売文社

売文社シンボル

ばいぶんしゃ。明治43年末、大逆事件後の“社会主義冬の時代”に、主義者に仕事を与え連携を取るため堺利彦が東京四谷南寺町(現・須賀町)に設立。代筆や翻訳を業務とし編集プロダクションの先駆になる。久板卯之助大杉栄荒畑寒村高畠素之山川均荒川義英和田久太郎尾崎士郎添田知道らが参加。大正8年、高畠らが国家社会主義者となり分裂・解散する。参考サイト:ウィキペディア/売文社→

※上の写真は売文社のシンボルマーク。「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用しました 出典:『パンとペン』(黒岩比佐子 講談社)

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→