{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

××の味(昭和5年10月26日より、山本有三の『風』が連載される)- 今日の馬込文学/馬込文学マラソン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和5年、新聞連載時は無傷だったが、2年後(昭和7年)に書籍化したものは、伏字だらけだった

秦豊吉

昭和5年10月26日(1930年。 から、「東京・大阪朝日新聞」で、山本有三(43歳)の 『風』Amazon→ の連載が始まりました。挿絵を川端龍子(45歳)が描いています。

山本の作品では珍しく(?)、ミステリータッチです。冒頭、2つの死体が登場。タクシーの運転手が夜道でパンクを直していると、乗せていた客がいつの間にか死んでいます。あわてて近くの交番に駆け込んで巡査を連れて戻ると、死体がない。翌朝から、近辺の捜索が始まり、案外簡単に林から死体が見つかりますが、それがなんと、タクシーの中で死んでいた男とは違う男なのでした・・・。

と、こんな展開ですが、途中、作中のある男が、軍隊で、上官からいじめを受けた時のことを告白する場面があります。彼は、階級が下の者は上の者から何をされても抗議できない、それが軍隊だといいます。上官から馬糞ばふん を口の中に入れられた時のことを男は話しました。

ところが、新聞連載の時はそのまま掲載されたこの箇所が、2年後(昭和7年)に書籍になったとき、伏字ふせじ の嵐となっていました。

・・・「×、×、ぼくがほね身にこたえて感じたことは××という観念です。××××××××××、
××××××××××××××、
××××××××××××××××××××××。
×××××××××××、
××××××××××××××××××××。
××××××××××××××
××××××××××××××。 ××××、
×××××××、×××××××××、
×××××××××××。
××××××××××××、
×××××××××××、
×××××××××××××××、
××××××××××××××××××××、
××××××××××××××××××××××。
諸君、諸君は××の味を知っていますか。
恐らくは知っている人はないでしょう。しかし全然しらないはずはありません。
諸君もある意味では、かなり××を食わされているのであります。
××の味は単に、××××、×××××××、
×××××××××××××のものではありません。
それは実に××の味です。
××の味です。××の味です。
××××××××××××××××××××……」(山本有三『風』(昭和7年書籍版))

これでは、何のことやら、分かりませんね。新聞連載時は、以下のように書かれていたのです。

・・・「否、否、ぼくがほね身にこたえて感じたことは階級という観念です。お恥ずかしい話ですが、私はひどく貧乏していたくせに、その前までは階級意識に目ざめていませんでした。しかし入隊したおかげで、私ははっきりそれをつかむことができました。軍隊というところは最も深刻に階級観念を教えこむ養成所です。星ひとつ、線一本の相違が、いかに人を傲慢にし、いかに人を卑屈にするか。その最もななはだしい例は、星が一つでも上の人から、馬ふんを口中に投げいれられても、それに対して抗議をすることもできなければ、そいつを吐き出すことさえできないのであります。諸君、諸君は馬ふんの味を知っていますか。恐らくは知っている人はないでしょう。しかし全然しらないはずはありません。諸君もある意味では、かなり馬ふんを食わされているのであります。馬ふんの味は単に、臭いとか、しぶったいとか、胸が悪くなるとかいうくらいのものではありません。それは実に階級の味です。差別の味です。奴隷の味です。被圧迫者のみが味わう屈辱無念の味わいです……」(山本有三『風』(昭和5年新聞掲載版))

実は、新聞連載時、この部分を書いたあと、著者の山本は憲兵隊に呼び出されています。憲兵は話の取材先をさかんに問い質したといいます。山本が覚えていないと突っぱねると、「あなたがどうしても言わなければ、言わせてみせる道がある」と脅し、同行した「朝日新聞」の学芸員のことも大声でなじりました。

そんなこともあって、朝日新聞社は、『風』を単行本にするさい、“自主的に”伏字にしたのでした。山本の許可を得ないで・・・。原文のまま出したら、発売禁止になって大きな損害をこうむり、また、作者(山本)も検挙されるかもしれない、というのが言い分のようですが、このように“脅しと自主規制”によって、世の中の言論は一色に塗り潰されていくのでしょうね。

