{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

競輪という切り口(昭和26年9月27日、坂口安吾、競輪の不正を告発)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当地( 安方 やすかた 町。現・東矢口二丁目)に住んでいた頃の坂口安吾。この5年後くらいに伊豆の伊東へ転居し、競輪にはまりまくる。背景写真は問題となった競輪の判定写真 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『坂口安吾(新潮日本文学アルバム)』 安吾の撮影:林 忠彦

 

昭和26年9月27日(1951年。 坂口安吾(44歳)が、11日前の9月16日、伊東競輪場での第12レースに不正があったとして、地方検察庁に告発状を提出しました。

------------------------------------------------------

戦後直後、『堕落論』で大ブレイクした安吾は、ヒロポン(覚せい剤の一種)で眠りたい身体を無理に叩き起こして、4日間一睡もせずに執筆するといった有様でした。

とうとう身体は壊れ、今度は眠れなくなって睡眠薬に頼り、その中毒から発狂状態に陥ります。昭和24年(42歳)、伊豆の伊東に移転するのは、療養が目的でした。ぬるい湯に一日3回つかるのを日課として、身体も精神もようやく安定に向ったようです。

安定には向いましたが、安吾はやはり、ヒリヒリする何かを求めてしまうのでしょう。時は、競輪が大流行りで、大穴、八百長、焼討ち、女子競輪と、連日話題になっており、文化現象ならA級だろうがC級だろうが、そんなことに頓着する安吾ではないので、競輪にも興味を持ち、翌昭和25年頃から競輪場通いを初めていました。

探究心旺盛な安吾は、ただ車券を買って、勝った負けたで大騒ぎするだけでなく、競輪選手と予想屋を招待しては話を聞き出し、彼らの生活や競輪運営の仕組、競馬場の性格分析からそれにあった有効な車券の買い方まで理解していきます。

当時、安吾は、競輪の八百長について、次のように分析しています。

・・・競輪には八百長が多いといわれている。私の三日間の観察でも、たしかに、そうだ、と思われる節が多かった。
 しかし、すくなくとも、私の見た競技場の観衆は、あまりに、あまい。彼らが八百長だと思ったときは、案外八百長ではなく、八百長は観衆の盲点をついて巧妙に行われているようである。競輪の観衆は、目先の賭にめし いて、盲点が多いから、そこをついて、いくらでもダマせるのである。
 一般に競輪場は、地方ボスに場内整理をゆだねているので、そういうボスのかかりあっている数だけ、八百長レースが黙認された形になっているらしい。・・・(中略)・・・
・・・ところが一大混戦となり、小林は包まれて出られず、田川がトップをきっていたが、ゴール前の混戦に、アッというまに横からとびだした黒五郎が優勝してしまった。
 「アッ。七番だ!」
しかし、次の瞬間に、
「ワッ。五-二。当った。当った」
 と、どよめきが起る。本命の小林は負けたけれども、フォーカス(組み合わせで車券購入すること)で小林の組になっていた黒五郎が優勝したから、当った、当った、と大よろこびで、本命の小林が負け、名もない黒五郎が勝ったことが、全然問題にならない。・・・(中略)・・・
・・・人々は全然フォーカスに気をとられて忘れているが、黒五郎の優勝は、単複(単勝と複勝ねらいでの車券購入)においては、大穴になっているのである。大多数の人々はフォーカスで安い配当をもらって満足しており、巧妙に盲点をつかれていることに気付かないのである。・・・(中略)・・・
・・・観衆は、落車には同情的であり、落車にもいろいろの場合があることを度外視しているから、ここにも盲点がありうるのである。・・・(坂口安吾「今日われ競輪す」より)

思うに、安吾は、「競輪という切り口」から人間心理を探究しているのではないでしょうか。

上のような考察にいたるまでには、安吾は家の有金を全部突っ込んだりしています。始めるととことん、それこそ身を滅ぼすまでやりかねない危ないところが安吾にはあるようです。

