{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

我々にも潜む「サド」性(昭和33年9月10日、三島由紀夫、澁澤龍彦に手紙を書く)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用 出典:Wikisource/Justine et Juliette/Juliette, première partie.(フランス語版『悪徳の栄え』(マルキ・ド・サド))→

三島由紀夫 澁澤龍彦
澁澤龍彦

昭和33年9月10日(1958年。 三島由紀夫(33歳)が澁澤龍彦(30歳)に次のような手紙を書いています。

・・・さてそれからがお願ひですが、貴兄は思ふ存分「サド論」を書いてごらんになるお気持ちはありませんか? もしそれが出来たらぜひ小生に、一番先に読ませていただけませんか? ・・・

と。2人の付き合いは、2年前の昭和31年頃、澁澤が「サド選集」の序文を三島に頼んだことから始まったようです。澁澤は三島より3つ若い(昭和3年生まれ)、サド研究の第一人者。東京大学文学部の卒論ですでにサドを取り上げた筋金入りです。世間でのサドの評価は低劣なポルノ作家、またはそれ以下のものだったでしょうから、頼れるのは冒険的に思考できる三島ぐらいだったかもしれません。案の定、三島は乗ってきました。

------------------------------------------------------

サド侯爵 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/マルキ・ド・サド
サド侯爵

で、サドとは何者でしょう?

SMの「S」(サディズム。加虐性欲)の語源になった人で、1740年生まれで1814年まで生きているのでそんな昔の人ではありません。位は侯爵。伯爵よりもさらに上の位です。彼は、物乞いしている未亡人を騙して暴行し(「アルクイユ事件」)、さらにはマルセイユの娼館で娼婦たちに媚薬を飲ませて乱交したことが「毒殺未遂と肛門性交の罪」に問われ、死刑判決を受けました。その後、処刑は免れたものの74歳で死没するまで、刑務所と精神病院を行ったり来たり。彼の小説のほとんどが刑務所や精神病院で書かれたようです。その小説たるや、徹底的に快楽だけを追究する人物がでてきます。彼がバスティーユ牢獄で密かに著した『ソドム百二十日(あるいは淫蕩学校)』などは、殺人と汚職で莫大な富を得た4人の男(公爵、司教、法院長、財務官など身分のある人たち)が、拉致してきた美少女や美少年を森の中の城に閉じ込めて120日にわたって性的拷問を繰り広げ、しまいにはその大半が殺してしまうという凄まじいもの。やったことも酷いし、書いた小説もそんなだったので、サドは統治権力はもちろんのこと一般社会、宗教界などからも烈しく憎悪されました。

それなのにサドが一部から高く評価されるのはなぜでしょう?

やったことは人を傷つけたわけで許し難いですが、彼の創作物は、道徳、宗教、倫理、哲学の制約から自由で、それらを凌駕する「欲望の存在」を示唆したからのようです。フランス革命期の自由への渇望がサドを支持したのかもしれません。一種の風刺としても読まれたようです。バスティーユ牢獄に収監中のサドのアジテイションが「フランス革命のきっかけ」(バスティーユ監獄の襲撃)になったという逸話さえ残っています。無意識を探究した精神分析の祖・フロイト(1856-1939)も、論文でサディズムという言葉を使って、研究対象としてサドに着目、無意識の表現を目指したシュールレアリストたちにもサドは多大な影響を与えたようです。

------------------------------------------------------

単に忌避するか、それとも人間探究の足がかりにするかが分かれ目です。

フランス革命期もそうでしたが、統治権力は、概して、前者の立場をとり、それを葬り去ろうとするようです。冒頭の手紙が出された年の翌昭和34年、澁澤はサドの『悪徳の栄え』を翻訳しますが、案の定、発禁となって、わいせつ文書にあたるとして起訴され、10年後の昭和44年には有罪となりました。三島は堂々としたもので「前科者の友人」を持つことを光栄とし、また、サドを世から葬り去ろうとすればするほど「サドが生きてゐるやうな、ふしぎな現実感」を感じると書いています。

三島の依頼通り澁澤は「サド論」(『サド侯爵の生涯』)を書き、三島はそれを元に昭和40年(40歳)、戯曲「サド侯爵夫人」を書きます。登場する6人の女性がそれぞれ異なった世界観を表し、サド侯爵夫人は「貞淑」、夫人の母親のモントルイユ夫人は「法や社会や道徳」、サン・フォン伯爵夫人は「肉欲」、シミアーヌ男爵夫人は「神」、サド公爵夫人の妹のアンヌは「無邪気と無節操」、召使いのシャルロットは「民衆」を代表するようです。彼女らに対話させることで、「人間存在の複雑さ」が提示されます。