新聞掲載と単行本の出版との間の2年間に、軍の暴走によって満州事変が起こり(昭和6年9月18日)、昭和7年3月1日には満州国が建国されます。「朝日新聞」は満州の日本軍にたいして批判的でしたが、“満州事変の成功”後は一転して軍擁護にまわりました。昭和4年頃からの「満蒙は日本の生命線」というスローガンが国民にじわじわ浸透してきており、“満州事変の成功”を機に、より多くの国民に喜ばれる方向へと変節しました。ですから、山本の『風』を単行本にする際のひどい伏字は、軍に脅かされてというより、むしろ進んでやったといえるかもしれません。

昭和15年、岩波書店から発行された「山本有三全集」第四巻に収録された『風』では、伏字どころか、「軍隊でのリンチ」の部分がそっくり削られます。岩波ですら、こんな忖度をした時代があったのですね。

山本の『女の一生』Amazon→も検閲でひっかかり、同年(昭和15年)、「主婦之友」に連載中の『新篇 路傍の石』Amazon→も内務省の事前検閲があって、中断に追い込まれました。

小林多喜二

2年前(昭和3年)の3月15日(第一回普通選挙の直後)、日本共産党員やその支持者、労働運動・農民運動に携わる1,500名にも及ぶ人が一斉検挙されました(「 三・一五 さん・いちご 事件」)。小林多喜二がいた北海道小樽でも多数の検挙者が出て、多喜二はその時検挙された人たちが受けた拷問の様子を『一九二八年三月十五日』という小説に事細かに書いて「戦旗」に発表します。この作品も発表時には要所要所伏字になっていましたが、それでも、特高の激しい憎悪を買うこととなります。

伏字ではありませんが、ついこないだにも、先に出版された本が増刷・改版されるさい、何の説明もなく、一部が改変、あるいは削除されたりということがありました。戦前の検閲・圧力・自己規制がもたらした翼賛体制とそれがもたらした災厄から日本は学んだはずだったのに、そういうことがまた平気で行われ、それを多くの人が許してしまっている(無関心でいる)ようです。〇〇の『〇〇』を読んだと言っても、もう『〇〇』が『〇〇』でない可能性があります。発行者は何を恐れ、何に屈したのでしょう? それとも、屈したという感慨すらなく、どこぞの出版社の社長じゃありませんが「売れれば(結果が出れば。受ければ)いいんじゃない?」なのでしょうか? 論を立てようというのなら、引用文献の増刷年・改版年まで慎重にチェックする必要が高まっています。

牧 義之 『伏字の文化史 〜検閲・文学・出版〜』(森話社) 上出義樹(かみで・よしき) 『報道の自己規制 〜メディアを蝕む不都合な真実〜』(リベルタ出版)
牧 義之『伏字の文化史 〜検閲・文学・出版〜』(森話社) 上出義樹(かみで・よしき) 『報道の自己規制 〜メディアを蝕む不都合な真実〜』(リベルタ出版)
紅野謙介 『検閲と文学 (河出ブックス) 』) 石川達三『風にそよぐ葦(上) (岩波現代文庫)』。言論弾圧を受けた人たちの苦難を描く
紅野謙介 『検閲と文学 (河出ブックス) 』) 石川達三『風にそよぐ葦(上) (岩波現代文庫)』。言論弾圧を受けた人たちの苦難を描く

■ 参考文献:
●『山本有三(新潮日本文学アルバム) 』(昭和61年発行)P.34-41、P.106-107 ●『山本有三全集(六)』(新潮社 昭和51年発行)P.79-80、P.396-411 ※『風』を収録。各版のあとがきや伏字箇所の検証あり ●『昭和史(1926-1945)(平凡社ライブラリー)』(半藤一利 平成21年発行)P.64-82

■ 参考サイト:
コトバンク/検閲→ ●千葉日報オンライン/文化/房総の作家/「路傍の石」を描く 山本有三(13)→

※当ページの最終修正年月日
2020.10.26

この頁の頭に戻る