ドストエフスキー

ドストエフスキー

1821年生まれのロシアの作家。父はモスクワの貧民救済病院の医師だった。サンクトペテルブルクで過ごす。空想的社会主義を支持して死刑判決を受けた(減刑されシベリアに5年流刑)。暴力的な社会主義革命を否定してギリシャ正教による魂の救済を描く。実存主義の祖とも。賭博により借金し執筆に追われる。『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』など。明治14年(59歳)死去。参考サイト:ウィキペディア/ドストエフスキー→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/フョードル・ドストエフスキー(平成26年10月26日更新版)→

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→