(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

佐多稲子の「水」を読む(無意識のしぐさ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少女が、上野駅のホームで泣いている。

・・・グリーンのセーターに灰色のスカートをはいて、その背をこごめ、幾代は自分の膝の上で泣いていた。 膝にのせたズックの鞄を両手に抱え込んでその上で泣いていた。
 すぐ頭の上の列車の窓から、けげんな顔で人ののぞくのも知っていたが、どうしても涙はとまらず、そこよりほかの場所に行きようもなかった。・・・ ( 『水』 より)

と、幾代という少女は、ひたすら泣いている。なぜ、こんなにも泣くのだろう?

幾代の左足は、少し短い。だから、歩くときにぴょこんぴょこんと左肩が下がってしまうのだ。そのために、子どもの頃、男の子たちにからかわれた。そんな幾代を必死にかばうのは母だった。母は石を投げつけて男の子たちを追い払い、幾代には、あんたの足が悪いのは自分のせいなのだと泣いて詫びるのだった。

そんな母を、幾代は反対に可哀想に思うのだった。母に少しでも楽しい思いをさせたい。温泉にでも行かせてやりたい。そんな思いを胸に、幾代は東京に働きに出る。

旅館に住み込んで働いた。足が悪いので人と違った目で見られることもあった。でも、そんなことでは負けはしない。毎月少しでも母親に送金できるのが幾代の楽しみであり、心の支えだった。

ところが、そんなある日、旅館に一通の電報が届く。母の死を伝えるものだった。

そして、今、幾代は、郷里に向かうべく上野駅に来ているのだ。 向かうべく郷里には、もう母はいない。 ふと母の横顔が目に浮かび、幾代はもう我慢できず、そこにしゃがみこんで、こんこんと泣くのだった。

この作品には、なぜか 「水」 という題がついている。

物語の最後の十数行で、その理由が分かる。幾代の何気ない仕草に、人間の “哀しさ” と “美しさ” が、見事に結晶する。


『水』 について

佐多稲子さた・いねこ 58歳の時の作品。

■ 作品評
・「一行一行に無限の人間のかなしみ、生活の重さがこめられて、(二十枚足らずの短編であるが)何百枚かの長編を読んだと同じ感銘を受ける」(奥野健男

佐多稲子『女の宿』。「水」を所収*
佐多稲子『女の宿』。「水」を所収

佐多稲子について

佐多稲子
佐多稲子 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『佐多稲子文学アルバム』(佐多稲子研究会編)

11歳から働く
明治37年6月1日(1904年)、長崎県で生まれる。 父は18歳、母は14歳。正式には結婚していなかったため、母方の祖母の弟の長女として届けられる。 本名は田島イネ。明治43年(7歳)、母親が亡くなり、家運が傾く。 大正3年(11歳)、一家を上げて上京。 向島の小学校に入学するが、経済的理由から退学を余儀なくされ、神田川の和泉橋にあったキャラメル工場に働きに出る。 初の小説 「キャラメル工場から」(昭和3年 24歳) は、そこでの体験が元になっている。その後、そば屋、料亭、造船所、メリヤス工場などを転々とした。一家の貧困を救うため芸者になろうとしたこともある。

「驢馬」のメンバーとの出会い
大正9年(16歳)、上野の料亭 「清凌亭」 で女中をしているとき、芥川龍之介菊池寛佐々木茂索らと出会う。 翌年、丸善書店の洋品部の店員をしているとき、同僚の男性・増田かおるの影響で、イプセントルストイ倉田百三などを読むようになり、生田春月の 「詩と人生」 に詩を投稿するようになった。 大正13年(20歳)、ある資産家と結婚するが、夫の病的な嫉妬と暴力に苦しみ、翌年長女を出産するが、離別。 昭和元年(22歳)、勤め先のカフェー 「紅緑」 で、中野重治堀辰雄窪川鶴次郎ら 「驢馬」 の同人と出会い、同年、鶴次郎と田端に所帯を持つ。鶴次郎の影響でプロレタリア文学に接近。 昭和5年(26歳)、最初の小説 『キャラメル工場(こうば)から』 を出版、高く評価された。 昭和10年(35歳)、「働く女性」の編集に携わったことを理由に起訴され、懲役2年執行猶予3年の判決がおりる。