文学の面白さは、多様な価値観を等価で存在させることができることなんでしょう。多様な価値がぶつかり合って、例えば「サド侯爵夫人」では、「貞淑」の中に「肉欲」がほのめかされ、「肉欲」の中にも「神」が閃く。サドはある重要な(極端な)価値観をしめしたわけで、サドが人間である以上、全ての人間に「サド的」なものの片鱗を見るのが文学的態度でしょう。トータルな人間理解といったらいいでしょうか。実際、「きゃー、SMなんて嫌らしい!」とはなから否定する人が、じつは自分の中にそれを見たくないだけで、実はけっこう興味しんしんってことはありそうな話。あの人のあの嫌な部分がじつは自分にも少しはあるという、全ての人間を排除しない見方が、人間理解、もしくは自分の理解を助けるというのが文学的態度でしょうか。人間は多面的で複雑なもの。逆にいえば、これはいいけど、あれはいけないとジャッジが際立つのは純文学ではないでしょう。あえて名づけるなら「ひも付きの文学」または「教条文学」、「娯楽文学」。それらにも、一定の存在理由があるのでしょうが。

三島が右派を圧倒するほどの「右」的傾向を示しながらも、ごちごちの右派が三島に近づけないのは、こういった彼の文学的態度ゆえんでしょう。今の政権が文学を毛嫌いするのもそこらへんに理由がありそう。

「サド侯爵夫人」は起筆された昭和40年の11月には初演され、その年の芸術祭賞を受賞。江藤 淳、山本健吉、井上ひさしなどからも高く評価され、「戦後演劇史上最高傑作の戯曲」(演劇批評誌「シアターアーツ」平成6年12月号)などと讃えられました。ドナルド・キーンなどによって数カ国語に訳され、本家本元のフランスでも演じられ評判になったようです。近年では、平成24年、蒼井 優さんがサド侯爵夫人を演じたようですね。※「サド公爵夫人」(平成17年11月公演。新妻聖子さんがサド侯爵夫人を演じている YouTube→

澁澤や三島のほかにも遠藤周作や秦 豊吉などがサドに深い関心を寄せました。などはペンネームを「丸木佐土(まるき・さど)」にする程の入れ込み様。

マルキ・ド サド 『悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫) 』。翻訳:渋澤龍彦 マルキ・ド サド 『ソドム百二十日 (河出文庫) 』翻訳:渋澤龍彦
マルキ・ド サド 『悪徳の栄え〈上〉 (河出文庫) 』。翻訳:渋澤龍彦 マルキ・ド サド 『ソドム百二十日 (河出文庫) 』翻訳:渋澤龍彦
渋澤龍彦 『サド侯爵の生涯 (中公文庫)』 三島由紀夫 『サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫) 』
渋澤龍彦 『サド侯爵の生涯 (中公文庫)』 三島由紀夫 『サド侯爵夫人・わが友ヒットラー (新潮文庫) 』
団 鬼六 『SMに市民権を与えたのは私です (立東舎文庫) 』 A. ストー 『性の逸脱 (同時代ライブラリー) 』(岩波書店)
団 鬼六 『SMに市民権を与えたのは私です (立東舎文庫) 』 A. ストー 『性の逸脱 (同時代ライブラリー) 』(岩波書店)


■ 馬込文学マラソン:
三島由紀夫の『豊饒の海』を読む→

■ 参考文献:
●『決定版 三島由紀夫全集38』(新潮社 平成16年発行)P.515-539 ● 『三島由紀夫研究年表』(安藤 武 西田書店 昭和63年発行) P.141-243 ● 『サド侯爵夫人 わが友ヒットラー(新潮文庫)』(三島由紀夫 昭和54年発行 平成15年28刷参照)P.220-223

■ 参考サイト:
ウィキペディア/●澁澤龍彦(平成28年7月9日更新版)→ ●悪徳の栄え事件(平成28年7月15日更新版)→ ●サド侯爵夫人(平成28年8月30日更新版)→ ●マルキ・ド・サド(平成28年8月22日更新版)→ ●ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え(平成27年5月9日更新版)→ ●ソドム百二十日あるいは淫蕩学校(平成28年5月27日更新版)→ ●バスティーユ監獄(平成28年5月26日更新版)→

YAHOO!知恵袋/サディズムとマゾヒズムについて→

※当ページの最終修正年月日
2018.9.8

この頁の頭に戻る