{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

“偉大な“小さきモノ”たち(大正11年8月22日、大杉栄、『ファーブル昆虫記』の「訳者の序」を書く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『ファーブル昆虫記』の最初に登場する糞虫(ふんちゅう。ヒジリタマコガネ) ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:『大杉 栄訳 ファーブル昆虫記(復刻版)』(明石書店)

 

大杉 栄

大正11年8月22日(1922年。 大杉 栄(37歳)が、『ファーブル昆虫記』の初巻を翻訳し終え、「訳者の序」を書いています。

大杉は、“危険思想”の持主ということで何度も投獄されますが、それを苦にするでもなく、むしろ心待ちにしていた感さえあります。それは娑婆にあるときは忙しくてままならない読書が、刑務所の中ではたっぷりできるからです。その「序文」によると、4~5年前から『ファーブル昆虫記』を読んでみたいと思っていたようです。ようやく刑務所に入れて、むさぼり読んで俄然気に入り、その全10巻の日本語訳を思い立ちます。

彼がなぜこんなにも『ファーブル昆虫記』に惹かれたかというと、ファーブルが哲学者のように考え、アーティストのように粘り強く見つめ、詩人のように大胆簡潔に表現しているからだと。あと、“小さきモノ”たちに深い関心と親しみをよせるファーブルに、大杉は大いに共感したのだと思います。大杉も常に“小さきモノ”の側から思考し、暴政に立ち向かった思想家・活動家だったでしょうから。つまり、それが“危険思想”かな?

『ファーブル昆虫記』の最初に出てくるのがかの糞虫ふんちゅう (ヒジリタマコガネ)。大杉はどんな風に訳したでしょう。糞虫がどうしてあんな「ウンコの玉」を作るかが書かれた下り。

・・・それを自分のたべ物にする時には大して選り好みをしないが、その真ん中に卵が かえ る穴を掘つてある母玉をつくる時には事細かな厳重な選択をする。そんな場合には、一切の繊維は注意深く取り除かれて、糞の精だけが玉の内層をつくるために集められる。かくして生れたばかりの幼虫は、その卵から出ると直ぐ、しかも自分のはいつてゐる家の壁に精製したたべ物を見出す。そして先づそれによつてその胃を固めて、おいおい粗雑な外側を襲ふ事が出来るやうになる。・・・

「ウンコの玉」は自分が食べること以上に、産まれてくる赤ちゃんのためでした。「初めは最大限に守り、それから自立へと促す」といった“教育論”を彼らは本能的に感得しているかのようです。

幾何学的といっていい程美しい「ウンコの玉」の作り方については、

・・・歯のついた足を右左にひろげて、恐しい勢で半円形に取り払つて行く。かうして取り払はれると、こんどはその同じ足がほかの仕事をする。即ち、帽子で掻き取つたものを抱え集めて、それを腹の下の四本の後足の間へ押してやる。この後足は 轆轤ろくろ 廻しの仕事をするやうに出来てゐる。この後足、ことにその一番後の一対の足は、細つそりと長くて軽く弓なりに曲つて、そのさきには極く鋭い爪がついてゐる。一と目見れば直ぐ、これはその曲つた腕の中に丸い物体を抱えて、その形を直す球形コンパスだと云ふ事が分る。・・・(中略)・・・真ん中の足はつつかい棒になる。そして鋸歯のついた前足をてこにして、それを代る代る地に押しつけて、からだを斜めにして頭を下に尻を上に向けて、その荷物と一緒に後しざりして行く。この仕掛の主な器官である後足は絶えず動いてゐる。回転の軸を変へるために爪の場所を移して、荷物の平衡を保つたり、または代る代る右左に押してやつてそれを進ませたりして、絶えず前の方へ動いたり後の方へ動いたりしてゐる。かうして転がつて行く間に、玉はその全表面を地に触れさせて、ますますその形を完成させ、またその外層が万遍まんべんなく圧迫されて何処どこもかも同じやうな堅さになる。・・・

体の各部位の形にはそれぞれ訳があり、それを誰から教わるでもなく理解し、それらを巧みに操って造形していく糞虫。ファーブルは彼らに「神」を見たのかもしれません。ファーブルは敬虔なキリスト教信者でしたから。

そして、糞虫たちの大胆で、粘り強いことといったら、

・・・ところが、さうもしない。そしてその近くに登る事の出来ないやうな、ごく険しい坂があれば、この頑固ものはその坂を選んで行くのだ。 ・・・(中略)・・・こんな大きな玉が、どうした重学(力学のこと)上の奇跡から、坂の上に止まつてゐる事が出来るのだろうと不思議な位だ。が、ちよつとでも間違へば、あれ程の苦労が皆な空になるのだ。玉はスカラベ(糞虫のこと)もろともに谷底に落ちてしまう。 又登る。やがて又落ちる。又登りはじめる。そしてこんどはうまく難所を避けて、いつも転んだもとの芝草の根のところをまはつて行つた。もう少しだ。が、ゆつくりとゆつくりと行け。坂路はあぶない。何んでもないやうな事でも総てをぶち壊してしまふ。そら、石つころの上で足がすべつた。・・・