------------------------------------------------------

運がいいといったらいいのか、悪いといったらいいのか、安吾が伊東に越してきた翌年(昭和25年)9月、彼の住まいの近くに伊東競輪場(現・伊東温泉競輪場)ができてしまいます。そうなると、彼の「散歩の半分」が競輪観戦に当てられることとなります。仕事で家を出られないときは、彼の書いた詳細なメモとお金を持って、三千代夫人が代わりに競輪場に出向くといった徹底ぶりです。三千代夫人が競輪場にいくと、予想屋までが安吾の予想を聞きにきたといいます。(さすがに、安吾本人には聞けなかったか・・・)

冒頭にもどって、そういった競輪フィーバーの中、安吾は、昭和26年9月16日の第12レースに不正があったと告発しました。選手の背番号を変えて一着と二着の入れ替えがあったのではとの不審からレース写真の提出を求める文章をしたため、9月27日、「判定写真を偽作して民衆をだました」として、静岡県自転車振興会を告発したのです。

安吾は民衆が“八百長を楽しむ”までは許容したようですが、“ボス”が民衆をだますことに対しては徹底的に反発しました。

安吾の告発を「読売新聞」が大きく取り上げ、世間的にも、大問題となります。“ボス”を相手にしているだけに、安吾は、文芸評論家の大井 広介ひろすけ や檀一雄の家、三千子夫人の実家などに身を隠した時期もありますが、『私は地下へはもぐらない』を書き、志しを曲げることはありませんでした。

結局は、同年(昭和26年)12月、嫌疑不十分で静岡県自転車振興会は不起訴となります。

それにしても、何をやるにも全力投球の安吾でした。

『坂口安吾 (新潮日本文学アルバム) 』 坂口安吾『堕落論・日本文化私観 他22篇 (岩波文庫)』。昭和17年に発表した「日本文化私観」と昭和21年に発表した「堕落論」で、安吾は戦後の文化シーンをリードした
坂口安吾 (新潮日本文学アルバム) 』 坂口安吾『堕落論・日本文化私観 他22篇 (岩波文庫)』。昭和17年に発表した「日本文化私観」と昭和21年に発表した「堕落論」で、安吾は戦後の文化シーンをリードした
坂口安吾 『安吾巷談(角川文庫)』。「今日われ競輪す」所収(?) 『坂口安吾全集(16)』。「私は地下へもぐらない」所収
坂口安吾安吾巷談(角川文庫)』。「今日われ競輪す」所収(?) 坂口安吾全集(16)』。「私は地下へもぐらない」所収
坂口三千代『クラクラ日記 (ちくま文庫)』。昭和22年から安吾が死去する昭和30年までの8年間、彼と生活を共にした三千代夫人の回想記。「クラクラ(フランス語で野雀)」は彼女が開店したバーの名前のようだが、安吾との日々も、まさにクラクラ? 寺山修司 『馬敗れて草原あり (角川文庫)』。寺山は、競馬で、何を賭けたか?
坂口三千代『クラクラ日記 (ちくま文庫)』。昭和22年から安吾が死去する昭和30年までの8年間、彼と生活を共にした三千代夫人の回想記。「クラクラ(フランス語で野雀)」は彼女が開店したバーの名前のようだが、安吾との日々も、まさにクラクラ? 寺山修司 『馬敗れて草原あり (角川文庫)』。寺山は、競馬で、何を賭けたか?

■ 参考文献:
・ 『坂口安吾(新潮日本文学アルバム)』
 (昭和61年発行 平成4年5刷参照)P.84-91、P.107-108

青空文庫/坂口安吾/安吾巷談/今日われ競輪す→
青空文庫/坂口安吾/便乗型の暴力 〜競輪その他〜→

■ 参考サイト
東京紅團/坂口安吾の伊東を歩く→

ウィキペディア/坂口安吾(平成29年9月3日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2017.9.27

この頁の頭に戻る