{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

毎日、小さな旅(立原道造が、昭和12年9月3日、当地(東京都大田区)で書いた手紙より) - 今日の馬込文学/馬込文学マラソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近所にも、まだ曲がってない角や、まだ辿ってない小道があるはず。旅とは何だろう?

 

芥川龍之介

昭和12年9月3日(1937年。 当地の「 魚眠洞 ぎょみんどう 」(室生犀星(48歳)の屋号。現・「室生マンション」(東京都大田区南馬込一丁目49-5 map→)で、 立原道造みちぞう (23歳)が、一高で同級だった友人に手紙を書いています。

・・・そして、みぢかい朝の束の間もこずえ にちらちらする光を見ては、いそがしい日日の仕事に出て行つた。旅に行かれなかつた僕には、ここから仕事場にかよふのが、ほんたうにちひさかつたが、旅のやうにおもはれた。朝、バスを待つてゐるときは足もとにあさがほや 茄子なすやつゆくさがちひさい花をしめつた風にそよがせてゐた。そして夜にバスをおりるときは、何より先にむしこえとそれから草のつめたいにほひが僕をとりまいた。それが僕にははるかなくに の土のやうにおもはれたのだ。・・・(中略)・・・九月三日 蟲鳴く夜に 大森馬込 魚眠洞にて(田中一三あての手紙より)

立原は、この年(昭和12年)の3月、帝大の建築科を卒業し、「石本建築事務所」(現・東京都千代田区九段南四丁目6-12 map→)に就職、5ヶ月経った頃です。「魚眠洞」からも通い、その行き帰りに“小さな旅”を楽しんだのがわかります。

「魚眠洞」の犀星の書斎の机の前にこっそりすわってみては、「ここには“文学の鬼”が来るだろうか?」と感にいってみたりと、詩人はやはり、何でもない日常からも、心踊る片鱗を見出す名人なのでしょう。

この頃立原は、犀星堀 辰雄がいる軽井沢方面によく出向き、上の手紙を書いた翌日(昭和12年9月4日)にも、夜汽車で向かいました。宿は「 油屋 あぶらや 」(長野県北佐久郡軽井沢町追分607 map→)。しなの鉄道の「軽井沢駅」から2駅「小諸駅」寄りの「信濃 追分 おいわけ 駅」から歩ける場所にあります。軽井沢にやってきた立原のことを、犀星が次のように書いています。

・・・立原道造の思い出というものは、極めて愉しい。軽井沢の私の家の庭には雨ざらしの木の椅子があって、立原は午前にやって来ると、私が仕事をしているのを見て声はかけないで、その木の椅子に腰を下ろして、大概の日は、眼をつむってやすんでいた。追分からは汽車では十五分くらいかかるが、バスの時間を合わせると、追分の町から駅までの二十分の徒歩もかぞえて一時間くらいかかり、今日は軽井沢に出かけるのだといって、いつもより早起きするらしく、家につくとすぐ眼をつむって、居眠りをつづけていた。・・・(中略)・・・長い脚をそろえて、きちんと腰をおろしてやはり眼をつむっていた。いつ来ても眠い男だ、そよかぜが頬を撫で、昏々こんこん と彼はからだぐるみ、そよかぜに委せているふうであった。・・・(室生犀星『我が愛する詩人の伝記』より)

軽井沢の犀星の別荘(室生犀星記念館。長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢979-3 map→ Site→)。立原はこの庭で居眠りしていたのですね 軽井沢の犀星の別荘にて。犀星の一家と共に。左端が立原。昭和10年9月に撮影(立原21歳)。犀星を初めて訪ねた時か※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『切なき思ひを愛す(室生犀星文学アルバム)』( 菁柿堂 ( せいしどう )
軽井沢の犀星の別荘(室生犀星記念館。長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢979-3 map→ site→)。立原はこの庭で居眠りしていたのですね 軽井沢の犀星の別荘にて。犀星の一家と共に。左端が立原。昭和10年9月に撮影(立原21歳)。犀星を初めて訪ねた時か※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『切なき思ひを愛す(室生犀星文学アルバム)』( 菁柿堂 せいしどう

その後の立原の人生は急転直下といっていいでしょう。残された時間はあと1年半しかありませんでした。

前年(昭和11年。22歳)から兆候がありましたが、この10月(昭和12年。23歳)には、肋膜炎と診断されます。上の犀星の文章に「大概の日は、眼をつむって憩んでいた」とありますが、病がかなり進んでいたのでしょう。

この年(昭和12年)の11月にも立原は静養を目的に「油屋」に滞在しますが、11月19日、隣の養豚場から火が出て「油屋」へも燃え移り、2階にいた立原は火に巻かれ一か八かとなります。その頃 堀 辰雄も「油屋」に滞在しており、たまたま郵便局に出ていて無事でしたが、部屋にあった『かげろふの日記』続篇の資料とノートを全て焼失しています。