新しい少女像を描きベストセラー作家に
昭和15年(36歳)、 『素足の娘』 を新潮社から発行。 旧来のモラルにとらわれない新しい少女像を描き、 1ヶ月で16刷し7万部売れた。 この頃、夫鶴次郎田村俊子との関係が発覚、夫への不信感から運動への情熱も失う。 昭和16年(37歳)、戦地慰問に参加。

自らの戦前・戦中を厳しく見つめ
敗戦後、戦地慰問したことを宮本百合子ら文学仲間から批判され、新日本文学会の発起人からも外された。 以後、自身を見つめ、「プロレタリア文学に携わっていた自分がなぜ戦地慰問をするまでになったか」、 そして 「その戦争責任を認めつつも、今、なぜ再び自分は日本共産党に関わろうとするのか」 を主なテーマに、 『私の東京地図』 (昭和24年 45歳)、 『灰色の午後』 (昭和35年 56歳)などを書く。 「民衆からの孤立が左翼知識人の敗北につながった」 という反省に立ち、民衆の実感を取り込んだ革新運動を模索する。 その間、婦人民主クラブの活動が原因で日本共産党から除名処分を受け(昭和26年 47歳)、 日本共産党の「六全協新方針※1」後党への無条件復帰が認められたが(昭和30年 51歳)、 党の方針を批判したために再び除名(昭和39年 60歳)。 昭和45年(66歳)から昭和60年 (81歳) まで婦人民主クラブの委員長を務めた。日本共産党や中核派の介入を許さなかった。

平成10年10月12日、満94歳で死去。 東京八王子市の富士見台霊園に眠る( )。

『佐多稲子文学アルバム 〜凛として立つ〜』 『佐多稲子集 (新潮日本文学〈23〉) 』。「キャラメル工場から」「素足の娘」「水」など
佐多稲子文学アルバム 〜凛として立つ〜』 佐多稲子集 (新潮日本文学〈23〉) 』。「キャラメル工場から」「素足の娘」「水」など
佐多稲子 『樹影 (講談社文芸文庫)』 佐多稲子 『樹影 (講談社文芸文庫)』
佐多稲子 『私の東京地図 (講談社文芸文庫) 』 佐多稲子 『樹影 (講談社文芸文庫)』

 


佐多稲子の馬込文学圏時代

昭和7年(28歳)5月から7ヶ月間ばかり、当地 (新井宿。現・中央一丁目)に住んだ。父が脳を病み継母の郷里に引き上げた後の空き家に住む。 その頃、日本プロレタリア文化連盟の婦人協議会の機関誌 「働く婦人」 の編集や、地下に潜った小林多喜二宮本顕治らとの連絡に奔走。日本共産党に入党したのもこの頃。 『歯車』 (昭和33年)や、 夫・窪川鶴次郎の 『新浅草物語』 (昭和24年) に、 当時のことが描かれている。


脚注

※1 : 六全協方針:
ろくぜんきょうほうしん。昭和30年、日本共産党の第6回全国協議会で決議された武装革命放棄の方針。以後、「うたごえ運動」など穏健な運動が盛んになる。この方針に同意しない共産主義者は日本共産党と袂を分かち、「共産主義者同盟(ブント)」や「日本トロッキスト連盟(後の「革命的共産主義者同盟」)」といった新左翼勢力となる


参考文献

・ 『佐多稲子 〜体験と時間』
 (小林裕子 翰林書房 平成9年発行)

・ 『佐多稲子集(新潮日本文学23)』 (昭和46年発行) P.387-408

・ 『大田文学地図』
 (染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年発行) P.149-153

・ 『馬込文士村ガイドブック(改訂版)』
 (大田区立郷土博物館編・発行 平成8年発行) P.39、P.99


参考サイト

ウィキペディア/日本共産党第6回全国協議会(平成28年8月16日更新版)→

文学者掃苔録図書館/佐多稲子→



※当ページの最終修正年月日
2017.4.29

この頁の頭に戻る