{column0}


(C) Designroom RUNE
総計- 本日- 昨日-

{column0}

人、人を食す(明治12年1月5日、モース、大森貝塚で食人風習の証拠が見つかったと発表)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


モースによる大森貝塚の報告書にある図版(モースの指示で木村静山が描いた)を使用 ※「パブリックドメインの絵画(根拠→)」を使用 出典:『日本考古学は品川lから始まった ~大森貝塚と東京の貝塚~』(東京都品川区立品川歴史館)

 

モース

明治12年1月5日(1879年。 モース(40歳)が、帝国大学の生物学会で、ショッキングな発表をしました。大森貝塚から、食人風習の証拠が見つかったというのです。

モースは2年前の明治10年6月17日に来日、3ヶ月後くらいから大森貝塚の発掘に着手しますが、一回目の調査の時から、「カニバル・ヴィレージ(cannibal village=食人する人たちの村)を訪れてきた」とモースが話すのを、同行した村松 任三じんぞう (21歳)が日記に記しています。当初からモースは、大森貝塚人が食人していたと確信していたようです。

モースは大森貝塚で7体ほど人骨を見つけていますが、どんな理由から「食人風習あり」と推論したのでしょう? 報告書『大森貝塚』に次のように書いています。

 大森貝塚に関連して最も興味ある発見の一つは、そこでみられた食人風習の証拠である。これは、日本に人喰い人種がいたことを、初めてしめす資料である。人骨は、イノシシ・シカその他の獣骨と混在した状況でみいだされている。これらは獣骨と同様、すべて割れていた。これは、髄を得る目的か、その長さのままで煮るには土器が小さすぎるため、煮るに便利なように割ったのである。人骨各部分は、発見された際に、まったくばらばらであった。・・・(中略)・・・ひっかいたり切りこんだりした傷がいちじるしい骨もある。これはことに、筋肉の付着面、すなわち苦労して骨から筋肉をとり離さなければならない箇所に著しい。割れ方自体が、はっきり人為的とわかるものもあり、筋肉の付着面に深く切りこみをいれてあるものもある。・・・(モース『大森貝塚』より)

人骨が獣の骨と一緒にバラバラになっていることから、葬ったのではなく破棄したものと推測し、獣骨同様ことごとく割れていたり引っかき傷や切り込み跡があるのは、食用する骨髄や肉を取ったり、煮るために土器に入る大きさにした形跡と考えたようです。

モースは熊本県の大野貝塚(熊本県八代郡氷川町大野。「氷川町ウォーキングセンター」が建っている map→)も調査していますが、そこでも「食人風習の明白な証拠をひじょうに多く発見した」と書いています。

このようにモースは日本にも食人風習があったと推測しましたが、一方、日本の1500年以上も前から残された史料に、食人についての記述が全くないことに首をかしげています。また、有史以後の日本人に敬虔な埋葬文化があることも認めました。大森貝塚人が食人せざるを得ない極限状況(たとえば飢餓とか)に遭遇したとも考えずらく、新事実の判明を待つといったことも書いています。

大森貝塚を残した人たちはどういった人たちか、という人種論争がおこったとき、ナウマン、シーボルト、ジョン・ミルンらはアイヌ民族であるとしましたが、モースはプレ・アイヌ(アイヌ以前の先住民族)説を唱えました。アイヌ民族は非常に温厚な民族であると考えたモースは、食人風習とアイヌ民族を結びつけるのは難しいと考えたようです。

モースが大森貝塚で発掘した人骨。「東京大学総合研究博物館(HP→)」に展示されている。案内のプレートに「モースは食人とみなしたが、現在では否定されている」とあるが、その論拠は?
モースが大森貝塚で発掘した人骨。「東京大学総合研究博物館(HP→)」に展示されている。案内のプレートに「モースは食人とみなしたが、現在では否定されている」とあるが、その論拠は?

------------------------------------------------------

大山柏
大山 柏

モースの食人についての発表から62年経った昭和16年の、大山 かしわ (51歳)率いる慶応義塾大学による大森貝塚の発掘では、人骨がつながった形で発見され、埋葬の跡と推測されています。残された写真を見る限りでは、貝塚(貝層)でないところからの出土のようです。モースの発掘は貝塚(貝層。一種のゴミ捨て場)に限定されていたので、その違いもあるでしょうか。埋葬する人と遺体との関係で、遺体を埋める場所とその扱いが違ったと考えられます。埋葬の事例があったとしても、「食人がなかった」論拠にはならないでしょう。

------------------------------------------------------

モースの報告書『大森貝塚』には、次の一文もあります。

・・・たとえ最も高い文明の種族であろうと、食物がじゅうぶんに供給されなければ、必然的に人を食べるという極限状況においこまれる。・・・(モース『大森貝塚』より)