現在の油屋。「油や ~信濃追分文化磁場~」としてさまざまなイベントや展示をしている。 旧油屋旅館のエントランスホールは猫づくしの「猫町珈琲店」。サイト:油や ~信濃追分文化磁場~→ 木に隠れているあたりが油屋。昭和9年、堀 辰雄がフィアンセの矢野綾子(堀の小説『風立ちぬ』のヒロイン節子のモデル)にあてた絵葉書の写真。「この家が油屋です」の筆跡(上の写真をクリックすると拡大して見れる)は堀のもの ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『堀 辰雄(新潮日本文学アルバム)』
現在の油屋。「油や ~信濃追分文化磁場~」としてさまざまなイベントや展示をしている。 旧油屋旅館のエントランスホールは猫づくしの「猫町珈琲店」。サイト:油や ~信濃追分文化磁場~→ 木に隠れているあたりが油屋。昭和9年、堀 辰雄がフィアンセの矢野綾子(堀の小説『風立ちぬ』のヒロイン節子のモデル)にあてた絵葉書の写真。「この家が油屋です」の筆跡(上の写真をクリックすると拡大して見れる)はのもの ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『堀 辰雄(新潮日本文学アルバム)』

焼け出された立原は一旦軽井沢の「つるや旅館」に移り、2日後に「魚眠洞」に戻ってきますが、その前に友人の 猪野 いの 謙二(24歳)がいる「九州閣」(現在「みのり幼稚園園芸所」(東京都大田区南馬込三丁目39 map→)があるあたりにあったアパート。渡辺喜恵子や長岡輝子も住んだことがある)に立ち寄っています。その時のことを猪野が次のように書いています。

・・・あまり見なれない紺がすりの着物に、うすよごれた下駄(その下駄には軽井沢のつるやの焼印があったのをはっきり覚えている)をつっかけて、ドアをあけるとわっと声をあげそうなつきつめた表情をしてかれが立っていた。 信州追分から上野に着いてまっすぐにきたという。追分の油屋の火事で焼け出されてきたのだった。火のまわりが早く、二階の窓の格子窓を破って消防団のひとにやっとからだだけ助けられたという話。その頃かれが自慢にしていたチェッコスロヴァキアのネクタイも、四つぼたんの、衿のつまった黒の背広も、みんな焼けてしまったという話。---そんな話を、さながら悪魔の祭典に立ち合ってきたひとのような異様な興奮をもって喋りつづけ、やがて風のように立ち去っていった。・・・(猪野謙二『大森のおもいでばなし』より)

その後、立原は生き急ぐかのように、同年(昭和12年12月。23歳)、第二詩集『暁と夕の詩』を世に出し、翌年(昭和13年。23〜24歳)自らが療養するための「ヒアシンスハウス」を計画、病をおして日本縦断旅行にも出ました。

どこにいても、何をしていても、遠くに行っても、近くにいても、立原は何か旅をしているような感じです。

立原道造『 萱草 ( わすれぐさ ) に寄す』(日本図書センター)。楽譜に模して立原自らが装丁した初版本を部分的に再現 トリスタン・グーリー『 日常を探検に変える 〜ナチュラル・エクスプローラーのすすめ〜』(紀伊國屋書店)。訳:屋代通子
立原道造 萱草 わすれぐさ に寄す』(日本図書センター)。楽譜に模して立原自らが装丁した初版本を部分的に再現 トリスタン・グーリー『日常を探検に変える 〜ナチュラル・エクスプローラーのすすめ〜』(紀伊國屋書店)。訳:屋代通子
乗代(のりしろ)雄介『旅する練習』(講談社) 『だから死ぬ気で旅に出た』(ぶんか社)。原作:片岡恭子。漫画:小沢カオル
乗代 のりしろ 雄介『旅する練習』(講談社) 『だから死ぬ気で旅に出た』(ぶんか社)。原作:片岡恭子。漫画:小沢カオル

■ 馬込文学マラソン:
室生犀星の『黒髪の書』を読む→
堀 辰雄の『聖家族』を読む→

■ 参考文献:
●『立原道造全集 第四巻』(角川書店 昭和33年発行)P.420-425 ●『立原道造全集 5』(筑摩書房 平成22年発行)P.336-349 ●『立原道造・愛の手紙(文学アルバム)』(小川和佑 毎日新聞社 昭和53年発行)P.34、P.200-206 ●『我が愛する詩人の伝記(新潮文庫)』(室生犀星 昭和41年初版発行 昭和54年発行18刷参照)P.110-114 ●『僕にとっての同時代文学』(猪野謙二 筑摩書房 平成3年発行)P.32-33 ●『大田文学地図』(染谷孝哉 蒼海出版 昭和46年発行) P.84-87 ●『萱草(わすれぐさ)に寄す』(立原道造 日本図書センター 平成11年発行)P.198-199

※当ページの最終修正年月日
2022.9.3

この頁の頭に戻る