と、ファーブルさん(おそらくこれを訳している大杉も)、もう完全に、糞虫さんたちの応援団と化していますね!(笑)

大杉は、同年(大正11年)中に2巻目も出すつもりでしたが、12月、ベルリンの国際アナキスト大会に参加するために日本を脱出、上海経由で中国人に化けてフランスに入国。各国のアナキストと会い、フランスでは演説をぶって(大杉は6カ国語できた)、また投獄。そして、日本へ強制送還されると、大正12年9月1日には関東大震災。そして、そのどさくさの中、大杉は憲兵に虐殺されてしまいます(「大杉 栄ら計3名殺害事件」)。かくして、『ファーブル昆虫記』の全訳計画は1巻だけで つい えました。

唯一、形になった『昆虫記』を大杉辻 まことにプレゼントしています。まことは、大杉と行動をともにした伊藤野枝と、当地(東京都大田区)を転々とした辻 潤との間の子です(まことも当地に住んでいる)。伊藤を捨て、大杉の元に出奔したのでした。大杉まことを可愛がり、まことも“母親を奪ったおじさん”(大杉)にえらくなついていたようです。

ファーブル
ファーブル

『ファーブル昆虫記』は、フランスのファーブルが55歳のとき(明治11年)から書いたシリーズです。礼拝堂で「めしべとおしべの受粉」を説明したことが“卑猥”であると問題視され、教壇を追われ、さらには家主からも追い出されたファーブルが、困窮し、生計を立てるために筆をとって書いたのが『昆虫記』なんだそうです(昆虫観察は以前からずっと続けていた)。その後約30年間にわたって書き、10巻を発行。メーテルリンクやロマン・ローラン、ダーウィンも高く評価したそうです(ファーブルはダーウィンの進化論には反対だった)。

日本で最初にファーブルを紹介したのは、「貧民街の聖者」と呼ばれたキリスト教社会運動家の賀川豊彦です(大正7年)。最初の和訳者は『蜘蛛の生活』を訳した はなぶさ 義雄(大正8年)。しかし、これは、『ファーブル昆虫記』を動物学者のマトスが虫の種類別にまとめて英訳したものの和訳で、正確には『ファーブル昆虫記』ではないようです。よって、最初の和訳者は大杉のようですが、なんせ彼は“危険思想”の持主なので、“ちゃんとした出版社”や“偉い先生たち”はあまり触れないようですね?

大杉は翌大正12年(殺された年)、ファーブルの『自然科学の話』『科学の不思議』という2書を訳出しています。後者は伊藤野枝との共訳。殺された二人の最晩年の仕事はファーブルの紹介だったのですね。『ファーブル昆虫記』の完訳の方は、他の者が受け継ぎ、別巻を含め全11巻が昭和6年までに刊行されたようです。

問題となった(?)「朝妻舟図」 ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 出典:東京都板橋区立美術館/収蔵品/古美術→ 大杉 栄訳『昆虫記』も! 近年『ファーブル昆虫記』を完訳された奥本大三郎さんが自ら収集した虫の標本を公開している「虫の詩人の館」(東京都文京区千駄木5-46-6 MAP→ HP→)にて

------------------------------------------------------

ファーブル『大杉栄訳 ファーブル昆虫記』(明石書店) ファーブル親子『昆虫(ファーブルの写真集)』(新樹社)
ファーブル『大杉 栄訳 ファーブル昆虫記』(明石書店) ファーブル親子『昆虫(ファーブルの写真集)』(新樹社)

■ 馬込文学マラソン:
瀬戸内晴美の『美は乱調にあり』を読む→
辻 まことの『山の声』を読む→
辻 潤の『絶望の書』を読む→

■ 参考文献:
●『大杉 栄訳 ファーブル昆虫記(復刻版)』(明石書店 平成17年発行)P.1-42 ●『模倣と創造』(板倉聖宣 仮説社 昭和53年初版発行 昭和62年発行増補版参照)P.207-222

■ 参考サイト:
わたしがSF休みにしたこと/黒色『昆虫記』大杉 栄→ ●鈴木邦男をぶっとばせ!/革命家・大杉 栄について講演した/(1)愛国者ゆえに殺された! (2)大杉栄と北 一輝の“黙契” (3)今こそ、“左右を弁別すべからざる状況”だ→

●ウィキペディア/・大杉 栄(平成28年8月3日更新版)→ ・昆虫記(平成28年5月3日更新版)→ ・ジャン・アンリ・ファーブル(令和元年6月12日更新版)→ ・賀川豊彦(平成28年5月30日更新版)→ ●人力検索はてな/政治・社会/“昆虫の社会”発禁について→

※当ページの最終修正年月日
2019.8.22

この頁の頭に戻る