に侵略してくる“野蛮な列強”に対して明確にNOを言うこと。日本の専売特許ではなく、中国での「義和団の乱」や、韓国併合下にあって日本からの独立を目指して結成された義烈団の活動なども攘夷運動と言えるでしょう。

「神風連の乱」は、明治維新といった美化された言葉に象徴される「新」に対する、武士道といった言葉に象徴される「旧」の叛逆というよりも、ずばり、「志を翻した者たち」に対する「志を翻さない者たち」の叛逆といった方が本質をついているのではないでしょうか。

島崎藤村

島崎藤村は、小説『夜明け前』Amazon→で、国学を学び、明治政府に熱く期待を寄せた一人の男(青山半蔵。藤村の父親がモデル)が、明治政府の欧化政策に失望し、心身を蝕んでいく様を描き出しました。神奈川県湯河原には、藤村が『夜明け前』の想を練ったとされる宿があります。

芥川龍之介

芥川龍之介に『開化の良人おっと青空文庫→という短編小説があります。洋行帰りの「私」に、やはり洋行帰りの友人が、神風連に同情できるか、と問う場面があります。「私」は「いや一向同情はできない。廃刀令が出たからと云って、一揆を起すような連中は、自滅する方が当然だと思っている。」と返事しますが・・・。大正8年1月と日付があるので、芥川(26歳)がまだ横須賀の海軍機関学校で教えていた頃の作品ですね。

三島由紀夫『奔馬(「豊饒の海」第2巻)』(新潮社) 『神風連(溝口健二・全作品解説〈11〉)』(近代文藝社)※高額注意
三島由紀夫『奔馬(「豊饒の海」第2巻)』(新潮社) 『神風連(溝口健二・全作品解説〈11〉)』(近代文藝社) ※高額注意
西 法太郎『三島由紀夫は10代をどう生きたか』(文学通信)。10代の三島に決定的な影響を与えた東 文彦、保田與重郎、蓮田善明について。彼らをつなぐ神風連。平成30年発行 石光真清『城下の人 〜新編・石光真清の手記(一) 西南戦争・日清戦争(中公文庫)』。「神風連の乱」のほか、西南戦争、大津事件、日清・日露戦争についても当事者として記された「自伝の名作」。毎日出版文化賞受賞作
西 法太郎『三島由紀夫は10代をどう生きたか』(文学通信)。10代の三島に決定的な影響を与えた東 文彦、保田與重郎、蓮田善明について。彼らをつなぐ神風連。平成30年発行 石光真清『城下の人 〜新編・石光真清の手記(一) 西南戦争・日清戦争(中公文庫)』。「神風連の乱」のほか、西南戦争、大津事件、日清・日露戦争についても当事者として記された「自伝の名作」。毎日出版文化賞受賞作

■ 馬込文学マラソン:
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
芥川龍之介の『魔術』を読む→

■ 参考文献:
●『明治大正史(上)』(中村 隆英 たかふさ  東京大学出版会 平成27年発行 同年発行4刷参照)P.10、P.67-68、P.183-189 ●『奔馬』(「豊饒の海」第2巻)(三島由紀夫 新潮社 昭和44年発行)P.57-112 ●『幕末史(新潮文庫)』(半藤一利 平成24年発行)P.256-260

■ 参考サイト:
ウィキペディア/・ 士族(平成29年11月27日更新版)→ ・ 敬神党(平成25年1月10日更新版)→ ・ 士族反乱(平成25年4月25日更新版)→ ・ 神風連の乱(平成30年1月25日更新版)→ ・ 豊饒の海(平成24年8月26日更新版)→ ・ 東 文彦(平成30年11月22日更新版)→ ・ 石光真清(令和元年8月31日更新版)→ ・ 太田黒伴雄(平成26年10月19日更新版)→ ・ ラストサムライ(平成26年7月12日更新版)→ ●www.神風連.com/参考資料→ ●津々堂のたわごと日録/三島由紀夫著「奔馬」を読む→ ●『Talking with Angels』西洋墓地の天使像と『笑とる仏』 : 写真家 岩谷 薫/三島由紀夫『奔馬』→

※当ページの最終修正年月日
2019.10.24

この頁の頭に戻る