食の欠乏が生存を脅かすとき、人が人を食するといった事態になることも珍しくないということでしょう。「食の欠乏」に限らず、人(相当倫理観の高い人でない限り)は、「生存を脅かされる」とき、倫理の“柵”を飛び越えてしまう弱いものかもしれません。それを「人間的」と言ってスルーしてもいいものか・・・

「人が人を食する」といっても、それが、儀式など社会的な行為であったか否か、純粋に生き延びるための行為であったか否か、対象がすでに違う目的で死んでいたか否か、敵対心からの行為であったか否か、愛着からの行為であったか否か、異常心理からの行為であったか否かなどで、全く意味合いが違ってくるでしょう。

マーヴィン ハリス 『ヒトはなぜヒトを食べたか ~生態人類学から見た文化の起源~ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)』 阿部芳郎『失われた史前学 ~公爵大山柏と日本考古学~』(岩波書店)
マーヴィン ハリス 『ヒトはなぜヒトを食べたか ~生態人類学から見た文化の起源~ (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)』 阿部芳郎『失われた史前学 ~公爵大山 柏と日本考古学~』(岩波書店)
ナンド・バラード、ヴィンス・ラウス『アンデスの奇蹟』(山と渓谷社)。昭和47年に起きた飛行機墜落事故の生還者によるノンフィクション ※なぜか異常に高い値がついていることあり、要注意。 同書を題材にした映画「生きてこそ [DVD]」。出演:イーサン・ホーク他→ 大岡昇平 『野火 (新潮文庫)』。戦場の極限状況で人間は尊厳を保ちえるか? フィリピン戦線でのレイテ島が舞台。食糧不足を理由に野戦病院の入院を拒否された肺病の男は、生への執着から・・・・。●この作品を元に、塚本晋也さんが監督・主演した映画はこちら→  ●市川 崑が映画化したものはこちら(出演:船越英二、 滝沢 修ほか)→
ナンド・バラード、ヴィンス・ラウス『アンデスの奇蹟』(山と渓谷社)。昭和47年に起きた飛行機墜落事故の生還者によるノンフィクション ※なぜか異常に高い値がついていることあり、要注意。 同書を題材にした映画「生きてこそ [DVD]」。出演:イーサン・ホーク他→ 大岡昇平 『野火 (新潮文庫)』。戦場の極限状況で人間は尊厳を保ちえるか? フィリピン戦線でのレイテ島が舞台。食糧不足を理由に野戦病院の入院を拒否された肺病の男は、生への執着から・・・・。●この作品を元に、塚本晋也さんが監督・主演した映画はこちら→  ●市川 崑が映画化したものはこちら(出演:船越英二、 滝沢 修ほか)→
武田泰淳『ひかりごけ (新潮文庫)」。同書を原作にした映画「ひかりごけ [DVD] 」。(監督:熊井 啓。出演:三国連太郎、奥田瑛二、田中邦衛ほか)はこちら→ 合田一道 『「ひかりごけ」事件 ~難破船長食人犯罪の真相~ (新風舎文庫) 』。「ひかりごけ」事件は、昭和18年、真冬の知床で難破した徴用船の船長が船員の遺体を食べて生き延びたという事件。船長が平成元年に亡くなるまでの15年間取材して書かれた労作

武田泰淳『ひかりごけ (新潮文庫)」。同書を原作にした映画「ひかりごけ [DVD] 」。(監督:熊井 啓。出演:三国連太郎、奥田瑛二、田中邦衛ほか)はこちら→

合田一道 『「ひかりごけ」事件 ~難破船長食人犯罪の真相~ (新風舎文庫) 』。「ひかりごけ」事件は、昭和18年、真冬の知床で難破した徴用船の船長が船員の遺体を食べて生き延びたという事件。船長が平成元年に亡くなるまでの15年間取材して書かれた労作

■ 参考文献:
・ 『大森貝塚(岩波文庫)』
  (モース 昭和58年初版発行 昭和63年5刷参照) P.49-54

・ 『日本考古学は品川から始まった ~大森貝塚と東京の貝塚~』
  (東京都品川区立品川歴史館 平成19年発行) P.10-11、P.30、P.40

・ 『私たちのモース ~日本を愛した大森貝塚の父~』
  (東京都大田区立郷土博物館編・発行 平成2年発行)P.30

■ 参考サイト:
ウィキペディア/カニバリズム(平成30年1月1日更新版)→
ウィキペディア/大山 柏(平成29年11月13日更新版)→
ウィキペディア/ひかりごけ事件(平成30年6月30日更新版)→
ウィキペディア/野火 (小説)(平成30年11月15日更新版)→

カラパイア ~不思議と謎の大冒険~/人は本能的に動物の骨髄や脳を好む?1920年代に幼児を対象に行われていた食に関する実験結果(アメリカ)→

東京都渋谷区の歴史/大山史前学研究所と大山 柏邸跡→

※当ページの最終修正年月日
2019.1.5

この頁の頭に戻る