城昌幸(城左門)

城昌幸

じょう・まさゆき(じょう・さもん)明治37年東京神田生まれの詩人、ミステリー・捕物帖作家。京華中学を中退し、日夏耿之助、西条八十、堀口大学らに師事した。象徴派の詩人アルベール・サマンを敬愛し詩を書く時は左門と名のる。戦後直後創刊された「宝石」の編集長を務めた。『若様侍捕物手帖』シリーズは四大捕物帖の一つ。昭和6年頃から馬込文学圏(臼田坂附近、中馬込)に住む。昭和51年(72歳)死去。[馬込文学マラソン]城昌幸の『怪奇製造人』を読む→

※「パブリックドメインの写真(根拠→)」を使用しまし 出典:新潮日本文学アルバム『山本周五郎

戻る 閉じる 「馬込文学マラソン」 のホームページへ→