立原道造

立原道造

たちはら・みちぞう。大正3年東京日本橋生まれの詩人・建築家。中学時代からパステル画と詩歌で才能を示す。帝大建築科で辰野賞を3度受賞した。卒業後、馬込文学圏の室生犀星邸の留守番をしながら石本建築事務所に通う。高原のイメージを織り込んだソネット(14行詩)形式の叙情詩を書いた。昭和12年『萓草わすれぐさに寄す』『暁と夕の詩』を発表。昭和14年(24歳)肺病で死去する。参考サイト:ウィキペディア/立原道造→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:『我が愛する詩人の伝記』(室生犀星

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→