{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

書かないでいること(大正11年7月27日、芥川龍之介、志賀直哉に会う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

志賀直哉 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典 : ウィキペディア/志賀直哉(令和元年7月15日更新版)→

芥川龍之介

大正11年7月27日(1922年。 芥川龍之介(30歳)志賀直哉(39歳)に会いに行っています。その頃、志賀は千葉県の我孫子(千葉県我孫子市緑二丁目7 map→)にいました。

芥川は前年(大正10年)の4ヵ月に及ぶ中国視察の後、健康が優れませんでした(旅の途中、肋膜炎を患い中国の病院に3週間ほど入院した)。芥川志賀に、小説を全く書かなかった3年間(大正3~5年。 志賀31~33歳)のことを熱心に訊ねたそうです。25歳頃から花形作家として走り続けた芥川はその頃もう息が切れ、なんとか書かないでいられまいかと模索していたようです。

その時のやり取りを、芥川が自死した年の昭和2年の9月、志賀(44歳)が 『 沓掛くつかけ にて ~芥川君のこと~』 に書いています。

・・・芥川君は三年間程私が全く小説を書かなかつた時代の事を切りに聞きたがつた。 そして自身さういふ時機に来てゐるらしい口吻こうふんで、自分は小説など書ける人間ではないのだ、といふやうな事を云つてゐた。
 私はそれは誰にでも来る事ゆゑ、一々真に受けなくてもいいだろう、冬眠してゐるやうな気持で一年でも二年でも書かずにゐたらどうです、と云つた。 私の経験からいへば、それで再び書くやうになつたと云ふと、芥川君は、 「さういふ結構な御身分ではないから」 と云つた。
 芥川君は私に会つたら初めから此事を訊いて見る気らしかつた。 然し私の答へは芥川君を満足させたかどうか分からない。
 後で思つた事だが、私のやうに小説を書く以外全く才能のない人間は行きづまつても何時かは又小説へ還るより仕方ないが、芥川君のやうな人は創作で行きづまると研究とか考証とかいふ方面に外れて行くのではないかと。 然し今にして見れば芥川君は矢張やっぱりさうはなり切れなかつた人かも知れない。・・・(志賀直哉 『沓掛にて ~芥川君のこと~』 より)

芥川の東京田端の家には妻と子ども(この時点では、長男の比呂志ひろし がいた。この年(大正11年)の11月に次男の多加志たかし が誕生)のほか養父母と伯母がいました。彼は筆一本で彼らを養わなければならなかったのです。実家が裕福で、数年書かないでもなんとかやっていける志賀とは違いました。 志賀からアドバイスを受けたというより、芥川にしてみればそういった違いを突きつけられた形だったかもしれません。

芥川とてその気になれば書かないでいることもできたでしょうが、宇野浩二が評したように芥川は限りなく“いい人”であり、周りの期待に背くことができなかったのでしょう。志賀は、足尾鉱毒事件に関わることで父親と対立して家出したり、親友の里見 弴と絶交したり、後のこととなりますが文化勲章を受賞したおりに感想を求められて「別にありません」とそっけなかったり、芥川にはそういった太々ふてぶて しいたくましさはなかったのかもしれません。だから、“いい人”でもあるのでしょうが・・・。 下の動画(NHK「あの人に会いたい 志賀直哉」)の5分5秒あたりで志賀の「別にありません」の肉声を聞くことができます。

------------------------------------------------------

「書かないでいる」ことにもいくつかパターンがあるでしょうが、志賀の場合は、どうだったでしょう。

長編小説『暗夜行路』(『時任謙作』というタイトルで着手していた)で手こずり少々書く気が失せていたかもしれませんが、大正3年に武者小路実篤の従妹の 康子さだこ と結婚、直後から彼女が神経衰弱となって、彼女の心にいい土地を求めて、京都から鎌倉、群馬県の赤城山山麓、そして、我孫子へと転居を繰り返し、執筆どころでなかったというのもあったかもしれません。また、夏目漱石からの新聞連載のすすめを断ったのも大きかったでしょう。新聞小説のように毎日、決まった分量を、ある一定期間書き続けるのは、志賀は性に合わないと考えたのでしょう。そして、漱石の手前、他に書くのもはばかられ、3年ほど書かない期間ができたというのが実相のようです。漱石が亡くなる大正5年12月9日頃から志賀はまた筆をとるようになります。

今の自分の状況を正直に受け入れて、悪あがきしない。書きたくなければ書かないという姿勢と、彼の「ズバリ書くが、余計なことは一切書かない文体」とは無縁でないでしょう。原稿用紙のマスを埋めるために水増しして作文するなんてことは一度も(?)なかったのでは?

阿川弘之『志賀直哉〈上〉 (新潮文庫)』。晩年の志賀をつぶさに見た著者が、志賀の生涯をリアルに描く。野間文芸賞、毎日出版文化賞受賞作 『志賀直哉全集〈第6巻〉沓掛にて 豊年虫』(岩波書店)
阿川弘之『志賀直哉〈上〉(新潮文庫)』。晩年の志賀をつぶさに見た著者が、志賀の生涯をリアルに描く。野間文芸賞、毎日出版文化賞受賞作 志賀直哉全集〈第6巻〉沓掛にて 豊年虫』(岩波書店)
『筒井康隆「断筆」めぐる大論争』。(創出版)。編集:月刊「創」編集部 筒井康隆『断筆宣言への軌跡』(光文社)
『筒井康隆「断筆」めぐる大論争』。(創出版)。編集:月刊「創」編集部 筒井康隆『断筆宣言への軌跡』(光文社)

■ 馬込文学マラソン:
芥川龍之介の『魔術』を読む→
志賀直哉の『暗夜行路』を読む→

■ 参考文献:
●『芥川龍之介(新潮日本文学アルバム)』(昭和58年初版発行 昭和58年2刷)P.68-69 ●『昭和文学作家史(別冊1億人の昭和史)』(毎日新聞社 昭和52年発行)P.77 ●『志賀直哉全集 第六巻』(岩波書店 平成11年発行)P.3-15

■ 参考サイト:
●ウィキペディア/・芥川龍之介(平成26年7月22日更新版)→ ・志賀直哉(令和元年7月15日更新版)→ ・暗夜行路(平成30年11月5日更新版)→ ・ 筒井康隆(令和元年7月10日更新版)→ ●文芸誌 Museion/志賀直哉を読む/「沓掛にて -芥川君のこと」→ ●詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)/志賀直哉 「沓掛にて -芥川君のこと-」→

※当ページの最終修正年月日
2019.7.27

この頁の頭に戻る