{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

奥付を読む(昭和53年10月30日、関口良雄の『昔日の客』、出版される)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関口良雄のエッセイ集『昔日せきじつの客』の奥付おくづけ

 

関口良雄

昭和53年10月30日(1978年。関口良雄のエッセイ集『昔日の客』が発行されました。

関口は、当地にあった日本近代文学専門の古書店「山王書房」(現・カフェ「昔日の客」。東京都大田区中央一丁目16-11 map→)の店主。『昔日の客』には、古書店を経営するなかで出会った人々のことや、古書への尽きせぬ思いが軽妙タッチで綴られています。

還暦記念に発行する予定で、大の本好きの関口ゆえ自分の本を出すことになって「夢のようだ。 涙が出る」と張り切っていました。が、出版の準備が進む中で、病も忍び寄っていたのでした。

あと数ヶ月の命と知らされた家族は、関口にでき上がった本を見せたいと願いましたが、関口は「もっと書き足したい」 「もっと校正したい」と希望したとのこと。家族は本人の希望を尊重しました。

『昔日の客』の奥付には(上の写真を参照)、

昭和五十三年十月三十日 発行

とあります。関口が亡くなったのが昭和52年8月22日ですから、1年と2ヶ月ほどが経過しています。

著者名の左に、

発行者 岩 森 亀 一

とあります。発行者とは出版物を流通させるにあたっての責任者で発行人とも呼ばれます。発行所(出版社)の代表が務めることが多いようですが、 岩森亀一いわもり・きいちという方は、奥付のさらに左にある「発行所(三茶さんちゃ 書房)」(東京都千代田区神田神保町一丁目1map→)の店主。関口が「山王書房」始めた頃、やはり古書店を始め、関口とは研究会を開いたり共同仕入をしたり、飲んだり、旅したりした仲で、三茶書房の現在の店主の婚礼のおり媒酌人を務めたのも関口だったようです。そんな深い付き合いから、岩森は発行者を引き受けたのでしょう。

------------------------------------------------------

奥付は、巻末などに書誌しょし (本を特定するための情報。書名、印刷年月日、発行年月日、著者名、発行者、発行所、印刷所、製本所、ISBNなど)を記入したもの。享保7年(1722年)、 大岡忠相おおおか・ただすけ (“大岡越前守”のモデル)によって発せられた偽板(海賊版)を防ぐための措置によって定着した、日本特有のものなんだそうです。

牧野信一

牧野信一(33〜35歳)は昭和5年の8〜9月から昭和6年11月までの1年3ヶ月間ほど当地(東京都大田区山王一丁目22 map→)に住みますが、その間の昭和5年11月22日、作品集『西部劇通信』を出しています。その奥付をみると、なぜか、印刷日も発行日も4日後に修正され発行者の訂正印が押されています。

訂正されていない本も出回っているので、発行されてしばらくして間違いに気づき、在庫のものだけでも修正したのでしょうか。たいへんな作業だったと思います。印刷日を発行日と間違えたのでしょうか。

牧野信一の『西部劇通信』の奥付。印刷日と発行日が修正されている 牧野信一の『西部劇通信』の奥付。印刷日と発行日が修正されている

現在、書籍は主に発行所(出版社)から出版 取次とりつぎ (取次)に委託され、取次から書店に配本されるようです。書店は基本3ヶ月は取次に返本へんぽん できないようで、出版社は書店になるべく置いてもらうべく、発行日を半月〜1ヶ月先の日付するケースが少なくないようです。書店では奥付の発行日をみて返本するか否かを決めるようなので、その分書店に本を留め置けるという訳。今までは気になりませんでしたが、公文書の改竄事件などで日本人の文書に対する意識が極めて低いことが露呈しましたし、結果オーライ、ズル、えーじゃないか、ポストトゥルーツといったロクでもない考え方が大手をふってまかり通るようになってきた現在、奥付のこういったナアナアも問題視し改めていった方がいいのかもしれません。“正直”を取り戻さないとやばいです、日本。『西部劇通信』では、手作業で誠意を込めて間違いを修正しています。その頃はまだまだ“正直”が元気だったのでしょうか?

------------------------------------------------------

倉田百三

岩波文庫は、古典的・準古典的な作品や評価の定まった作品に絞って出版し、基本絶版にしないようなので、刷り数を重ねているものが多いようです。昭和2年に第1回分として発行された31冊にも含まれていた倉田百三の『出家とその弟子』の奥付は次のようになっていました。

岩波文庫の倉田百三の『出家とその弟子』の奥付。昭和42年時点で55刷されている

48刷時点で一度改され、昭和42年時点で55 されています。改版されるまでは同一の内容であり、内容に訂正が加えられると改版と表記されます。でも、(日本では?)この「刷」と「版」も(意図的に?)混同されることがあるようで、油断がなりません。改版されていないのに「刷」によって内容に変更があったり、改版されているのに何がどう変わったのか読者に伝わらなかったり。ここをきっちりやらないと、紙媒体の情報の信頼性がネットの情報並みに落ちてしまいますね。

岩波文庫の『出家とその弟子』が、その後何刷になったかなと見たら、

岩波文庫の倉田百三の『出家とその弟子』の奥付。昭和42年時点で55刷されている

な、なんと、1刷に戻っていました。ロマン・ローランによる「フランス語版の序文」、倉田研究の第一人者の鈴木 範久のりひさ さんによる「 解題かいだい 」と「年譜」を増補し、註釈も充実させて、新版として第1刷から始めたのですね。なんという潔さ。なお、旧版にあった 谷川徹三たにかわ・てつぞう (哲学者。谷川俊太郎さんの父親)の「解説」も変わらず収録されており、“伝統”も大切にされています。

林 望『書誌学の回廊』(日本経済新聞社) 鈴木成一『装丁を語る。』(イースト・プレス)
林 望『書誌学の回廊』(日本経済新聞社) 鈴木成一『装丁を語る。』(イースト・プレス)

■ 馬込文学マラソン:
関口良雄の『昔日の客』を読む→
牧野信一の『西部劇通信』を読む→
倉田百三の『出家とその弟子』を読む→

■ 参考文献:
●『昔日の客(復刊版)』(関口良雄 夏葉社 平成22年発行)P.217-220 ●『関口良雄さんを憶う(復刻版)』(編集人:尾崎一雄 実務責任:山高 登 夏葉社 平成23年発行)P.6-8

■ 参考サイト:
西荻ブックマーク/昔日の客→ ●てれびのスキマ/ピース又吉の邂逅の書→ ●毎日新聞/デジタル毎日/本・書評/コトバ解説「発行人」と「編集人」の違い→ ●日本著者販促センター/出版業界の豆知識/本の奥付に書かれている「発行所」と「発行元」の違いとは→ ●JIMBOU(「本の街」神田神保町 オフィシャルサイト)/三茶書房→ ●marutaya書店/ 奥付の日付について→ ●ウィキペディア/・ 奥付(平成29年6月14日更新版)→ ・ 書誌(令和元年7月28日更新版)→ ・ 大岡忠相(平成31年3月26日更新版)→ ・ 出版取次(平成30年7月16日更新版)→ ・ 版と刷(平成27年11月6日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2019.10.30

この頁の頭に戻る