{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

コンプレックスとの向き合い方(昭和21年12月14日、三島由紀夫、太宰治に会う)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三島由紀夫太宰治 ※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しました 出典:ウィキペディア/三島由紀夫(平成28年9月9日更新版)→ ウィキペディア/太宰治(平成28年11月29日更新版)→

 

昭和21年12月14日(1946年。 三島由紀夫(21歳)が、太宰治(37歳)に会っています。二人が会ったのは、この時一度かぎりのようです。

敗戦からまだ1年ちょっとしかたっておらず、三島はまだ東大法学部の学生。この年(昭和21年)6月(21歳)には、川端康成らが作った一流文芸誌「人間」に『煙草』が掲載され、文壇デビューを果たしました。

太宰は1ヶ月前の11月、疎開先の郷里津軽から東京三鷹の旧居に戻って来たばかりでした。代表作『斜陽』の構想を練り始めた頃です。

二人が会ったのは、府立五中(現・小石川高校。平成23年閉校 map→)の高原紀一と いで 英利(哲学者・出 隆の次男)が下宿していた東京練馬の桜台の借家の二階です。二人は太宰に心酔していて、ぜひ会いたいと思っていました。出は兄(出哲史)の友人でその年(昭和21年)新潮社に入って太宰担当になった野原一夫に頼んで、太宰に声をかけてもらいます。亀井勝一郎(39歳)の心酔者もいて、太宰とも親しかったので彼も招待することになりました。酒は仲間に家が酒屋の人がいて用意できました。当時は粗悪な酒しか出回っていなかったので、貴重でした。太宰と亀井が来るというので周りにも声をかけて、二十歳前後の文学を志す若者が10人前後集ったようです。高原、出、野原のほかに、後の詩人の中村稔や、後の劇作家の矢代静一もいました。三島は、この秋くらいから面識があった矢代が、日頃、太宰に批判的な三島を本人に会わせたら面白かろうと誘ったようです。

後年三島は、当時を回想して次のように書いています。

・・・暗い階段を昇って唐紙をあけると、十二畳ほどの座敷に、暗い電燈の下に大ぜいの人が居並んでいた。
 あるいはかなり明るい電燈であったかもしれないのだが、私の記憶の中で、戦後の或る時代の「絶望賛美」の空気を思い浮べると、それはどうしても、多少笹くれ立った畳であり、暗い電燈でなければならないのだ。
 上座には太宰氏と亀井勝一郎氏が並んで坐り、青年たちは、そのまわりから部屋の四周に居流れていた。私は友人の紹介で挨拶をし、すぐ太宰氏の前の席へ請ぜられ、盃をもらった。・・・

すでに文壇デビューを果たしている三島に、周りの青年は一目置いたようです。

・・・場内の空気は、私には、何かきわめて甘い雰囲気、信じあった司祭と信徒のような、氏の一言一言にみんなが感動し、ひそひそとその感動をわかち合い、又すぐ次の啓示を待つ、という雰囲気のように感じられた。これには私の悪い先入主もあったろうけれど、ひどく甘ったれた空気が漂っていたことも確かだと思う。一口に「甘ったれた」と云っても、現在の若い者の甘ったれ方とはまたちがい、あの時代特有の、いかにもパセティックな※1、一方、自分たちが時代病を代表しているという自負に充ちた、ほの暗く、叙情的な、……つまり、あまりにも「太宰的な」それであった。・・・

三島太宰だけでなく、取り巻きの、無批判な、たるんだ雰囲気にも反感をもったのが分かります。太宰はじめ皆は、たちまち酔っぱらったのに、三島だけは当時酒が飲めなかったようです。三島太宰森鴎外の文学について尋ねますが、その場にそぐわない生硬な問いと思ったのでしょうか、太宰はまともに答えず、鴎外の軍服姿をからかったようです。かっときたのでしょうか、三島太宰に言葉を投げつけるのはその後のようです。

・・・しかし恥かしいことに、それを私は、かなり不得要領な、ニヤニヤしながらの口調で、言ったように思う。即ち、私は自分のすぐ目の前にいる実物の太宰氏へこう言った。
「僕は太宰さんの文学はきらいなんです」
 その瞬間、氏はふっと私の顔を見つめ、軽く身を引き、虚をつかれたような表情をした。しかしたちまち体を崩すと、半ば亀井氏のほうへ向いて、誰へ言うともなく、
「そんなことを言ったって、こうして来てるんだから、やっぱり好きなんだよな。なあ、やっぱり好きなんだ」・・・(以上、三島由紀夫『私の遍歴時代』より)

上の文章を書いたとき、三島はその時の太宰くらいの38歳になっていましたが、やはり、見ず知らずの青年に「あなたの文学はきらいです」と言われることがあると書いています。しかし、自分と太宰との違いは、そんな時でも「こうして来てるんだから、好きなんだ」とは絶対に言わないこと、それが太宰の文学と自分の文学の違いであると書きます。

------------------------------------------------------

自分のコンプレックスを徹底的に認める勇敢さ、自己解剖のメスを容赦なく突き立てうる切迫した感情は、両者に共通してあったでしょう。だだし、取り出したコンプレックスとの向き合い方が対極だったと思います。太宰はどこか甘く周りに共感を求め、三島はあくまで個として向き合いそれを克服しようとしたのではないでしょうか。

2年後の昭和23年、太宰はコンプレックスを吐き出すようにして『人間失格』を書き、6月13日、山崎富栄と玉川上水に身を投げます。三島は、同年8月28日、河出書房の坂本 亀一かずき 編集長(坂本龍一氏の父親)から長篇書き下ろしの打診を受け、快諾。9月2日には大蔵省を辞め、執筆に専念します。その長篇書き下ろしとは、自らのコンプレックスを書き切って文壇を驚愕させることとなる『仮面の告白』です。

------------------------------------------------------

太宰の墓は本人の希望から東京三鷹の禅林寺map→にある森鴎外の墓の向かいに建てられます。三島の前では鴎外について茶化した太宰でしたが、太宰にとっても鴎外は大きな存在だったのでしょうか。ひょっとしたら三島の言葉が多少は影響しているかもしれません。

瀬戸内寂聴さんは若い頃、三島と文通していますが、鴎外の墓に詣でる旨三島に書いたら、三島から「太宰は嫌いだから尻を向けて、鴎外先生のお墓に花をまつって下さい」と返事が来たとか。こんなにもムキになるのは、自分の中にも「太宰的な」ものがあるのを感じていて、そちらに少しでも流されるのを恐れたからでしょうか。

 

※1 : 感動的悲壮感

------------------------------------------------------

三島由紀夫 『私の遍歴時代 (ちくま文庫) 』 矢代 静一「旗手たちの青春 ―あの頃の加藤道夫・三島由紀夫・芥川比呂志』
三島由紀夫 『私の遍歴時代 (ちくま文庫) 』 矢代 静一「旗手たちの青春 ―あの頃の加藤道夫・三島由紀夫・芥川比呂志』
太宰治『人間失格 グッド・バイ(岩波文庫)』 三島由紀夫 『仮面の告白 (新潮文庫) 』
太宰治『人間失格 グッド・バイ(岩波文庫)』 三島由紀夫 『仮面の告白 (新潮文庫) 』

■ 馬込文学マラソン:
三島由紀夫の 『豊饒の海』 を読む→

■ 参考サイト:
・ 『私の遍歴時代(ちくま文庫)』(三島由紀夫 平成7年発行)P.108-114

・ 『旗手たちの青春』(矢代静一 新潮社 昭和60年発行)P.36-44

・ 『私の昭和史 戦後篇 上』(中村稔 青土社 平成20年発行)P.179-181

・ 『回想 太宰治』(野原一夫 新潮社 昭和55年発行)P.47-54

・ 『三島由紀夫研究年表』
 (安藤武 西田書店 昭和63年発行) P.57-61、P.68-70

・ 『瀬戸内寂聴の世界 〜人気小説家の元気な日々』 
 (平凡社 平成13年発行)P.52

■ 参考サイト:
東京紅團/太宰治を巡って/太宰治と三島由紀夫を歩く→

ウィキペディア/野原一夫(平成28年11月5日更新版)→
ウィキペディア/中村稔 (詩人)(平成28年9月9日更新版)→
ウィキペディア/矢代静一(平成28年12月13日更新版)→
ウィキペディア/亀井勝一郎(平成28年11月16日更新版)→

※当ページの最終修正年月日
2017.12.14

この頁の頭に戻る